バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

06: 日本の翼

JL723:NRT-KUL ビジネス(その3)

一つ一つは大したことではありませんが、書かないと心残りなので記録しておきます。旅の印象を決定づけるのは、細部の積み重ねだったりします。 デザートの和菓子 緑茶と一緒に何か出てきたのですが、何やら様子が変。ビニール袋に入ったままで出されるデザ…

JL723:NRT-KUL ビジネス(その2)

Sky Suite III のシート周り さて隣席との間には、小さな隔壁で分割されたテーブルがあります。こんな小さい壁で機能するのか心配になりますが、実際には十分でした。 このサイドテーブルはかなり高くなっています。壁に囲まれる感覚が強いシートです。 狭い…

JL723:NRT-KUL ビジネス(その1)

経営破綻後の再出発から JAL はかなりの勢いでキャビンの刷新を進めました。今日はビジネスクラスの最新にして最終型(?)の Sky Suite III。ここ1,2年、最新型が最上とはならないビジネスクラス。世界的な流れですが、このシートでも最新、先端を喜ぶ客…

JALファーストクラスラウンジ成田T2サテライト

定点観測と言えるほどには、頻繁には来られないラウンジ。毎日19:30に閉まるので、週末に成田出発というスタイルには向いていません。今日は貴重な機会。 チェックイン時、サテライトの搭乗ゲートが案内され、さらに本館ラウンジが混んでいるという警告があ…

妙技を使う JAL 国内線ファーストクラス

JAL 国内線ファーストクラスでは機内食が出ますが、料亭、旅館などが監修したメニューが3つ用意されます。監修者の都道府県は毎月変わり、上旬、中旬、下旬で食事が変わるということで、頻繁に利用しても飽きが来ない工夫がなされています。 10月の焦点は静…

JL101:HND-ITM

山手線の二度寝 JR東日本は、品川-田町間で鉄道用地再開発の真最中。夜間は、昼間使われる線路も閉鎖して工事をします。工事時間の延長は列車を止めることを意味し、禁忌に思えますが、工事業者にも JR東日本にもそんな意識は無いようです。 この日の朝は工…

JL175:HND-GAJ クラスJ(その2)

搭乗はターミナルの外れ、24番ゲート。J AIRはこの周辺を使うようです。これを半端者扱いと、ひがむのは間違い。修行僧、マニア、鉄道アレルギーのご用達、ハネナゴ線も使うゲートだからではありません。バス移動するゲートと比べると、随分ましな話だからで…

JL175:HND-GAJ クラスJ(その1)

前記事は珍しく国内旅行記になりましたが、もともとこの搭乗記の前文でした。長くなり過ぎたため、独立させてしまいました。 山形なんて縁もゆかりもない土地、延々と書く理由はありません。予想に反して、印象が強烈だったから長くなる訳です。こういう経験…

JAL、ANAとクラウン

トヨタ自動車のクラウンが6月、久々にモデルチェンジ。販売が好調ということです。 トヨタ、新型「クラウン」3万台受注 目標の7倍 :日本経済新聞 クラウンと言えば、そのキャッチコピーが自動車や宣伝の世界を超えて伝説になっています。ちょっと挙げてみ…

JL126:ITM-HND ファースト

思いがけず Siri が腹黒いことが分かり、驚いたお話をしました。数日前のことです。 MH88:KUL-NRT ビジネス - バス代わりの飛行機 この参謀は信用できないので助言は無視して、それとは違う操作をします。ご本人には消滅いただきます。とは言っても、言語の…

JL42:LHR-HND プレミアムエコノミー

「暮らすように旅する」という言い回しはすっかり定着しています。Googleで「暮らすy」まで入力すると、検索予測に出る有様。しかしこの言葉、焦点がぼけた空虚な響きを持ちます。何を意味するのか、実体がわかりません。例えば、 気温が上がったから、河川…

JALの長距離 LCC、SQのB787-10

JALのニュース JALがアジア、欧米路線用に中長距離 LCCを立ち上げるという報道がなされて、賑やかなことになっています。ANAに劣らず、JALも愛されているようで何よりです。 長年 Cairns に運航している JetStar を思い出す人もいるかと思いますが、これは10…

天気が良い日は籠って計画立案

「暑うおまんな」なんてリアルに言う人は、最近ほとんどいなくなりました。東京ではなおさらです。湿度が低いので快適に過ごせますが、夏の予告をされているようで、気だるくなってきます。それでもお出かけ日和は間違いなく、部屋でブログの更新なんて、リ…

最近の特殊フライト3件

2018年に行われた日本2件、イギリス1件のイベントを紹介します。お国柄が出るのでレガシーキャリアは面白い、そういうお話です。残念ながら、昨年12月に実施された ANA の LAX発 LAX 行の周遊フライトは取り上げていません。 ひなまつりフライト 今年もあ…

JAL/ANAは、ファーストチョイス?ラストチョイス?

そう見えませんが、実は「知らない世界と縁のない世界」の続編。 欧州人が航空会社を選択する時 国境を自由に行き来する欧州の民も、それぞれ居住地、出身地、国籍を持ちます。それらが言語、教育、習慣を規定します。そしてその色分けの境界は、相変わらず…

JAL羽田-伊丹線:続々ツイッター風に

さらにつぶやき形式搭乗記。相変わらず順不同。 (1) いちいち言語を切り替えずに Wifi 接続できないものか。iPhoneの言語設定によって、日本語でログインできないのはバグだとしても、プログラムが設定を読み、英語のログイン画面を表示すればよいこと。何故…

JAL羽田-伊丹線:続ツイッター風に

つぶやき搭乗記の第二弾。行きだか帰りだか、朝だか夜だかは忘れました。もちろん順不同です。つぶやきと言ってもブログなので、写真を増やしてみました。 (1) 冬は富士がきれい。 (2) DPラウンジには、金持ち向け雑誌もある。アゴラ読者より3ランクぐらい…

JALの「5分遅れましたことをお詫び申し上げます。」

JALは少しでも遅れると、「遅れて申し訳ございません」アナウンスがあります。それに合わせて客室乗務員のシンクロナイズドお辞儀。閾値を5分として、扱いが異なります。近年始めた、あるいは目立つようになった気がします。もちろん諸外国の航空会社では、…

JALのドリンクメニュー崩壊版

国内線ファーストクラスのお品書き JAL国内線ファーストクラスの機内食では、選べる皿はありません。食べるか食べないかの選択だけ可能です。その反面、乗る便によって種類は細かく変わり、 (1) 常に羽田発と羽田着で2種 (2) それは洋食と和食 (3) 朝昼晩で…

JAL羽田-伊丹線:ツイッター風に

国内線搭乗記は世の反応が良いのですが、とても難しいのです。国内線はサービスが簡素。それに加え、同じ路線の搭乗経験がある人が多く、何が起きても平凡。小さな発見は無数にありますが、記事一本にするには力技が必要です。 日常生活における小さな体験を…

東京-クアラルンプール便の使い方

JAL/ANAの東京からKuala Lumpurへの便は、混んでいないようです。その空いている感じが、他路線と違います。何というのか、質の違いを感じます。例えば、ANAが東京-KUL便を補強、1日2往復にしてまだ1年。その時はそんなに潜在的な航空需要があるのかと、不…

JAL白服の到着前挨拶

客室の安全責任者として、JALのキャビン・ヒエラルヒーの頂点に立つチーフキャビンアテンダント。「乗務員はドアモードをオートマティックに変更し、相互確認して下さい。」と声をかける係です。制服が白服で、他の乗務員と区別されます。 なおAir Franceの…

10月の台風

最近、メディアは台風に騒ぎすぎ。どうせまた空騒ぎだろうと息巻き、予定通り飛び立ちます。これから天気が荒れ、影響が大きいと警告されている大阪へ。 機内食(朝食)が出ます。 maquereau mariné au 麹は、味が重層的で良好。maquereauは生息域が海の方。…

JAL106:ITM-HND ファースト

国内線の場合、片道購入2回と往復購入で料金が変わらない場合がほとんど。往路と復路で同じキャビンクラスである必要もありません。片道だけ飛行機、片道は陸路という選択もできます。ばら買いなのです。国際線だと片道しか予約を持っていないと搭乗拒否に…

JAL101:HND-ITM ファースト(その2)

ドアクローズは出発予定時刻の5分後でした。もたついていたようですが、遅れとしては無視できるレベル。すぐにプッシュバックします。その後は、国際線ターミナルとの間の誘導路を南に向って移動します。どの滑走路を使うか注意して見ていると、どうもD滑走…

JALの新商品4発

JALの最近の新商品、新サービスを並べてみると、いろいろなレベルで新機軸を出していることがわかります。魅力的かどうかは人によっても違いますが、会社は元気なようです。 a) 「おひとりさま」用のJALPAK パックツアーのシーラカンス、ジャルパック。商品…

JAL116:ITM-HND クラスJ

ANAやJALに高頻度で搭乗になり、立派なブログを書き続けていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。そうしたアクティブなブロガー/マイラーの中にもこのブログを読んで下さる方がいるのです。これがPechedenferには???です。というのも、 ①そうした方にと…

JAL101:HND-ITM クラスJ

サラリーマンもとい「ビジネスパーソン」が跋扈する路線と言えども、6:30出発と朝早いのでその特徴は控えめ。公共交通機関を利用して、羽田に無理なく5:30~6:00頃に着ける地域は限られますから。そして7:30頃に伊丹に着いても、出張先の業務には早すぎます…

JALどこかにマイル

JALマイレージバンクに6,000マイル貯まったので、どこに行けるか調べてみました。もちろん考えているのは、JALどこかにマイル。 行き先(候補)をJALが勝手に選んでくれるという趣向。空き席のまま飛ばすより、人を乗せようということです。もともとマイレー…

JALのキャンペーンから

Grand Siècle このChampagneは、クリスマスと新年の味覚になってきました。今年も国際線ファーストクラスラウンジに登場します。Laurent-Perrier Grand Siècle. 場所:羽田空港 Red Suite、成田空港 サテライトラウンジ 期間:12月23-25日および12月31日- 1…