読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

miles & points

エティハド・パートナーズ(3)

Etihad Airways PartnersはあくまでもEtihadとの2社間の協力関係で、三大連合のような多社間の関係ではないと思っていました。しかしそうではありませんでした。 写真を整理して気が付きました。ローマーFiumicino空港のAlitaliaのラウンジの入口案内です。…

フライングプルー マイル加算率の変更

いつもの通り、予告も通知もなし。Air France利用時のマイル加算率は、5月 1日に変更されました。客にとっての改良です。今時珍しいことです。 まず国際線で大きな変化がありました。 今まで一律300%だったファーストの加算率に差がつけられるようになりまし…

エティハド・パートナーズ(2)

Etihad Airways Partnersの加盟会社のFFPの会員は、加盟他社の利用時に特別なサービスがあるのかないのか、本当のところはどうなのかと、逆側から調べてみました。 Jet AirwaysのマイレージプログラムJetPrivilegeの会員レベルとサービスの一覧表(一部)で…

エティハド・パートナーズ(1)

時代の潮流に乗る中東3会社。広く路線を張り巡らせ、ナショナルフラッグキャリアを源流に持つ旧勢力のエリートたちとの間に摩擦を起こしていることは、よく知られる通り。ビジネスとしてはLCCの方が先鋭、脅威のはずですが、エリートたちも経済原理の前には…

夏のバカンス向けアコーホテルのプロモーション

夏のバカンス向けのキャンペーンが今月出ました。ただしヨーロッパ版。どこの国で会員になった方でも利用可能です。だいたい夏の予約を様子を見て、プロモを打つのがAccor流。他の季節でもそうなので、少し近くなってから予約を入れるというタイミングが重要…

アメリカン航空アドバンテージ改悪の詳細

発表されましたね。 プログラムの「今後の予定」とは、こなれていない日本語。英語はWhat's aheadで、「前途に何があるか」、「先に何が待ち受けているか」で的確。翻訳と原文の比較では仕方ありません。いつもなら英語でツアーの宣伝ばかり送ってくるAAです…

スカイトラベラ―プレミアとエグゼクティブクラブゴールド会員の組合せ

スカイトラベラ―プレミアカードに関連して、どうでも良いような、等閑視できないようなことを。悪い話ではありません。 今、成田と欧州一都市(例えばFRA)をLHR経由で購入したとします。諸経費別で往復77,000円からあります。これで得られるaviosを計算しま…

アメリカンエキスプレスの入会キャンペーン(その4)

アメリカンエキスプレス日本支社は、航空券をよく買う人のために、スカイトラベラ―とスカイトラベラ―プレミアというカードを用意しています。これは、指定26社の航空券の購入や日本旅行、アップルワールドでの旅行商品購入での決済で、獲得ポイントが増える…

アメリカンエキスプレスの入会キャンペーン(その3)

ゴールドカードで3種の入会キャンペーンが並行しているのに対して、グリーンカードも対応して3種類行っています。 アマゾンギフト券が付いてくるキャンペーンだけ、ゴールドカード↔グリーンカードのリンクがあります。グリーンカードもゴールドカードと同…

アメリカンエキスプレスの入会キャンペーン(その2)

特徴的なキャンペーンを行っているのが、ゴールドカード。特徴的といっても、マーケティングのことです。入会キャンペーンは3つ並行して走っているようです。しかも内容がそれぞれ別に更新されています。 一つのキャンペーンは、以下の通り。長々とやってい…

アメリカンエキスプレスの入会キャンペーン(その1)

クレジットカードのポイントを、マイレージプログラムのマイルへ移行している方は多いでしょう。個人が購買力を持つ国では、クレジットカード会社も黙っていては事業が拡大しません。会員が増えること、一会員ができる限りカードで決済してくれることが重要…

フライングブルーの月替わりプロモーション

マイレージプログラム(FFP)では、利用距離に応じてマイルやポイントを獲得、個人アカウントに積算し、無料特典航空券に交換することが核となります。獲得マイルは利用距離ではなく、航空券価格(アメリカ3社やエアヨーロッパ)だったり、ゾーン制(ニュー…

ビジネスクラスで安く旅を行うための戦略2016

長らく規制に縛られてきた航空券の価格も、流動的になる一方です。なるべく安い料金で旅行したいのは、誰でも同じ。もちろん安く済むには、それなりの理由があります。その理由を理解した上で、個人的に問題が小さい場合に購入するのが賢い消費者。これは他…

フレディ・アワーズ 2016

今年はガン無視したFreddie Awardsの投票。結果も全然関心がなかったのですが、AF-KLMのFlying Blueより届いたメールで、発表されたことを知りました。 「私のマイレージプログラムが、フレディアワーズで他と一線を画しました。」という表題のメール。会員…

SPGのプロモーション:シェラトン他

5月6日にSPGからメールが届いていました。プロモーションのお知らせです。 メンバーは、ボーナスポイントが得られます。その内容ですが、 ・7月17日までに登録 ・5月9日から7月31日までの2泊以上滞在が対象 ・Sheratonは通常の3倍、その他のSPGホテルは2倍…

やはりわからないAccorhotelsのポイント積算期間

相変わらずわからないのは、会員レベルを保持するためのポイントの積算期間です。一応公式には1年間のポイント積算が25,000 ptsでプラチナに到達するとありますが、一年がはっきりしません。更新の場合は、何もわかりません。例えば、わたくしの個人アカウ…

アコーホテルの昨年型キャンペーン

Accorhotelsは再来年に会員プログラムの変更を控えています。 Accorhotels Le Clubの上級会員制度の変更 - バス代わりの飛行機 そのことと関係あるかどうか良く分かりませんが、昨年、一昨年に時々行われていた「2泊すると数千ポイント」のようなキャンペー…

アリタリアの入会キャンペーン

Alitaliaからのメールです。マイレージプログラムのMillemigliaについてでした。 ・4月30日までに入会すると、500 milesが得られます。 ・入会から3月以内に提携会社で飛んだり、買ったりすると2,000 milesが得られます。 ・さらに7月31日までにAlitaliaに…

Starwood Preferred Guestの近未来

全会員あてに出したと思われるメール。Marriottとの合併話の進展状況報告です。 それぞれの株主が合併を承認したということで、大きな一歩を踏み出しました。安邦保険集団は、よく調べたら金が無かったためか、オファーが霧散しましたが、一方でMarriottとの…

Accorhotels Le Clubの上級会員制度の変更

総じて言えば、今までがいい加減すぎでした。入会で漏れなくプラチナ会員とか、自らを否定するようなキャンペーンがありました。上級会員を判定するためのポイント、宿泊数の積算期間がはっきりしませんでした。どういう基準で上級会員から脱落するかわかり…

アコーホテル、ルクラブの戦略の変化

ビジネスホテルチェーンのイメージが強いAccorhotels。その実、モーテルから高級ホテル、滞在型ホテルまで幅広い宿泊需要に応えるAccorhotels。昨年まで「2連泊すると4,000ポイント」などというキャンペーンをやっていたAccorhotels。今年は少し変わるかも…

アエロプランのコンバージョンボーナス

年中行事となっているAeroplanのconversion bonusの期間がやってきました。東京だと、梅が終わって、桜の咲く前に開始します。 ホテルなどのプログラムからポイントを移行して、Aeroplanのマイルにした時、期間中(3月14日から4月18日)の総計が 20,000マイ…

フライングブルーの2016年の会員カード到着

先日メールが届いたことから予想できましたが、やはり発送されていました、新カード。いつもの通りEindhovenという、微妙な都市での投函です。 個人ページはデザインが大きく変わったのですが、カードデザインは同じ。10周年を機に変えるということもありま…

いつものことながらフライングブルーのデザイン変異

最近書いたように、Flying Blueでは予告なしにマイルの改悪が少しずつ行われていますが、会員の個人ページのデザインも良く変更されます。突然変異を繰り返す生物種のような感じです。 メールが届いたのは、おそらく3月だから。 Flying Blueの会員カードの…

密かに必要マイルが変わるフライングブルー

いつものことなのですが、Flying Blue(FB)では小まめにマイルを改訂します。無料航空券に必要なマイル数です。そして私は予告を受け取ったことがありません。会員に予告なしの改悪は良くありませんが、以下のような事情があると思います。すでにFBでの無料…

フライングブルーの改悪(?)予告編

Air EuropaがFlying Blueと袂を分かち、独自の「マイレージ」プログラムSUMAを立ち上げました。これは昨日記事にしました。原因は「AF-KLMとの間で最近起きたこと」と正式なステートメント。たぶんこれです。 完全に見落としていたのですが、年末(28 décemb…

エーゲ航空の会員カードが届かない

エーゲ航空のマイレージプログラム、Miles+Bonusの新しい会員証が届きません。電子情報として提供されていますが、そのカードの期限は会員年度(会員資格更新に必要なフライトを行う期間)の最終日で、11月24日。 明日実物が届いても、有効期間の80%しか使…

SPGのプロモーション

多くの人が受け取っていると思いますが、SPGのプロモーション。 今年の4月30日までの期間が対象です。 ・2泊以上の滞在で2倍のスターポイント ・特定の都市の滞在で、ボーナスが250ポイント/泊 ・15-24泊するとボーナスが2,500ポイント ・25泊するとさ…

ビジネス/ファーストの付帯サービスと上級会員の優待

(1) 傾向 ファーストクラスやビジネスクラスの利用客は、たくさんお金を払ったお客様。空港においても、エコノミー客とは異なる扱い。ラウンジ利用、優先搭乗、優先レーンの利用などができます。 この特別な地上サービスは、マイレージプログラム(FFP)上級…

SPGの新しい提携航空会社:エーゲ航空

この提携の連絡は、Aegean Airlinesから受けました。 UAやNZを除く航空会社同様、1 StarpointsがFFPのMiles+Bonusの1 milesに換えられます。20,000 Starpointsを一気に変換すると25,000 milesになることも同じ。メールでは、ギリシャ国内のホテルに宿泊した…

SPGのいつものキャンペーン

またSPGがらみですが、Starpointsの販売割引が開始されたようです。メールで連絡が届きました。これは年中行事ですね。 12月31日まで、購入したStarpointsに応じて割引が受けられます。最大20,000 ptsで、25%の割引。この辺の特徴はいつもと同じ。このセー…

アエロプランのコンバージョンボーナス

制度の変更(要は改悪)が12月15日以降の予約に適応されるので、年内は無いだろうと思っていたコンバージョンボーナス。しかしAeroplanは例年通り行うようです。メールが届きました。 前回と同じボーナスのようですね。 SPGからだと、40,000 Starpoints一度…

2016年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP(その3)

(5) 雑駁な付加情報 いくらスターアライアンス・ゴールドが楽に維持できても、マイレージプログラムとしての「性能」があまりに悪いのでは考え物です。上級会員資格の付与は、プログラムサービスのごく一部に過ぎません。 ゴールド会員の更新以外のことで、…

2016年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP(その2)

(4) マイルの加算率 スターアライアンス・ゴールドの維持では、 A3: エーゲ航空、Miles+Bonus TK:トルコ航空、Miles and Smiles OZ:アシアナ航空、Asiana Club MS:エジブト航空、Egyptair Plus で、難易度に少し差があるものの、状況によって変わる程度で…

2016年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP(その1)

***************************************************************************************************** この記事は2016年版です。情報も、考え方全般もその当時のものです。2017年版は、エコノミークラスの搭乗に特化したスタアライアンスゴールドと、…

ハブ&スポーク構造とFFPの選択

マイレージプログラム(FFP)は、よく使う航空会社のものを使うのが基本です。提携拡大と航空連合の時代ですが、制度的にも心情的にも自社会員の優遇ははっきりしています。マイル積算や特典化における見劣りや、上級会員のなりにくさを打ち消す価値がありま…

「進化させる必要性も増し」たマルコポーロクラブ

表題はCathay Pacificのステートメントから。 改革の噂が流れていましたが、内容が発表されました。Cathay PacificのMarco Polo Club(MPC)。上級会員になるための基準と会員の特典内容が変わります。来年4月から搭乗距離と予約クラスに応じたClub Pointが…

アエロプランの改悪とリスク分散の重要性

エアカナダのAeroplanの改悪が発表され、あちこちで悲鳴が聞こえる話題になっているようです。 このマイレージプログラム(FFP)、日本在住者には特異的に有利でした。無料航空券への交換で、バンコク、シンガポールへのビジネスクラス往復が30,000 miles、…

Accorhotels ルクラブのポイントの変換先

Accorhotelのプロモーションが、一昨日昼頃にメールで届きました。 2泊以上の滞在で、次のポイントが余分に獲得できるという内容です。 1滞在目 +1,000 pts 2滞在目 +4,000 pts 3滞在目 +5,000 pts です。予約は9月20日まで。滞在は12月31日までです。対象ホ…

Flying Blue - Accorhotelsのプロモーション

Air Franceのマイレージプログラム、Flying Blueからのメールで知りました。8月28日に配信されています。さまざまなプロモーションのお知らせです。 左はマイルを無料航空券に交換する時のプロモーション。-25%, -50%で無料航空券に変えられるという月替わり…

ご搭乗の多いお客さま vs. お支払いの多いお客さま

多頻度で利用する客は良い客です。昔は間違いなくそうでした。しかしRonald Reaganの共和党政権以来、航空輸送業が自由化され、徐々に価格破壊が進行しました。現在ではエコノミーの搭乗では利益が出ません。企業が拡大再生産を指向するのは本能のようなもの…

フライングブルーのマイル販売キャンペーン

oneworldに比べるとSkyTeamの加盟各社は、マイレージプログラム(FFP)の相互乗り入れに積極的ではありません。無料航空券を獲得する場合、その航空会社のFFPのマイルを使わないと取れないことが多い気がします。「マイルを簡単に獲得でき、少ないマイルで色…

マイレージプログラムを選ぶときの非合理な動機

マイレージプログラム(FFP)を選ぶ時は、 ・有利さ (多くのマイルが容易に貯まる、少ないマイルで容易に無料航空券に変えられる、上級会員になりやすい、提携先のサービスが有利である、etc.) ・航空会社の利用のしやすさ (近所の空港に就航している、よ…

フレディ・アワード 2015(その2)

このランキングは、会員の不平の少なさの指標にしかならないようですが、そう思って見れば参考になります。世界3地域という分類、航空会社とホテルという分類があるのですが、ここでは欧州・アフリカと中東・アジア・オセアニアの航空会社について紹介しま…

フレディ・アワード 2015(その1)

・2015年のFreddie Awardが発表されています。概略をまとめると、 ・アメリカではアメリカン航空のAAdvantageが最良プログラムを辛くも維持 ・欧州ではほぼ全ての部門でエールフランス-KLMのFlying Blueが圧勝 ・全部門を通じてFlying Blueは抜群の成績 ・欧…

Avios Travel Rewards Programme(その2)

Avios Travel Rewards Programme(ATRP)は英国版と南アフリカ版にしか存在しません。トップページはこんな感じです。 ここでAbout usを見てみると、「あなたの毎日をフライトや旅のリワードに変える」とあります。どんなポイントプログラムでも使われている…

Avios Travel Rewards Programme(その1)

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイレージプログラム(FFP)、Executive Clubでは、搭乗により加算されるものはマイルではなく、Aviosと呼びます。もともと1 milesが1 Aviosですので、マイルでも同じことなのですが、数字の意味するところが大きく異…

スターアライアンス・ゴールドの黒馬(他社利用時のマイル)

エジプト航空(Egyptair, MS)のマイレージプログラム(FFP)、Egyptair Plusについての続きです。 Star Alliance Gold会員になり、維持するのがもっとも容易という結論は動きませんが、間違ったことを書いてしまいました。 通りすがりの方からコメントを頂…

スターアライアンス・ゴールドの黒馬

Star Alliance Gold会員になり、続けるための要件が緩いマイレージプログラム(FFP)について、11月に記事にしました。対象はMiles+Bonus, Miles and Smiles, Asiana Clubでした。 2015年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP - バス代わり…

デルタ航空のマイルはフライングブルーに入れるのが有利?(その2)

Delta航空(DL)は、Sky○○○○という名称のサービスを数多く提供しています。 Sky Magazine(機内誌) Sky Club(ラウンジ) SkyMiles(マイレージプログラム) SkyBonus(法人向けサービス) と言う具合です。 さらに DLがAir France(AF)などと創設した航空…