バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

Star Alliance

SQ11便のスケジュール変更

朗報です。Singapore AirlinesのSQ11(成田発シンガポール行)の時刻が、10月24日から変更されました。 これは、7月に利用して文句を垂れた便。 SQ11:NRT-SIN エコノミー(その2) - バス代わりの飛行機 「朝3時に空港に降ろして、どうしろと言うんだ!」…

来年のFFP戦略

10月も後半に入りました。来年のマイレージプログラム(FFP)の戦略を考える時期です。Pechedenferの場合、マイルなどの積算の区切りが12月終わりから1月初めに集中しています。年末年始から離れるのは、Aeagean Airlines (A3) Miles+Bonusだけです。それで…

エーゲ航空Miles+bonusのクーポン

親切なお知らせ 11月24日が近づいてきたためか、クーポンの利用を促すメールが届きました。この日はゴールド会員資格の期限です。会員資格を更新できた人でも、この日を期限にクーポンは無効になります。 Miles+Bonusのゴールド会員は、エコノミークラスの予…

エーゲ航空Miles+Bonusゴールド会員延長

栄えあるA3*G 9月になって、ようやく1年間延長。プログラムの個人ページには、 ・Aegeanのフライトを何回に加え、何マイル貯めると延長できる ・Aegeanのフライトを使わずに、何マイル貯めると延長できる という数字が大書されていましたが、消えました。…

TG640:BKK-NRT ビジネス

バリは直行でも3,500 miles。Bangkok経由すると、4,700 milesにもなる旅程。遠い遠いインドネシアは、太平洋横断並みなのでした。(NRT-YVRは4,700 miles弱) 幸い乗継時間は、1時間50分と適当。ラウンジへ行く気もならず、出発ホールをうろうろしていました…

TG432:DPS-BKK ビジネス

またバリに来ていますが、マイルが目的では決してありません。「マイルだけが目的だったのね。他の男と一緒だわ。」なんて非難されないよう、真心を見せましょう。 こんな魅力的な島、到着したら、急に冷たくなり、黙って去ってしまうなんてありえません。 T…

TG431:BKK-DPS ビジネス(その2)

華の機内食 国際線の旅行では華ですね。どんな禁欲主義者も否定できません。世の中、しょせん食欲(動物の場合)と性欲(雌雄がある場合)ですから、関心が高いのは健全。 このフライトの機内食、第一景はこんな感じ。 パンは4種類から選べました。これはBre…

TG431:BKK-DPS ビジネス(その1)

バリに行く時、タイ航空を利用すると、東京ーバンコク間の機内泊かバンコク泊が必要です。行き帰り両方ともです。バンコクは香港より宿泊が安く、ARL、MRT、BTSが動いている時間帯(6:00-24:00)なら、移動も金がかからないので、空港に泊まる必要性は低くな…

TG677:NRT-BKK ビジネス(その3)

タイ一色 地表は雨が激しく降っており、夕暮れ時だったので暗い滑走路でしたが、大気は穏やかですぐに雲の上に。明るくなり、気分がすっきりします。 本日のお供はBangkok Post。この新聞は外国人に人気があるようです。タイの記事ばかりです。 メニューのデ…

TG677:NRT-BKK ビジネス(その2)

遅れる搭乗、素早い*G 搭乗予定時刻ちょうどにゲートに到着。神経質なのか律儀なのか、はたまた病的なのかはここでは不問ということで。 列が少し長くなったところで、機材整備の都合による搭乗時間の変更が告げられます。15分だけ延びて、新しい搭乗時間は…

TG677:NRT-BKK ビジネス(その1)

今年はタイ航空の年となりました。エコノミー、ファーストに続いてビジネスクラスも搭乗する羽目に。もちろん1年間に全クラス制覇したからといって、何かもらえるわけではありません。 空港アクセス 今日は成田から出発。成田空港と言えば、この列車 が持て…

形式的な「いつもご利用ありがとうございます。」に対する返事

「xx様、いつもご利用ありがとうございます。」 常にそうなのかどうか知りませんが、ANAの国際線ビジネスクラスに搭乗すると、最初にこう挨拶されます。先日、私が搭乗した時もこの挨拶はありました。しかしながら、ANAを使わない客に対して、この挨拶は変…

エーゲ航空Miles+BonusのSPG宿泊キャンペーン

話は謎めいたメールから。 ギリシャ国内の指定されたStarwoodホテルに泊まると、3,000 Starpointsが余計に加算されるという内容。 リンクをクリックしてみると、対象ホテルが出てきます。10施設が対象のようです。 ・King George Hotel (Athens) ・Hotel Gra…

SQ636:SIN-HND エコノミー(その2)

待合室のカーペット を後に、搭乗します。Changi空港は、とにかくカーペットが立派です。 自分が搭乗できるアナウンス(member, Star Alliance Gold...)を耳にすると共に立ち上がり、さっさと乗り込みます。どのカテゴリーに客がどれだけいるのか、全く無頓…

SQ636:SIN-HND エコノミー(その1)

またもや夜行便。Singaporeからだと昼間の方が良いのですが、そうそうわがままも言っていられません。このホテル代の高い都市に宿泊する必要が出てきますから。そんなに暇でもありませんし。 Changiの無国籍風デコレーション。堂々としています。 ヨーロッパ…

SQ175:HAN-SIN エコノミー(その2)

当初、この搭乗記は書かないつもりでした。東京からハノイに行くのに、シンガポール経由で行くなんて、バカを晒すことになるからです。さすがの優等生SQも接続が悪く、行きは7時間、帰りは5時間半もChangi空港にいる羽目になりました。ネット環境も悪いKri…

SQ175:HAN-SIN エコノミー(その1)

こういうフライトが、Singapore航空の典型なのではないかと思います。Hanoi-Singapore便。客は出発地と目的地の国籍の人間以外に、西洋人、中国人、そして日本人も。多国籍化したキャビン。多民族国家Singaporeに相応しい内容です。 出発はガラス張りの新タ…

SQ11:NRT-SIN エコノミー(その2)

搭乗ゲートから機内までの間に2つ記事を入れてしまいましたが、一昨日の続編。 SQ11は良く知られるように、LAXから飛んで来ています。実はSIN-LAXはSIN-JFKより長距離で、SIN-GRUと同じぐらいあります。一気に飛ぶのは難しいのでしょう。だいたい18時間以上…

SQ11:NRT-SIN エコノミー(その1)

言わずと知れた最高級プレミアムエアライン。赤道を股にかけ活躍するインターナショナルビジネスエリート御用達。日焼け、シミ、そばかすにも怯まず、極度の緊張の中ビジネスに専心する姿に、極東アジアのうらなり青瓢箪は恐れをなすばかりとでも言っておき…

クリスフライヤーとSQのプレミアムエコノミークラス

シンガポール航空から来たメール。「クリスフライヤーマイルでプレミアムエコノミークラスをご利用いただけます」ですと。 6月1日から可能になったということですが、クリスフライヤーマイルは、 ・プレミアムエコノミークラス(PY)のセーバー特典航空券…

ホテルポイントの転換:アエロプランとエクゼクティブクラブの比較

Aeroplanのポイント転換ボーナスの季節がやってきました。 7月11日から8月15日までに転換されたポイント総数に応じて、ボーナスが得られます。いつもより早いようですが、ボーナスの量はほとんど変わりません。多く転換した方がボーナスの割合が増えるのも…

Krisflyerお前もか

今日、シンガポール航空から届いたメール。何やら新しいことを始めたようです。お題は、”Singapore Airlines introduces mySQupgrade” 読んだままです。下位キャビンを予約している場合、ビッドを入れて、その金額の多寡により上位キャビンにアップグレード…

それほど偉そうにしていない欧州航空会社の成田便(スターアライアンス編)

LOTポーランド航空 今年1月から就航しています。これは初めてだったかどうか良く知りません。 LO079 WAW発15:20ーNRT着08:45 (+1) 水金日 LO080 NRT発11:05ーWAW着 14:25 月木土 日本語のページももちろんあります。 デフォールトの予約画面の出発地が、なぜ…

ワインスクール代わりの飛行機(その14):タイ航空ビジネスクラスのシャブリ

さて復習は、Chablisをテーマにしました。William FèvreのChablisは入手が易しいからです。 タイ航空シャブリはこちら。 機内のワインは2013年で、これは2014年と収穫年違いですが、都内で特に割引の無い価格で2,850円でした。ファインズが輸入。 彼らのウェ…

ワインスクール代わりの飛行機(その13):タイ航空ビジネスクラスのmets et vins

さてタイ航空ビジネスクラスのワインは以下の通りの「ビジネスクラス基本形」。しかもすべてフランス。典型とも言えそうなオーソドックスな構成。 泡:Champagne, Palmer & Co., Brut Réserve 白1:Pascal Jolivet, Pouilly Fumé 2013 白2:William Fèvre, C…

ワインスクール代わりの飛行機(その12):タイ航空ビジネスクラスのドリンクリスト

タイはアルコールに対して厳しい国です。バンコクに行くと気がつきますが、アルコールの販売時間はかなり制限されています。この国では、寝起きや食事が習慣的に自由。アルコールが同じ調子で消費されると、中毒患者が国中にあふれると考えているのでしょう…

ワインスクール代わりの飛行機(その9):シンガポール航空ビジネスクラス

優等生シンガポール航空。同格のサービスを他社と比較すると、少しづつ上を提供する戦略。しかしながらその差が常にわかりやすいかと言うと、そうでもありません。シートの革だとか、SilverKrisラウンジでのダイニングテーブルの石だとか、多くの客には伝わ…

週末、南の島

民進党が政権を奪取したのは大きなニュースになりましたが、いよいよ政権交代が近づいてきました。そこでハローキティーのことを調べていました。すると現地1泊で格安料金が設定されているのですね。知りませんでした。民進党のおかげで、いろいろ勉強にな…

NH856:CGK-HND ビジネス

さて台北(桃園)-東京(羽田)の最後のセグメントは、ANAが力を入れている路線。というのも、機材が最新鋭B787-9。ANAのサイトで下調べをしてしまいました。特設サイトがあります。 パノラマで見るボーイング787-9国際線仕様機|ANA ・ANA Sky Live TVサー…

SQ964:SIN-CGK ビジネス(その2)

待合室に入ると、機材はもう停泊しています。 写真の色彩が青緑がかっているのは、ガラスが着色されているためでしょう。意外と肉眼では気が付きません。この空港では待合室で待たされても、イライラしにくいように感じます。旅行客の心理の研究でも行ったの…