バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

個人的に2018の10大ニュース(その1)

12月になると、キリスト教徒であるか否かにかかわらずクリスマスを迎えるための大騒ぎにつき合わされます。大都市なら、地球上どこでも状況は似たようなもの。商店も頑張りますが、もっと頑張るのが教会。数多い不届きな信徒を典礼(礼拝 etc.)に集めること…

JAL国内線の不機嫌な上級会員

JALの機内には、奇妙に不機嫌な客 が多いという見方が一部に根づいています。上級会員の荷物タグを付け、機内慣れを見せる層の大きな部分が該当するようです。こういう人たちは、どういう人たちかというのが本日の内容。 この命題は、真かどうか判定する方法…

エーゲ航空とマイルの値段

マイレージプログラムは、規制だらけの時代に航空会社が成長(顧客獲得、新規路線開設、運航頻度増大)するための仕組みでした。アメリカン航空が導入したとされる飛んだ距離が評価され、それが報われるシステム。空の自由化が進んだ今日、多くの一般消費者…

2019年の会員プログラム

年の瀬の恒例。年明け後の各種会員プログラムの利用法について、作戦立案です。新年の résolutions* のようなもの。 航空会社マイレージ British Airways Executive Club:現状は 2020年2月末まで GGL会員。来年も BA とワンワールドの便に搭乗して、さらに…

TG643:NRT-BKK エコノミー(その2)

United Club で離陸する航空機を眺めていたら、バンコクに行くことを危うく忘れそうになりました。搭乗開始5分前に自分のやるべきことを思い出し、広げていた荷物を慌ててバッグにしまう羽目に。それでもラウンジ出口では、平然とした顔で挨拶をして出発で…

TG643:NRT-BKK エコノミー(その1)

成田をほぼ正午に出発する直行便。朝は余裕の出発、現地到着も夕方無理がない時間帯。移動で一日つぶれますが、体に優しい移動です。タイは医療ツーリズムでも世界のトップクラスですが、この便は体力が無い老人向けとして特別注目されるには至っていません…

MH70:KUL-NRT ビジネス

このブログ、MHに分類した記事が115もあります。マレーシア航空でこの数をポストしたブログは珍しいはず。単一著者が日本語で書いたものとしては、唯一かもしれません。しかしマレーシア航空では、自負も気負いも生まれません。全く気軽な航空会社です。この…

ホテルプログラムのウェブサイト

SPGのサイト、その後 SPG と Marriott の会員プログラムは8月に統合されましたが、混乱に終息が見えてきません。ウェブサイトの不具合は、評判が悪いようです。個人的にも影響は出ています。自動加算されないケースが増えました。その率33%!SPG時代は、30…

最近の細々とした事件

忙しさにかまけて書けなかった記事の第二弾は、こまごまとした出来事に関して。小さなイノベーションですが、体験できたら確実な変化を感じるはずです。2つともスターアライアンスに関する記事です。つまり今日は珍しくスタアラ頌をお届けします。 ANAの新…

スカイチーム、ワンワールドの内紛

忙しさにかまけてブログから離れているうちに、いろいろ重大な事件が起きていました。まずはSkyTeam から。 中国南方航空がスカイチームから脱退 航空連合というカテゴリーを作ったら、今年の三大ニュースに確実に入ります。スカイチームには、大陸中国から …

BA エグゼクティブクラブ 多重プロモーション

BAからのメール ”敬称 名前, get up to 45% bonus Avios. Holiday here you come...” というメールが届きました。毎度おなじみの Avios の販売プロモーションです。しかし、書き始めが、 ”There has never been a better time to purchase Avios.” とありふ…

フライングブルーのフラッシュ・プロモーション

忘年会、宴会、オフ会...名称はいろいろですが、年末のパーティの案内が届く季節となりました。確かに11月も半分過ぎているので、当たり前のこと。個人的には忙しくて、何もできないうちに年の暮れ。かなり残念な 2018 年です。しっかり反省したいところ…

JL723:NRT-KUL ビジネス(その3)

一つ一つは大したことではありませんが、書かないと心残りなので記録しておきます。旅の印象を決定づけるのは、細部の積み重ねだったりします。 デザートの和菓子 緑茶と一緒に何か出てきたのですが、何やら様子が変。ビニール袋に入ったままで出されるデザ…

JL723:NRT-KUL ビジネス(その2)

Sky Suite III のシート周り さて隣席との間には、小さな隔壁で分割されたテーブルがあります。こんな小さい壁で機能するのか心配になりますが、実際には十分でした。 このサイドテーブルはかなり高くなっています。壁に囲まれる感覚が強いシートです。 狭い…

JL723:NRT-KUL ビジネス(その1)

経営破綻後の再出発から JAL はかなりの勢いでキャビンの刷新を進めました。今日はビジネスクラスの最新にして最終型(?)の Sky Suite III。ここ1,2年、最新型が最上とはならないビジネスクラス。世界的な流れですが、このシートでも最新、先端を喜ぶ客…

JALファーストクラスラウンジ成田T2サテライト

定点観測と言えるほどには、頻繁には来られないラウンジ。毎日19:30に閉まるので、週末に成田出発というスタイルには向いていません。今日は貴重な機会。 チェックイン時、サテライトの搭乗ゲートが案内され、さらに本館ラウンジが混んでいるという警告があ…

妙技を使う JAL 国内線ファーストクラス

JAL 国内線ファーストクラスでは機内食が出ますが、料亭、旅館などが監修したメニューが3つ用意されます。監修者の都道府県は毎月変わり、上旬、中旬、下旬で食事が変わるということで、頻繁に利用しても飽きが来ない工夫がなされています。 10月の焦点は静…

アポストロフィ "s"

読み返すと、今回は英語の話になっています。得な情報はもちろんのこと、航空関連の新しい情報も掲載できていません。 アライアンスで共通化?:変な表現 違和感を感じるという声が多かったANAのコピー JAPAN'S ONLY 5-STAR AIRLINE は、今年 JAL が同じファ…

JL101:HND-ITM

山手線の二度寝 JR東日本は、品川-田町間で鉄道用地再開発の真最中。夜間は、昼間使われる線路も閉鎖して工事をします。工事時間の延長は列車を止めることを意味し、禁忌に思えますが、工事業者にも JR東日本にもそんな意識は無いようです。 この日の朝は工…

最上級会員が安上がりなフライングブルー

今年4月から金額制となったフライングブルー。改悪との声が世を支配しましたが、良くなった点があります。しかも半端な改善ではありません。それは上級会員資格維持に必要な最低費用です。大雑把に言って半分以下に下がりました。 フライングブルーの会員レ…

ビジネスホテルの宿泊でマイル、アビオスを得るサイト

よく知られているサイトの話です。いろいろ言われていそうですが、ビジネスとしては良いアイディアなのでしょう。 ビジネスホテルの宿泊でマイル、アビオスを獲得 ちょくちょく国内旅行する方、国内中小都市への出張が多い方はビジネスホテルなど、国際チェ…

アコーホテルズの現行ポイントキャンペーン5つ

来年からメインのホテルチェーンを Accor に戻すので、今後はそちらに注目。そしてブログの主旨から、宿泊プログラムは航空会社のマイレージと関係する部分のみが記事になります。端的に言って、ポイント集めの話になります。 さてAccorhotelsのプログラム L…

MH783:BKK-KUL

本と言えば、Hugh Johnson のポケットワインブックという意外なタイトルが、意外な場所で売っており、意外に安くて驚いたバンコク。しかし今回は考えていることがややこしく、さすがに期待薄。日本の街中でも見つけるのは困難なので、わざわざ海外にいる間に…

エアバス A321 neo LRの近況

航空会社は期待し、旅行者は警戒するA321 neo LR。エアバスのベストセラーA320シリーズの最新鋭機です。321は胴体を伸ばした機体であること、neoは新開発した高燃費エンジンを搭載したこと、そしてLRは long rangeの略で燃料タンク増設により、無給油飛行距…

空港の存在を生かせなかった国鉄-JR

日本国有鉄道は31年前に消滅しました。しかしこの話はさらに時間軸を遡る必要がありそうなので、表題のようになりました。 改めて不思議に思うこと 日本は山がち。さもなければ海がごく近いという土地。例外は関東平野ぐらい。その結果、本質的に急勾配は避…

エールフランスの10月

直前の記事ではANAを取り上げました。ANAについて書くと、いつもdisっているように見えますが、今回に関しては違います。ANAの言語にできるだけ忠実に、彼らを擁護する文章を書くのが目的でした。普通のセンスでは訳の分からない主張、つじつまが合わない主…

ANAの機内サービス:アルコール

マスメディアの伝えるところ 6年連続「5スター」、ANAにまた災難です。今度は奉公人に裏切られました。4月にパリ支店長にしてやった社員が、自社NH216便で出張移動中、隣の客に医療措置を要するケガを負わせました。事件は10月2日に起きましたが、こんな社…

JL175:HND-GAJ クラスJ(その2)

搭乗はターミナルの外れ、24番ゲート。J AIRはこの周辺を使うようです。これを半端者扱いと、ひがむのは間違い。修行僧、マニア、鉄道アレルギーのご用達、ハネナゴ線も使うゲートだからではありません。バス移動するゲートと比べると、随分ましな話だからで…

JL175:HND-GAJ クラスJ(その1)

前記事は珍しく国内旅行記になりましたが、もともとこの搭乗記の前文でした。長くなり過ぎたため、独立させてしまいました。 山形なんて縁もゆかりもない土地、延々と書く理由はありません。予想に反して、印象が強烈だったから長くなる訳です。こういう経験…

L'Équinoxe d'automne à Yamagata

連休なので古刹に来てみました。場所を国内に移して2週連続となる山登り。ここは平和ですが、観光客だらけで静寂がありません。 先週の山はジャングルでしたが、古戦場につき心情は「夏草や...」。そして今週はさらに有名な「閑さや...」に縁深い場所。縁深…