バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

MH783:BKK-KUL ビジネス

出国後のお楽しみ?

恒例の像観察は牛乳が湧き出ているところ。ダイナミックな造形はともかく、なぜ亀の背中に構造物がある神話が多いのでしょうか。竜の胴体にはめ込んである石は、エメラルドとルビーではないと思いますが、サファイアもあると良かったのですね。

f:id:PECHEDENFER:20170204071853j:plain

ちなみにこの牛乳は殺菌済みではなく、成分無調整。魚やら蟹やらを含んでいます。天地創造ですから。

f:id:PECHEDENFER:20170204072317j:plain

免税手続きカウンターには中国人の列がもどっています。中国政府の高課税は、中止されたのでしょうか。正月ですから、一時中止のガス抜きかもしれません。

f:id:PECHEDENFER:20170204072400j:plain

 

中途半端な待ち時間なので、少しよります。いつものキャセイラウンジ。今日は空いています。

f:id:PECHEDENFER:20170204072610j:plain

 

定時性の向上

最近、MH783は遅延することが減ってきたので、早めにゲートへ向います。マレーシア航空は、定時運航に一生懸命になっているようです。それは機長のアナウンスに感じられます。定時性の観察もしたかったので、ゲートオープン16:35のところ、16:20に到着。E2ゲート。

f:id:PECHEDENFER:20170204072818j:plain

ちょうど前の機材(MH782, 16:20定刻)が、到着するところでした。ほとんど遅れなしです。

 

ゲートは開いていて、すでに客はちらほら待っています。

f:id:PECHEDENFER:20170204073413j:plain

このエリアに入っても何もないので、少し散歩して本来のゲートオープン時刻に戻ってきます。当然搭乗橋は接続済み。

f:id:PECHEDENFER:20170204073600j:plain

これで入っても搭乗待ちが15分ほどあります。もう少し遅くても良かったわけです。こういうレッスンは、あまり役に立ちません。次回は遅れて話にならない可能性もあります。

 

とにかく搭乗すると、個人用画面も電源アウトプットもない古い機材でした。これはセンターアームレスト。レッグレストもないことが分かります。

f:id:PECHEDENFER:20170204073824j:plain

この古い機材は、1A, 1Cのスペースがムダに広いのでした。そういえば、ここにカートが置いてあることに出会いません。安全のため、やめたのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170204074215j:plain

窓の外では、まだ荷物の搬入の真っ最中。隣のゲートにはタイ航空のA380の巨体が停泊中。

f:id:PECHEDENFER:20170204073918j:plain

17:03にドアクローズ、17:07に出発と、定刻。いつからこんなに優秀になったのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170204075319j:plain

夕暮れが近づく空港。空が広いとよくわかります。滑走路前で待つこともなく、17:20には海に向って離陸。5分後には海岸線に達します。

f:id:PECHEDENFER:20170204075413j:plain

 

機内サービス

サクッと行きます。まずウェルカムドリンクのジュース。

f:id:PECHEDENFER:20170204075537j:plain

機内食メインは、最近ご無沙汰している "Stir fried red snapper with pepper" にしようとしたら、品切れ。本当に積んでいたのかどうかも不明。仕方がないので、"Seafood ragout"

f:id:PECHEDENFER:20170204075751j:plain

何をどう呼んでも、そりゃ勝手ですよ。しかし、ragoûtって、獣肉+クセのある野菜、形が残らない程度に煮込むという料理ではなかったのでしょうか。seafoodという点からして相当違和感があります。この違和感は黒コショウをふんだんにかけることで、中和します。

 食後は、ネスカフェゴールドブレンド

f:id:PECHEDENFER:20170204080333j:plain

 

夕暮れ

20分ほど居眠りをしているうちに、真っ暗になってしまいました。「しもた、えらいこっちゃ」

f:id:PECHEDENFER:20170204080541j:plain

いつもは空がゆっくり変わっている気がするのですが、意外に変化は速いのでした。

 

雲が多くて、地上は良く見えず。着陸は20:15。

f:id:PECHEDENFER:20170204080750j:plain

駐機場所に到着後、通路や搭乗橋の準備などで5分ばかり待ったものの、H2というターミナル中央にもっとも近いゲート。乗換えが楽ちん。

f:id:PECHEDENFER:20170204080900j:plain

 

MH784:KUL-BKK ビジネス

東京からMASで乗継ぐ人にはラウンジ

MH71でKULに来て、さらに乗り継ぐ場合、長時間滞在になります。「早朝からあふれんばかりの食欲」という方には、ピッタリ。到着は4:15ですから、バンコク便でも5時間近く乗継時間があります。逆にラウンジがないと暇をもてあましそうです。

f:id:PECHEDENFER:20170129142757j:plain

サテライト側ラウンジは、24時間営業なので助かります。MH784は母屋の方から出発しますが、こちらに滞在するしかないでしょう。

 

朝早すぎて、誰もいません。

f:id:PECHEDENFER:20170129123239j:plain

利用率が低く感じられますが、朝の便が次々到着するので、そのうち人が入ってきます。

 

7時ごろになると「レストランが開きました」と教えてくれます。キリの良いところで、給仕つきの食堂コーナーへ。

f:id:PECHEDENFER:20170129123430j:plain

 

まだ外が暗く、照明も夜食風になってしまいます。ヌードルとコーヒーなんて、後から思うと東南アジアに仕方なく滞在している欧米のビジネスマンのようです。

f:id:PECHEDENFER:20170129123600j:plain

 

暗すぎて分からないので、拡大。

f:id:PECHEDENFER:20170129123647j:plain

椎茸ヌードルでした。味は「弱く」、好みで唐辛子入りのタレを使います。

 

明るくなるとKLMがゲートに見えます。

f:id:PECHEDENFER:20170129123909j:plain

出発は母屋ですから、少し早めに出る必要があります。

 

無駄な目論見

9:05にゲートオープン予定だったのですが、8:40にオープン。9:00には搭乗開始していました。MASらしからぬ早い展開。

 

1A, 1Cのスペースが異常に広い古い機材。個人用モニターがないタイプです。

f:id:PECHEDENFER:20170129124006j:plain

9:08には、ドアクローズと何だか力技。急ぐ必要があったのかどうかは、疑問。というのも、まだ給油が終わっていません。

f:id:PECHEDENFER:20170129124229j:plain

途中で足りなくなって、別の給油車が必要となる有様。

f:id:PECHEDENFER:20170129124419j:plain

給油が終わったのは、9:24。ドアクローズから15分後。ほどなく動き始めますが、9:40に滑走路を待つ列に着きましたが、7番目。10:00ちょうどの離陸でした。後方には6機並んでいました。朝の出発ラッシュです。

 

離陸ラッシュを避けたくて、客を急がせたものの、給油が間に合わず、結局遅れが生じたという展開でした。

 

上空からの観光

まずは無事に離陸。あとは安心のフライト。マレー半島の赤茶けた土。開発が進む首都近郊。

f:id:PECHEDENFER:20170129125555j:plain

 

この便では機内食はBrunchですが、3種からの選択。最近の二搭乗では選択しなかったものは、chicken murtabak。

f:id:PECHEDENFER:20170129125819j:plain

それを中年(30代)女性クルーお願いすると、「これはとっても良い」と何故かご機嫌に。変なところに私情を挟んでいるのか、それともこのフライトで、皿の数を間違って搭載しているのか、その辺は明らかではありません。

 これがそのマレーシア流の平パン。

f:id:PECHEDENFER:20170129130124j:plain

軽く油で揚げてあります。

 

何がご機嫌スイッチをオンにしたか分かりませんが、パンもたくさん勧めてきます。

f:id:PECHEDENFER:20170129130304j:plain

MASの機内食では、ConfitureはBonne Maman。ラウンジとは違います。

 

機体は、一度マラッカ側の海上に出ます。

f:id:PECHEDENFER:20170129130806j:plain

たまに大きく沖に出ますが、いつもは海岸に沿って少し進み、タイとの国境付近でマレー半島を横断します。

f:id:PECHEDENFER:20170129130444j:plain

山の稜線が美しいマレー半島。これはKedah川。蛇行することから、歴史的に大規模な治水工事を行っていないことが分かります。環境を云々言うようになった現代では、貴重。

f:id:PECHEDENFER:20170129130658j:plain

山紫水明ですか。地上はジャングルかもしれません。虎も生息しているのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170129131350j:plain

この辺は、マレー半島が狭くなる部分。すぐに青い海、白い砂の島々の印象が強いタイ湾に出ます。

f:id:PECHEDENFER:20170129131635j:plain

機内サービスはこの辺で終了。片づけが終わります。そこから1時間ぐらい、窓の外は何もなし。機内サービスもなし。ひたすら平和な時間が過ぎます。

 

下降が始まると、5分ぐらいで再びタイ国が見えてきます。最初は島々。開発がほとんどされていないような島。

f:id:PECHEDENFER:20170129132829j:plain

少し行くと、大陸の間に活発な往来が見られる島が現れます。リゾート気分よりも生活臭がしてきました。

f:id:PECHEDENFER:20170129132910j:plain

やがて大陸。少し先に見える大きな水溜りは、都市公園として整備されているようです。

f:id:PECHEDENFER:20170129133142j:plain

一度陸地の奥に進み、再び海上に出てから空港へ向うルート。グネグネ進む距離で時間調整です。

f:id:PECHEDENFER:20170129133859j:plain

Suvarnabhumiも混んでいるため、この時間に着陸する便はこのパターンのはず。もう一度海辺ですが、高度が下がっているため、リアルなタイランド。水浸しで、ため池のような土地ばかり。養殖でもやっているのでしょう。道路より水路が発達していることも分かります。

f:id:PECHEDENFER:20170129133949j:plain

歴史的には水路で移動ですから、今でも歩くことが苦手なタイ人。マッサージは、何をおいても足もみ。

 

機長はずいぶん遅れを気にしていましたが、25分ぐらい。

f:id:PECHEDENFER:20170129134216j:plain

到着はF3と、可でも不可でもないゲート。

SPGポイント購入プロモ―ション

一年に最低2回はあるプロモーション。

f:id:PECHEDENFER:20170302124554j:plain

昨年、年間最大購入ポイントが、20,000から30,000 ptsに拡大されましたが、これは一回限りのことではなく、恒久的なルールだということのようです。この世界もインフレーションが正常。

 

通常期には、500 ptsが17.5 USDで購入できます。したがってこのプロモーションを最大に利用すると、1 pts= 2.45 cents= 2.79 円で買うことができます。20,000 pts買って(大部分の)航空会社のマイルに転換すると25,000 milesになり、1 mile= 2.23 円。得かどうかは利用法や、個人の感じ方で大きく変わりそうなレベル。

 

例えば、BAでJALの国内線往復を特典利用します。東京-鹿児島往復を利用すると、9,000 avios必要ですが、これが20,070 円となります。これは比較的取りやすい特典です。もちろん手続きが回りくどいし、キャッシュより席数は限られるし、aviosの端数が使えるとは限らないなどいろいろと制限があります。それらをどう捉えるかによって、こうしたルートの航空券購入法の是非が変わります。

 もっとも3月8日までにBAへの変換が間に合えば、35%ボーナスが加わります。

ブリティッシュエアウェイズ Avios ホテルポイント変換ボーナス - バス代わりの飛行機

このキャンペーンも利用できると、SPGで購入した 20,000 ptsは 33,750 aviosになり、1 avios= 1.65 円。JALの東京-鹿児島往復が14,880 円という計算になります。これなら多少制限があっても、手間をかける価値がありそうです。

 

SPGのポイント購入のプロモーションは、BAの +35%ボーナスのキャンペーンと連動するようになったのでしょうか?いつもだと、Air Canada-Aeroplanのポイント転換プロモーションと同時期に行われていたのですが、今年はメール連絡が来ません。

MH783:BKK-KUL ビジネス

Suvarnabhumiも日々様子が変化

おなじみのチェックインカウンターG。マレーシア航空(MAS)が常にここを使うわけではありませんが、この便のチェックインに限って言うといつもここ。そして大抵長蛇の列ができています。

f:id:PECHEDENFER:20170128071635j:plain

ビジネスは空いているので問題ありません。上級会員は少ないバンコク

 

セキュリティと出国はあっさり済み、いつものホールへ。定点観察をしている気がしてきた天地創造。今日は、中央の神様のスナップショット。

f:id:PECHEDENFER:20170122174600j:plain

細部の仕上げが丁寧なことがわかります。結構お金がかかっていると思います。

 

一時、いつ見ても閑散としていた免税手続きカウンターですが、今日は長い列ができています。もちろん聞こえるのは中国語。春節前ということもあるでしょうが、中国政府は取締りを緩めたのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170128072124j:plain

ガス抜きは絶対行っているはずですが、外国ではなかなか報道されません。中国共産党の肩を持つわけではありませんが、「報道しない自由」で歪められた像が形成されているのは、何処も同じ。

 

同種の案内がずらりと並ぶ、空港の到着ホールのような一角。この空港では、構造上ラウンジの位置が大変分かりにくいからに他なりません。

f:id:PECHEDENFER:20170128072511j:plain

JALサクララウンジは今改装中。CIPラウンジを利用するよう誘導されています。MASのビジネスクラスでも同じラウンジを指定されます。が、oneworldの上級会員ならやはりCathay Pacificのラウンジへ行くでしょう。

 

16:05ゲートオープン、17:05定刻のフライト。もちろん30分前になってもゲートが決まっていません。ここで待つことにします。

f:id:PECHEDENFER:20170128072321j:plain

Bellevue Chardonnay。

f:id:PECHEDENFER:20170128072423j:plain

キャセイ名物、冷えすぎの白。ワインの輸送、保管は丁寧に行っているらしく、品質低下は目立つことがありません。それだけにいつも残念です。このブログを打っていたら、お代わりを運んで来てくれました。気遣いは、すばらしいキャセイ

 

ついでに言うと、温度が少し上がっています。新しいボトルを開けたようです。

 

空いていて平和なラウンジ。

f:id:PECHEDENFER:20170128072930j:plain

 

ごく短い空港滞在(機材のこと)

ゲートオープン時間になってようやく、ゲートが決まりました。F1です。それを見てそそくさと出かけますが、当然、機材の到着が遅れているはずです。この予想を念のため確認。

f:id:PECHEDENFER:20170128073139j:plain

遅れはよくありますが、本日はゲートすら開いていません。ゲートオープンを直前に伝えるなら、開ける時間を更新して表示した方がよいのですが、細かいことを言っても仕方ありません。

f:id:PECHEDENFER:20170128073232j:plain

そこで少し散歩。代わり映えしない空港ですが、うろつくには悪くない気がします。

f:id:PECHEDENFER:20170128073513j:plain

結局ゲートオープンの時間から35分遅れて機材が現れます。出発の定刻まで後25分。これから客を降ろして機内整備だから、遅れは必至。

f:id:PECHEDENFER:20170128073646j:plain

結局17:00に搭乗開始でした。しかし15分後にはドアクローズで、17:19には動き始めたのですから、遅れはわずか14分。遅れたことになっていません。この機材、ゲートにいた時間は30分未満。見事な「バンコクタッチ」です。

 

遅れが保持された順調なフライト

窓の外にはタイ航空の巨大機が。

f:id:PECHEDENFER:20170128073903j:plain

少し行くと、同じA380カタール航空バンコクへの旅行客が、多いことを物語ります。昨年、観光客の流入が世界一の都市だったなんて報道もあります。

f:id:PECHEDENFER:20170128074239j:plain

待つことも無く、順調に離陸。

f:id:PECHEDENFER:20170128074435j:plain

 

このフライトはフルコースで日没が楽しめます。離陸時は午後の光。海上に出たあたりでは、特徴的な太陽です。

f:id:PECHEDENFER:20170128074543j:plain

すぐに機内食が出てくるので、もちろん空の観察は中止。鶏のムネ肉は、短距離のフライトにしては結構なボリューム。デザートはいつも同じの「何か」。

f:id:PECHEDENFER:20170128074651j:plain

サラダのラップが膨らんでいたので、拡大ショット。加圧がこんなラップで保たれているなんて、技術は素晴らしいと思います。

f:id:PECHEDENFER:20170128074936j:plain

このフライトは非常に早く夕食が終了。離陸後35分後には片付けが終わっています。そこで空の観察再開。

f:id:PECHEDENFER:20170128075052j:plain

だいぶ暮れてきました。ここでコーヒーが登場。一見してインスタントとわかり、そしてそれを隠そうともしない給仕。この辺はMASらしいおおらかなところ。

f:id:PECHEDENFER:20170128075144j:plain

すぐに黄昏がやってきます。

f:id:PECHEDENFER:20170128075311j:plain

いつもは無いピーナッツの配布。

f:id:PECHEDENFER:20170128075356j:plain

2袋だと喜んでいるより場合ではありません。空の観察をしないと、変化が早い頃合ですから。

f:id:PECHEDENFER:20170128075520j:plain

もうばっちり夜ですが、フライトは1時間ぐらい残っています。結構、暇。情報収集ぐらいしかすることがありません。

 

20:05には降下開始して、着陸は201:38。特に迂回することも無く、順調なフライトでした。到着はゲートH1に20:45。定刻20:20ですから、遅れはほとんどなし。

f:id:PECHEDENFER:20170128075649j:plain

MH784:KUL-BKK ビジネス

脂の火曜日(Mardi gras)の翌日は、灰の水曜日(Mercredi des Cendres)ですが、暦はこの際どうでも良い話ですね。これは少し前の搭乗の記録ですし...。とにかくマレーシア航空(MAS)の話を続けます。

 もっともマレーシアのキリスト教徒は全人口の 9%を超え、仏教(20%)に次ぐ集団です。ヒンズー教徒(6%)より多いのでした。日本よりはるかにキリスト教化された土地です。意外な事実。灰の水曜日も意味を持ちます。

 

出発は、KLIAメインターミナル。G2ゲートと比較的便利なところ。

f:id:PECHEDENFER:20170122151937j:plain

写真にすると華麗なコンコース。行きかう人たちは、確かに肌の色、衣装が多様で、とても国際的な雰囲気。床石が地味で、現代的ではありませんが、人々の多様さを際立たせます。

 

機材はゲートに到着しています。朝一番のBKK便ですから、前の夜からいたのでしょう。長い搭乗橋。

f:id:PECHEDENFER:20170122152107j:plain

このターミナルは、B737程度の大きさの機材ばかり駐機しているようですが、この搭乗橋の勾配から考えると、ワイドボディ機にも対応できそうです。

 

セーフティデモのビデオ。

f:id:PECHEDENFER:20170122152249j:plain

写真撮影の失敗ではなく、ビデオが流れませんでした。音声だけの安全講習。こんなことで良いのですかね。

 

このことを除くと、平凡なフライトでした。

f:id:PECHEDENFER:20170122152417j:plain

機内食は朝食。ナシレマを選択。ビニールに入ったナッツ+干し魚にこだわりが感じられたのですが、省略されることが時々あります。

 成田便のA330では、各段に立派なナシレマを搭載していてます。成田便でも朝飯です。MH88(KUL発NRT行)にはあります。

 最近ウェブサイトが不調のChef-on-Callでも選べます。これはまた違った皿。つまりマレーシア航空のビジネスクラスには、3種類のナシレマがあります

f:id:PECHEDENFER:20170228131542j:plain

この特異な分化、発達は、何と表現してよいのでしょうか。例えば、タイ航空がビジネスクラス向けにパッタイを3種類用意していますか?どういう経緯でこうなったのか分かりませんが、ナシレマが無ければ始まらないマレーシア。

 

KUL-BKK間のMAS便では、BKK発だと、タイで調理された機内食となります。そちらの方が軽く仕上がっていて、個人的にはお薦め。KUL発のナシレマより、BKK発のカオマンガイの方がいい、なんて言ったらまずいことになりますか?

 

マレーシアの海岸線。

f:id:PECHEDENFER:20170122152502j:plain

 

タイの海岸線。

f:id:PECHEDENFER:20170122152521j:plain

 

マレーシアの川。

f:id:PECHEDENFER:20170122152538j:plain

 

タイの川。

f:id:PECHEDENFER:20170122152555j:plain

 

ファイル名をぐちゃぐちゃにつけたら、混同する可能性が大。よく見るとマレーシアの方が木が多く土地が平坦ではないとか、タイの方が水田が多いとか、それぞれの特徴も見つかるには見つかります。慣れれば、区別がつくような気もします。

 

外ばかり見ていたら、すぐにSuvarnabhumi空港。ゲートはF1。出口が近い良好な場所。

f:id:PECHEDENFER:20170122152817j:plain

30周年を迎えるEnrich

今年の特集の第4弾(脂の火曜日、Mardi-Gras)も、マレーシア航空(MAS)。最近この航空会社ばかり。

 

よく宣伝のメールが届くので、マイレージプログラムのことを記事にします。MASのマイレージプログラムの名称は、Enrich。今年は30周年だそうで、いろいろとイベントが目白押しです。

f:id:PECHEDENFER:20170225131351j:plain

これは、最近届いた「お得なので入りましょう」というメッセージです。MASの航空券を買う時とは別のアドレスに届いています。このことから過去に搭乗した客の中から、非会員を選び出したわけではありません。何か別のきっかけで、引っかかっているわけです。

 

それぞれのイベント、プロモーションの内容は、このメールからは分かりません。そもそも詳細は未定でしょう。しかし今年は例年に比べて、お得なことはほぼ間違いないありません。

 

MASは、30周年を記念してビデオを作ってしまったようです。HD1,080pで提供されています。

www.youtube.com

このYoutubeのビデオですが、この記事を書いている時、735 vuesしかありませんでした。気に入ったわけではありませんが、見る人が少なすぎて気の毒なので、紹介します。いい点は、KLIAサテライトターミナル、ファーストクラス側のGolden Lounge様子がわかることでしょうか。インタビューを受けている女性は、Enrich Gold会員のカードを手にしていました。するとビデオの後半、C17番ゲートからの出発は、A380のファーストクラスでロンドンへ向かっているのでしょう。

 このラウンジ空間は、oneworld Emerald会員資格(EnrichだとPlatinum会員)での利用がほとんどのはずです。

 

優先搭乗に集まる人は、Gold会員のカードをよく手にしています。しかしPlatinum会員のカードは見たことがありません。上級会員になりやすさが違うのかと、少し調べてみました。

 

上級会員になる条件は、以下にまとまっています。

http://www.malaysiaairlines.com/content/dam/malaysia-airlines/mas/PDF/enrich/Enrich_Tier_Guidebook_2015_060215.pdf

 

列記すると、

Platinum 会員 暦年中に100,000 milesまたは130セクターの搭乗

Gold 会員   暦年中に  50,000 milesまたは  50セクターの搭乗

Silver 会員    暦年中に  25,000 milesまたは  30セクターの搭乗

 

マイルの積算率は以下の通り。

First   F, A     300 %

Business  J       200 %

     C, D       175 %

     Z       160 %

Economy  Y, B, H        150 %

     K, L, M, V   100 %

     S, N       85 %

     Q, O, J     25 %

 

セクターの数え方にも勾配がかかっていて、搭乗1回当たり、

First    3

Business 2

Economy 1

 

エコノミークラスでは、Vクラスが100%。ビジネス利用ならこういう航空券を買うことも多いでしょうから、マイルを貯まるのは比較的簡単でしょう。一方、キャンペーンで格安エコノミーばかり買っていると、なかなか上級会員到達は困難。ビジネスクラス利用だと、格安チケットでもGoldは楽勝、Platinumは楽ではないという感じです。

 

例えば、KLIA経由で成田とバンコクを往復するケースを考えてみます。これはだいたい8,220 milesになります。すると、

 

Oクラス    2,056 miles (Gold会員まで25往復、Platinum会員まで49往復)

Vクラス   8,220 miles (Gold会員まで  7往復、Platinum会員まで13往復)

Zクラス     13,152 miles (Gold会員まで  4往復、Platinum会員まで 8往復)

 

という具合になります。アジアを飛び回って仕事をするような人だと、Vクラスばかり利用しても、Goldならまずまず実現可能です。

 NRT-KUL間にいつもOクラスの夜便を使うと、上の計算ではPlatinum会員到達のために年間 98回も機中泊を行うことになります。4日に1回は機中泊。木のぼり男爵(Il Barone rampante)も一目置くだろう機上生活者、マイラーの鑑(かがみ)です。

 

今年のPechedenferのように、バカみたいにMHに搭乗するなら、Platinum会員にも到達しますが、普通には難しそうです。大まかに言って、新マルコポーロのDiamondと同じぐらいです。

 

提携他社便の搭乗でのマイルの積算率は、少し渋い感じがします。例えばJALの搭乗では、以下の通り。

f:id:PECHEDENFER:20170225191653j:plain

JALマイレージバンクに積算する場合とほとんど同じです。

 

なお他社搭乗は、確か上級会員資格のセクターには算入されませんマイルも上級会員資格に要求されるマイルとはならず、特典用に限定されるようです。Enrichは、自社利用者の優遇が顕著なプログラムです。MASは、提携他社の面倒を見てやるほど大きな会社ではないので、これはしかたありません。

BAエグゼクティブクラブ・ゴールド会員カード

忘れた頃に届きます。忘れる理由は、カードを携帯する必要性がほとんどないためです。会員情報はすべて電子化されていて、搭乗券にも会員レベルが印字されます。もちろん航空券予約時にマイルの登録先を入力し忘れたとか、空港で登録先を変更したいときは必要です。

 

封筒は昨年と変わらず。金色。

f:id:PECHEDENFER:20170227192044j:plain

 

中身は少し変わりました。

f:id:PECHEDENFER:20170227192305j:plain

昨年まで荷物タグが2つ同封されていたのですが、今年は無し。経費削減です。無料で配布するタグが無くなったのか、リクエストでもらえるのか、未確認です。あまり使わないので、どちらでも結構。無料でなくても、BA特製タグは何らかの形で残して欲しいとは思います。

 

Golden Ticketは昨年同様、一枚同封されていました。ウェブサイトからも入力できるので物理的には必要ないのですが、目的を考えると現物の方が有難みがあるでしょう。

 

カードのデザインには変更なし。James Hillier氏からのメッセージは、相変わらず簡潔でフレンドリー。