バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

AF

安さ爆発?上には上?

昨日、香水類の機内免税品販売価格を少し比較してみたのですが、他もいろいろ見ると、まだまだ安い航空会社があることが分かりました。要するに「勉強不足」。 免税品はスーパーの特売と違って、比較して「こっちが安いから」という理由で搭乗するわけではあ…

フライングプルー マイル加算率の変更:アリタリアへの搭乗

同じ表題で改良の話をすでに書いていますが、今回は改良+改悪です。アリタリアに搭乗した場合のマイル加算率が6月1日搭乗から変更されています。 変更点は以下の通り。 ・ビスネスクラスのJ, C, D, I, Eが150%から200%に ・エコノミークラスのK, T, Vが10…

フライングプルー マイル加算率の変更

いつもの通り、予告も通知もなし。Air France利用時のマイル加算率は、5月 1日に変更されました。客にとっての改良です。今時珍しいことです。 まず国際線で大きな変化がありました。 今まで一律300%だったファーストの加算率に差がつけられるようになりまし…

パリ発のプロモーション

AF

相変わらずストで騒がしいAir Franceですが、目を見張るファーストクラスのプロモーションを行っています。 Air France Site Officiel - La Première 旅行期間:7月 1日から 8月28日 購入期間:6月25日まで 対象路線:パリと以下の11都市間の路線 往復運賃の…

フライングブルーの月替わりプロモーション

マイレージプログラム(FFP)では、利用距離に応じてマイルやポイントを獲得、個人アカウントに積算し、無料特典航空券に交換することが核となります。獲得マイルは利用距離ではなく、航空券価格(アメリカ3社やエアヨーロッパ)だったり、ゾーン制(ニュー…

フライングブルーの写真コンクール

今日、Explorez le monde à travers les sens et tentez de gagner jusqu’à 200 000 Miles ! (感覚を働かせて世界を探検し、200,000 マイル獲得を企てよう!)と題したメールを受け取りました。差出人はFlying Blue。 これは写真コンクールです。「五感、五…

フレディ・アワーズ 2016

今年はガン無視したFreddie Awardsの投票。結果も全然関心がなかったのですが、AF-KLMのFlying Blueより届いたメールで、発表されたことを知りました。 「私のマイレージプログラムが、フレディアワーズで他と一線を画しました。」という表題のメール。会員…

映画館代わりの飛行機(その16):しねまごもんエールフランス

何か忘れていると心に引っかかっていたのですが、これでした。斜陽の映画大国第2弾、フランス。アリタリアの後にすぐ書くはずだったのに、アリタリアのリアルな搭乗が入ってしまい忘れていました。ごめんなさいAF。 斜陽なんて言うと、フランス人が不機嫌に…

フライングブルーの2016年の会員カード到着

先日メールが届いたことから予想できましたが、やはり発送されていました、新カード。いつもの通りEindhovenという、微妙な都市での投函です。 個人ページはデザインが大きく変わったのですが、カードデザインは同じ。10周年を機に変えるということもありま…

いつものことながらフライングブルーのデザイン変異

最近書いたように、Flying Blueでは予告なしにマイルの改悪が少しずつ行われていますが、会員の個人ページのデザインも良く変更されます。突然変異を繰り返す生物種のような感じです。 メールが届いたのは、おそらく3月だから。 Flying Blueの会員カードの…

密かに必要マイルが変わるフライングブルー

いつものことなのですが、Flying Blue(FB)では小まめにマイルを改訂します。無料航空券に必要なマイル数です。そして私は予告を受け取ったことがありません。会員に予告なしの改悪は良くありませんが、以下のような事情があると思います。すでにFBでの無料…

多言語化のチェック:フライングブルーの場合

Air France(AF)の顧客プログラム、Flying Blue(FB)がらみで芋づる式にネタが出てきます。昨日の元ネタ、Les EchosにあったFBのディレクターの説明で私が気になったのは、当初は6言語でスタートした顧客への配信が、現在12言語で行われているという部分…

フライングブルーの改悪(?)予告編

Air EuropaがFlying Blueと袂を分かち、独自の「マイレージ」プログラムSUMAを立ち上げました。これは昨日記事にしました。原因は「AF-KLMとの間で最近起きたこと」と正式なステートメント。たぶんこれです。 完全に見落としていたのですが、年末(28 décemb…

AF1218:CDG-FRA エコノミー(搭乗後)

搭乗記は書かないと大見得切りましたが、舌の根が乾かぬうちに前言撤回。ネタ切れを恐れているのではなく、単に気分が良いため。そして気分が良いのは...天気のせい。 時間通りにG30ゲートが案内されます。Terminal 2Gでは出発30分前にならないと、ゲート…

AF1218:CDG-FRA エコノミー(搭乗まで)

AF

搭乗までと題しましたが、搭乗後のことはおそらく書きません。 パリ東駅(Gare de l'Est)から350番のバスで出発。 CDG空港のTerminal 2A, 2B, 2C, 2D、TGV駅、Terminal 1へのアクセスは便利です。旅客向けには4箇所のバス停があり、その直前だけ英語のアナ…

フライングブルー・ゴールド会員の更新

AF

自分にとっての「今年の漢字」を選ぶなら、 保 です。航空会社やホテルチェーンの会員レベルは、来年もすべて同じになります。進歩がありません。 今年一番最後の更新は、Flying Blueでした。年の瀬を実感できる頃、基準を超えました。 他社並みにFlying Blu…

エールフランスに関する3題

AF

(1) ライバル フランス国鉄SNCFは、販売期間を1週間などと限ってセールを行います。しばしばあるので、内容には目を通すものの気にとめることは多くありません。しかし、このメールには驚きました。 vente flashは、フラッシュ販売とでもいうのでしょうか。…

Les 10 ans de FB: quelques chiffres

AF

FBはフェイスブックではなく、フライングブルー。今年はAir FranceとKLMが経営統合して10周年。Flying Blueも10周年。記念にミュージカル・ビデオが作製されたようで、メールで連絡がありました。それとは別にビデオが公開されています。 Les 10 ans de Flyi…

最近のアンケートから

前回の更新の後、中華航空のフライトについて書こうと思っているうちに、すっかり時間がたってしまいました。バンコクへのフライト(往復)を総括します。 ・TPE-BKK間では、台湾人、アメリカ人が多く、日本人はあまり見かけませんでした。 ・4フライト中、…

AFリストラへのメディアの援護射撃

AF

10月5日の事件については、多くのメディアによって書き立てられましたが、その3日前にLe Figaroは経営の状況に関する具体的な数字を報道していました。AFリストラへの援護射撃です。 Comment Air France s'est fait surclasser par British Airways et Lufth…

AF1822:CDG-MUC エコノミー (遅延)

AF

到着した2Gターミナルでは、乗継便を確認するよう注意が入ります。来た所も行く所もSchengen域、AFからAFへの乗継。すると出発便のターミナルは2Gか2Fのはず。CDG-MUC便は幹線なので2Fでしょう。確かめもせず、目の前にいた2F行きのバスに乗り込みます。 2G…

キャセイパシフィックのInsightsとAF-KLMのQuality Observer

いちいち記事にはしていませんが、私、CXのユーザーアンケート、Insightsは真面目にやっています。割合頻繁に要請があります。しかし最近受取ったメールは、”Follow up on Asia Miles account details"。アジアマイルのアカウントを登録するよう促すものでし…

Frédéric Gageyの"le plan B"

AF

10月5日のエールフランス地上職員のストは、運航にはほとんど影響がなかったようです。極東から見ていると「やれやれ」というところですが、フランスでの視点はかなり異なります。 Air Franceのトップ(PDG)のFrédéric Gageyは、10月5日のCCE(comité centr…

AF1187:LJU-CDG ビジネス(搭乗)

AF

週7便というLJU-CDG便。乗務員はHOP!かRégionalの社員です。temps d'indisponibilitéという言い訳を使い、安全規定以上に労働時間を削減させる手は通用しないでしょう。CDGから飛んできた機材の復路でその日2度目の乗務でしょうね。機材の整備は1時間強。…

AF1187:LJU-CDG ビジネス(空港)

Air Franceは、Paris-Ljubljana(リュブリャナ)便を毎日1便しか持っていません。それがLjubljana空港唯一のパリ定期便。Sloveniaの首都ですが、不思議なぐらい人の交流がありません。 市内から空港はすぐです。距離がそれほど大きくない上、道が空いていま…

AF1186:CDG-LJU エコノミー

AF

こういうマイナー路線の搭乗記録を、世に公開する意味があるのかと考えてしまいます。日本語を読み、この区間を搭乗する人は年間何人いるのでしょうか。出発地も到着地もEU加盟国の首都だというと、少し違って見えるでしょうか。 という前置きが相応しいAir …

機材の推移にみるエールフランスのリストラ

AF

Air Franceは、10月5日にまたストライキを行いそうです。今度は地上職員。昨年9月の史上稀に見るパイロットのストライキが記憶に残っているだけに、何とも重苦しい空気になっています。 2-3週間前にはLufthansaがストライキを行い、司法から違法の判定が下…

AF1622:CDG-MUC ビジネス

AF

MUC-ZAGの往復航空券の最後のフライト。ZAGで復路のチェックインする時におや?という顔をされました。Paris経由は珍しいからだと、その時は思ったのですが、そうではなかったようです。 「荷物はミューニックまで直接届けるけれど、搭乗券はシャルルドゴー…

AF1560:CDG-ZAG エコノミー

AF

この便ではAF-KLMの旅客アンケート、Quality Observerの調査を行っていました。やってみて初めてわかったことがいくつかあります。 Quality Observerは、 チェックイン、ラウンジ、搭乗、機内、到着 の5段階において、清掃の徹底や、笑顔の徹底などをその場…

AF1123:MUC-CDG エコノミー

AF

AFはターミナル1を利用します。朝7:15に出発の便。一般的には早い出発に見えますが、ドイツの「朝早い」は他の国とは異なる意味を持ちます。私も5:30から開くラウンジがまだ閉まっていることに、軽く不満を覚えるほどにはドイツ化しています。 このラウンジ…