バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

airport

QR292:PRG-DOH ビジネス(その1)

夕方のフライト。雨が降っており、外をうろうろするのも面倒。そこで少し余裕をもって空港に到着。観察のためです。 いきなり登場する Skoda の車。作るのは大衆車であり、VW (VW=Volkswagen) グループに吸収されたのは間違いありませんが、旧共産圏でいまだ…

プラハ空港 The Menzies Avitation Lounge

Vaclav Havel Airport Prague。そもそも小さな空港で、本拠地とするレガシー航空会社がチェコ航空と弱小会社(ここはFFPの会員数が60万人程度)。それでもSkyTeamに入っているので、空港ラウンジは必要。空港全体にはMasterCardのラウンジ、某銀行のラウンジ…

チャンギ空港のコンコルド・バー(The Concorde Bar, Singapore)

GGL会員になると、BAラクジャリー*のエピトーム、the Concorde Room に一年間入り放題。しかし区立図書館のように、ふらっと行けるような場所ではありません。fish & tips への消えない哀惜の念と共に LHR のTerminal 5 から立ち去るとか、五円玉と同相のパ…

エールフランスのラウンジ整備

パリCharles-de-Gaulle空港は、Air Franceの本拠地。「おフランス」を体現する会社が、ラウンジ整備に力を入れるのは当然。Terminal 2Fのラウンジ再整備は失敗*したようですが、2E と 2Gでは魅力的なラウンジがオープンしたようです。 *Pechedenferもアンケ…

JAL羽田-伊丹線:続々ツイッター風に

さらにつぶやき形式搭乗記。相変わらず順不同。 (1) いちいち言語を切り替えずに Wifi 接続できないものか。iPhoneの言語設定によって、日本語でログインできないのはバグだとしても、プログラムが設定を読み、英語のログイン画面を表示すればよいこと。何故…

JAL羽田-伊丹線:続ツイッター風に

つぶやき搭乗記の第二弾。行きだか帰りだか、朝だか夜だかは忘れました。もちろん順不同です。つぶやきと言ってもブログなので、写真を増やしてみました。 (1) 冬は富士がきれい。 (2) DPラウンジには、金持ち向け雑誌もある。アゴラ読者より3ランクぐらい…

空港ホテル (7):Sheraton Frankfurt Airport Hotel & Conference Center

欧州中央銀行(EZB)が鎮座するFrankfurt am Main。その空港は、ドイツの空の玄関といってもよい規模と格式。Global Elite Executive Premium Traveller諸氏は、初訪問でも阿佐ヶ谷駅前の鳥貴族に入店するがごとく、振る舞えるはず。Global Elite Executive…

Navigo1日料金の登場とRATPのパリ訪問用料金

前日は元旦。今年御世話になる予定の人への挨拶が鉄則。しかし今の世の中、大変ややこしい話であることに気が付きました。全ては、 私の年明けとあなたの年明けは違う 点に起因します。気分、身分、相対論の話ではなく、大地が球面上にあり、暦が地動説と相…

Niki は IAG が買います(例のとおり金曜日夕方の発表)

空港の待合スペースなどでテレビが付けっ放しになっているのは、ノイズになるから止めたほうが良いと確かに言いました。12月22日の記事です。 最近のメール広告から - バス代わりの飛行機 しかしですね、その空港の放置テレビから重要な情報を拾ってしまいま…

空港ホテル(6):MIRACLE Transit Hotel Suvarnabhumi Airport

このシリーズもパリの呪縛から解放されます。第6弾は、みんな大好きバンコクの玄関、Suvarnabhumi空港。制限区域内にある「乗継ホテル」です。 こういうホテルはトランジット時間が長くて、それが寝る時間にあたる時には重宝します。こういう状況に陥る旅客…

TG677:NRT-BKK エコノミー

私は行く。偉大な天使の都へ。ポケットにうさぎカード入れて。 出発はいつもの通り、「偉大な天使の都」から見たら辺境の地になる成田。到着したのは離陸5時間前。世界一資産が多い君主の統べる王国の首都へ行くのは久しぶり。A380も久しぶり。舞い上がって…

10月の台風、後日談

最近 「...河内の国、高安の郡に行きかよふ所いできにけり...」 状態になっているPechedenferですが、そのためハネイタ(羽根板ではなく、HND-ITM便のこと。)をちょくちょく往復しています。 場所にはフェイクが入っています。夜半に移動する訳ではないし、…

JAL白服の到着前挨拶

客室の安全責任者として、JALのキャビン・ヒエラルヒーの頂点に立つチーフキャビンアテンダント。「乗務員はドアモードをオートマティックに変更し、相互確認して下さい。」と声をかける係です。制服が白服で、他の乗務員と区別されます。 なおAir Franceの…

RATP351番のバスとCDG

バリの空港アクセス。路線バスの利用。 空港から市内へ、逆に市内から空港へ。鉄道では上下移動が大変。どうしても荷物が大きくなりますから。 楽を買って、UBERなどの白タク/ハイヤーを利用するもよし、タクシーを利用するもよしです。問題は節約に美学を…

TG677:NRT-BKK エコノミー

だんだん貴重になってきたA380の搭乗です。この機材がデビューした21世紀初頭、購入各社はこぞって東京便に利用しました。今ではほとんどが撤退しました。日本のマーケットは各社の期待に届かなかったのです。日本の衰退を象徴するような出来事です。 貴重な…

日本の連休

連休なので出かけます。 旅行、観光を生業としている人たちは、どんどん一般人をそそのかして欲しいものです。就業者数は増えており、これを消費拡大につなげるのが政権の「喫緊の課題」。日本経済のためにも農民的人生観から離れ、アメリカのライフスタイル…

Changi空港のショッピング・レストラン案内

Changi空港が作成した空港内商業施設の案内があります。出発時のチェックイン前、到着時の税関通過後に利用できる店です。 Shop & Dine と動詞を並べています。より基本的な単語を使うと、Buy & Eat となりますが、こうすると2つの動詞が関連づけられ1つの…

QR852:DOH-KUL ビジネス(その1)

乗り継ぎ時間8時間となりました。ラウンジ乞食をするなら、うれしい接続。しかもビジネスクラスは、保安検査が優先レーンなので、すぐに終わります。 通過後はすぐに巨大スクリーンが現れます。意味不明の映像が続きます。 QRの乗継では、4種類のラウンジ…

BA838:LHR-DUB ユーロトラベラー(その1)

さて乗換えはTerminal 5からTerminal 5。しかも到着は母屋でした。世界有数の混雑空港LHRでは、楽勝パターンと言うケース。 勝手にしてよ、の国際関係論 国際線でLHRのT5に到着した人間には、4つの運命が待っています。 ・そのまま娑婆へ(=入国) ・国内…

BA953:MUC-LHR ユーロトラベラー(その1)

MVV S1線の罠 MVVはMünchner Verkehrs- und Tarifverbundの略。昔はMünchner Verkehrsverbundだったのですが、進化しました。どの都市でも同じでしょう。よく知りませんが...。 MünchenのFranz-Josef-Strauss空港。成田空港を反面教師にし、土地収用に非…

成田空港の床屋・美容室

滅多に必要ないけれど、覚えておくと使えるかもという話題。 成田空港には髪を切ったり、整えたりする場所があります。Terminal 2のアーネストは男性用と女性用、Terminal 1のヘアサロンキングスは男性用です。もっとも場所が場所ですから、あまり複雑なこと…

空港ホテル (5):Sheraton Paris Airport Hotel & Conference Centre

空港ホテル第5弾は、またCDGのホテル。パリ空港ホテルシリーズとなっています。Lutetiaの民にありがちなパリ中心主義者には自然ですが、一般には偏向と言います。Global Elite Executive Premium Travellerの皆様には申し訳ない次第です。しかし本日紹介で…

Roma Fiumicino空港免税店のお買い得品

近所のスーパーの処分品のような小ネタ。こういう吹いたら飛ぶようなネタも、ネットなら許されると信じます。 ただし自由が丘や等々力で、メンチカツが安かったという話ではなく、場所はローマのフィウミチーノ空港。モノはワイン。 揚げ物は、古くなった食…

空港ホテル (4):NOVOTEL Paris Charles de Gaulle Airport

このシリーズを始めて、ほぼ1年。ようやく4話目です。前作は以下の通り。 空港ホテル(1):Pullman Paris Roissy CDG Airport - バス代わりの飛行機 空港ホテル(2):香港国際空港HKIA - バス代わりの飛行機 空港ホテル(3):Mercure Paris CDG Airport & C…

CDG点描

Terminal 2C 年々料金が上がるRATPのRoissy Bus。L'Opéra Garnier(オペラ座)が面するRue Scribeを出て最初のバス停はTerminal 1、続いてTerminal 2A、2C、2Eの順に停車します。Terminal 2Eへのアプローチでは、人も自動車も取り回しが大変なので、その前で…

MH783:BKK-KUL ビジネス

Suvarnabhumiも日々様子が変化 おなじみのチェックインカウンターG。マレーシア航空(MAS)が常にここを使うわけではありませんが、この便のチェックインに限って言うといつもここ。そして大抵長蛇の列ができています。 ビジネスは空いているので問題ありま…

意外に小さいKLIA

Google Mapでクアラルンプール国際空港(KLIA)を見ていたのですが、意外に小さいことがわかりました。 長距離国際線が発着するのはここ。この空港の華と言うべきサテライトターミナル。 右上に90°向きを違えて停泊している2機の大型機材は、マレーシア航空…

MH783:BKK-KUL ビジネス

慣れるとできなくなる点 Bangkok - Kuala Lumpur は1日22往復以上もあるヘビーな路線。Malaysia Airlinesは、1日 6.4往復の頻度で飛んでいます。AirAsia(KULベース)の1日7往復に次ぎます。3番はThai AirAsia(DMKベース)の1日4往復で、Thai Airways…

バンコク点描

と言っても、Suvarnabhumi空港の話。 皆歓迎 アラブ首長国連邦(UAE)からも、LCCが就航します。 バンコクでは、LCCはDon Mueang空港に集中しているイメージがありますが、どっこいSuvarnabhumi にも Cebu Pacific Jetstar Jeju Air Indigo Norwegian Air Sh…

KLIAサテライト、Golden Loungeの”restaurant"

時は1月。中華新年で飾られます。中国人が嫌いだろうが、国が中国の脅威を受けていようが、商業には欠かせないお祭り気分。中国の暦は西洋と完全に異なるので、都合が良すぎます。中国人より、盛大に祝ってはいけない理由はありません。完全に私見ですが、24…