バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

JAL、ANAとクラウン

トヨタ自動車のクラウンが6月、久々にモデルチェンジ。販売が好調ということです。 トヨタ、新型「クラウン」3万台受注 目標の7倍 :日本経済新聞 クラウンと言えば、そのキャッチコピーが自動車や宣伝の世界を超えて伝説になっています。ちょっと挙げてみ…

航空会社の斡旋窓口、顧客の斡旋窓口、アコーホテルズ

昨日届いた Accor からのメールのタイトル、 "Volez avec Royal Air Maroc pour une expérience unique ✈” (ユニークな体験のためにロイヤル・エア・モロッコで飛ぼう) 少し前なら、フィッシングメールを疑うレベル。先日のエアバスA380専門サイトの紹介 …

旅客向けのA380専用サイト

奇妙な提携 週末にアコーホテルのル・クラブから届いた広告メール。パッと目には、A380、つまり旅客機と提携したようです。iflyA380.comというサイトとのコラボレーションであることは、イラストでもわかります。 さっぱり要領を得ません。ホテルチェーンと…

重要顧客に足を引っ張られるANA

多数の観測点で35℃超えが10日連続。ニッポンはすっかり消耗しましたが、今日からようやく平年並みになりそうです。 熱波の影響を受け、最近 Pechedenfer が書いた記事は言語も、着想も、考察も発散しています。言い換えると、頭の中がダダ洩れ。暑さのせいで…

JL126:ITM-HND ファースト

思いがけず Siri が腹黒いことが分かり、驚いたお話をしました。数日前のことです。 MH88:KUL-NRT ビジネス - バス代わりの飛行機 この参謀は信用できないので助言は無視して、それとは違う操作をします。ご本人には消滅いただきます。とは言っても、言語の…

スカイトラックス2018

ようやく発表されましたね。Skytraxの航空会社ランキング。 World Airline Awards | SKYTRAX 年々ほころびが目立ち、世界中で信用できないというメッセージが飛び交うようになりました。その傾向に危機を感じたのか、今年は発表準備に時間をかけたようです。…

MH88:KUL-NRT ビジネス

MH

東南アジアに行くと、宗教の存在を自然に意識します。現地人の日常生活は、かなりの部分が宗教がらみ。バンコクのMRTやBTSで席を譲る人が多いのは、「極楽浄土」への入場資格がポイント制となっており、現世の善行=ポイント積算だと聞いた時は、ピンときま…

MH71:NRT-KUL ビジネス(その3)

MH

この便は年に何回も搭乗するのに、妙に長くなってしまいました。マレーシアの政権交代のせいでしょうか?それとも安倍内閣のせい? 機内オーディオプログラムにも興味深いことが見つかったので、直前の記事の最後に紹介したのですが、間違いに気が付きました…

MH71:NRT-KUL ビジネス(その2)

MH

スケジュールでは、MH71便の到着は朝 4:10 です。「日本時間で朝5時過ぎ。5時起きなら、何となるでしょ。」なんて考えは、ナイーブ過ぎます。実績としては30分から60分ほど早着するのですから。 長距離国際線のため、着陸1時間前にキャビンが騒がしくなり…

MH71:NRT-KUL ビジネス(その1)

出発の21:40はともかく、到着の3:20というのは豪傑トラベラー向け。それでもかなり人気があるフライト、マレーシア航空71便。 フライトのプレリュードは他人任せの提携ラウンジから。ワンワールド万歳(God save our gracious alliance!)ですね。 地上オペ…

近況(=更新を怠けたという意味ですね)

前の記事からすっかり時間が経ってしまいました。近況です。単純に更新をサボっていたのですが、その間に起きたこと。 (1) ヒースローアワーズのポイント移行、SPGのポイント移行 Heathrow Awards のポイントをエーゲ航空の Miles + Bonus のアカウントに移…

マレーシア航空のChef on Call(その2)

MH

Chef on Callは、Kuala Lumpur(マレーシア航空の本拠地)以外の空港から出発しても利用できます。この企画に対する意気込みが感じられます。注文可能な出発地は、 London, Sydney, Melbourne, Adelaide, Auckland, Seoul, Beijing, Shanghai, Tokyo, Osaka …

マレーシア航空のChef on Call(その1)

MH

皆さんは機内食の事前指定、事前注文を行っていますか。戒律や習慣から、ベジタリアンフードなどを選択したい客、あるいは持病、体質からグルテンフリーや糖尿病食などを選択したい客もいます。そのため、フルサービス航空会社は相当な種類のスペシャルミー…

バンコクのマレーシア航空:最近の運用

バンコクでは妙なものが安かったりします。この本はUKの出版物ですが、amazon.ukでも£9.99。Amazon.frで買うと13.58 € (= £11.88 )もするのに、バンコク街中でわずか 380 THB (= £8.77 )。 ワインは極端に高い(東京の2倍以上)くせに、ワイン本が安いと…

アリタリアの新ラウンジオープン

Casa Alitaliaというブランド名の下、デザイン的に相当がんばっているラウンジの整備を進めるアリタリア。会社は破綻、整理することになっていても、そういうことができてしまうアリタリア。本拠地ローマ(FCO)で、新しいCasa Alitaliaを立ち上げました。タ…

たかがカレー、されどカレー:JAL特製オリジナルビーフカレー

多くの人に称賛され、親しまれているJALの特製オリジナルビーフカレー。JAL国際線ラウンジの利用時には、不可欠という方も多いはずです。 一方で「他のお客様の気分を害する」ような食べ方をする会員がいるとの噂もあり、JGC会員の悪いマナーの象徴のように…

MH88:KUL-NRT ビジネス A350-900

MH

マレーシア航空ご自慢の最新鋭機材、ついに「祝、初搭乗。」新ファーストクラスを備え、コンパクトな印象がある機材です。 前便が思いがけなくA330-300に変更、サテライトターミナルに到着したため、トランジットが随分楽になりました。大変効率的。 つべこ…

飛ばなかったMH783、BKK-KUL線の機材運用、BKKの中国人客

予想が出来たこと MH783でバンコクを脱出するはずでした。すると前日に「MH783は、MH775に変わりました。」なんて、メッセージが届きます。要はフライトのキャンセル、全予約客を次の便へ移したと、ピンときます。 メッセージを読んでいて、ステートメントが…

SPGプログラムの経過措置

SPGとMarriottの会員プログラムの合併は、8月1日に行われるとアナウンスされていて、新しいプログラムの内容は発表されています。しかし現状のプログラムから強制的に新プログラムへ変えるので、経過措置と経過期間が必要です。 気になっていたのは2点。 (1…

はやり?空港の会員プログラム

お詫び 最近ブログに時間がとれず、記事に堅牢感が欠けます。直前の My Paris Aéroport も緻密さが足りず、反省することに。何かと言うと、サイトが11言語に対応と紹介しつつ、会員プログラムはまだ日本語に対応していませんでした。申し訳ありません。 彼ら…

パリ空港の会員プログラム:My PARIS AÉROPORT

永遠のライバル パリとロンドンは長いライバル。Londonで3回やったから、Parisでも3度目をやるねと、オリンピックも気にかける全世界公認の仲。バス代わりの飛行機でも、ヒースロー空港の Heathrow Rewards を記事にした以上、パリ空港についても同じ配慮…

LG8012:CDG-LUX ビジネス

Luxair なんて小さな航空会社があります。日本語だとルクセンブルグ航空になるのでしょうか。良く知りません。一応、ジェット機も持ちます(B737-800 x 4、B737-700 x 2、CRJ-700 x 1)が、一番多く保有するのは、プロペラ機の Q400、11機。ルクセンブルグの…

スカイチームの薄い影と悪い状況(その2)

日本でのスカイチームは、映画で言うと、台詞はとりあえずあるというレベルの脇役。東京に就航していないスカチー加盟会社は、35%にも及びます。これは東京の地位が低いためではありません。ワンワでは2社 15%のみが未就航。スタアラでも Lufthansa 組の極…

スカイチームの薄い影と悪い状況(その1)

一般的に言って、日本の報道は「日本人にとってどうか」という視点が支配的なようです。英語の報道ではこの傾向が弱く、大抵のニュースは発刊地に関係なく、「グローバルな視点で*」書いているようです。フランス語やドイツ語は中間かなという印象を持ってい…

MH71:NRT-KUL ビジネス A333

さてと、行きますか。 と書き始めて気が付いたこと。これでは、日刊SPA!が報道したSNSに投稿するおじさんそのものではないですか。 SNSで“空港にいる俺”アピール…“エアポート投稿おじさん”に 20代女性からブーイング | 日刊SPA! SPA!によると、「”空港にい…

今日から施行されるGDPRとタイ航空からのメール

人によっては大事、人によっては仔細な事 ヨーロッパの話題が続きます。GDPRの話。これはGeneral Data Protection Regulationの略号です。ユーロ圏で本日 2018年 5月25日から施行される、個人情報保護に関する一般データ保護規則です。 ・欧州経済地域内のす…

JL42:LHR-HND プレミアムエコノミー

「暮らすように旅する」という言い回しはすっかり定着しています。Googleで「暮らすy」まで入力すると、検索予測に出る有様。しかしこの言葉、焦点がぼけた空虚な響きを持ちます。何を意味するのか、実体がわかりません。例えば、 気温が上がったから、河川…

ヨーロッパ:言葉のあるある

欧州は、似ているけれど異なる言語がパッチワークのように土着しています。支配者層の微妙なパワーバランスが原因で、いろいろな言語の生息域が残ったとも言えます。方言か独立言語かなんて、無意味な議論は棚上げにして、訪問者によく起きる言葉のあるある…

ヒースロー空港ショッピングのその後

Heathrow 空港を楽しめるBA会員になるべしと頑張り、何とかショッピングを遂行した話は先日記事にしました。 ヒースロー空港のショッピング - バス代わりの飛行機 この時、Heathrow Rewardsの入会キャンペーンを出汁に使ったのですが、カードが届く前でした…

上級会員制度とケータリング事業の維持

皆さんと同じように、Pechedenferも混んだラウンジに良く出会います。この旅の施設、「無料」サービスなので、文句が言いにくいという特徴があります。しかし本当のところは、それほど「無料」ではありません。 ラウンジサービスは、航空会社が販売するセッ…