バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

oneworld

「巨大」航空会社と「巨大」空港

年間旅客数が国民の10倍にもなるフラッグキャリア こういう並外れた航空会社があります。Icelandairです。ところが保有機材が30機、就航都市40と、小さな会社なのです。すべては国民の数が32万人と少ないためです。 今、Icelandairは絶好調。年間の旅客数は…

イベリア航空の景品プロモーション

イベリア航空からのプロモーション。スペインらしさを前面に出しつつ、さりげないところが上手です。 「太陽、砂浜と...サングラス!」航空券を買えば、サングラスがもらえると言う内容。 「バカンスは、くつろぎ、アヴァンチュール、文化的...そして…

新千歳空港ダイヤモンド・プレミアラウンジ

羽田以外で初 JALマイレージバンクの上級会員レベルの名を使ったラウンジ。国内線ファーストクラスラウンジとしても機能します。羽田第1ターミナルには、南北にそれぞれ作られ、すでに久しいのですが、それ以外の空港では初。 ここは6月29日にオープン。ま…

JL526:CTS-HND クラスJ

最後のあがき 避暑地から暑い東京へ戻る冴えない旅客の一人、Pechedenfer。札幌を去るにあたって選んだ食はスープカレー。 ここは飲食店が充実しており、いくら、うに、ラーメン、スープカレー、ジンギスカン、ブタ丼など食のショーウィンドウですから、見逃…

JL513:HND-CTS 普通席(その2)

本日の機材B777-200 天井に座布団状のフタが付いていたので、機内Wifi対応。 乗り込むとSKY NEXT。黒皮の薄型シートで3-4-3の配列。本当は個人スペースが狭いはずですが、それを感じさせません。 今日のように家族づればかりだと、もう少し明るい色調の方が…

JL513:HND-CTS 普通席(その1)

数日前の東京の気温。「どうなっているんだ!何とかしろ。俺がどれだけ贔屓にしてやっているか、分かっているのか!」って、キレまくる客が増えそうな天気でした。 某航空会社のクレカ継続上級会員ではなくても、暑いのは同じ。意気地なしのPechedenferは、…

カタール航空セール:世界の美食都市へ

メールで届く、セールのお知らせ。いつものセールと異なるのは、テマティックなこと。 内容は、 ・販売期間:8月2日(火)~8月5日(金) ・旅行期間:2016年10月1日~2017年3月31日 ・エコノミークラスを特別運賃で提供 対象路線は、成田、羽田発で以下の都市の…

フィンエアのマラガ便

ビジネスクラスはBAのExecutive Clubの会員には、良く知られているはずです。特徴は ・欧州内の2,000 miles超の路線 ・機材・サービスは通常の欧州便 というところですが、そこから導かれる結論 ・tier pointsが片道140* ・価格が比較的低い となります。 *B…

それほど偉そうにしていない欧州航空会社の成田便(ワンワールド編)

イベリア航空 10月18日より成田ーマドリッド便を復活。何だったかの経済危機の際に日本から撤退して以来、18年ぶりに就航。その間に、 ・ワンワールドへの加盟 ・民営化 ・英国航空との統合 と、すっかり会社は様変わりしてしまいました。この航空会社のプロ…

アメリカン航空アドバンテージ改悪の詳細

発表されましたね。 プログラムの「今後の予定」とは、こなれていない日本語。英語はWhat's aheadで、「前途に何があるか」、「先に何が待ち受けているか」で的確。翻訳と原文の比較では仕方ありません。いつもなら英語でツアーの宣伝ばかり送ってくるAAです…

成田空港のオアシス(?):カンタス航空のラウンジ

成田空港ターミナル2は、娑婆に出られる本館と暫くは外に出られないサテライトからなり、その間の移動は徒歩です。10分は最低歩くことになります。向こう行ってから、こっちに戻ってくることのないよう、設備が整備されています。 本館の方が駐機料が高いの…

Marco Polo Clubのプログラムを改めて見て

4月15日からキャセイパシフィック航空のMarco Polo Clubは、新しいステージに入ったそうですが、上級会員になりにくくなったことが特徴のようです。以前はとにかく距離を乗ると上級会員になれたのですが、今後は航空券の金額が、ビジネスクラスあたりでもっ…

東京発格安ビジネスクラス vs 海外発券

マレーシア航空(MH)が大型セールを始めたようで、メールで連絡が届きました。 キャンペーンは2種類。一つは普通の割引で、他方は1名分を購入すると、同行者1名が無料という内容です。普通の割引の方は、エコノミーだけではありません。ビジネスもありま…

映画館代わりの飛行機(その11):カタール航空劇場

中東3会社はハードで優れ、ソフトでも今までにないレベルのサービスを提供でき、世界で勢力を拡大中です。機材が新しければ、IFEも良いものが提供できます。現実にSkytraxの第1位はエミレーツの指定席。2015年の世界2位はQatar航空で、Etihadも5位につけ…

映画館代わりの飛行機(その5):テアトル日本航空

日本人なら機内では日本語でリラックス。圧倒的大多数のはずです。多くの日本語の番組を機内で提供するのは、なんと言っても日系レガシーキャリア2社。使命のようなものです。 映画鑑賞を旅の目的の一つとして搭乗する場合、昼間のフライトを想定しています…

JL805:NRT-TPE ビジネス(その2)

安全のしおり。本日機材はB737-800。 ビジネスクラスのシートは、かのSkyluxeです。久しぶりに座りました。 昼間のフライトなら快適です。JALの場合、最近開発されたシートが出来が良く、次々いろいろな路線に導入されているので、その分古いシートの評判が…

JL805:NRT-TPE ビジネス(その1)

今年の第一弾は何とJAL。しかも成田ー台北便。JGCの方にも「こんな便あったっけ」と思われそうなフライト。台湾はとにかくJAL!という方ならともかく、グローバルフライヤーの方々には、地味な選択に見えるでしょう。あえて裏をかき、「どうだ乗ったことない…

ビジネス/ファーストの付帯サービスと上級会員の優待

(1) 傾向 ファーストクラスやビジネスクラスの利用客は、たくさんお金を払ったお客様。空港においても、エコノミー客とは異なる扱い。ラウンジ利用、優先搭乗、優先レーンの利用などができます。 この特別な地上サービスは、マイレージプログラム(FFP)上級…

QR39:DOH-CDG ファースト(補遺)

A380のファーストクラスは、ハード的には一番恵まれている組合せ。そのため標準的に書こうと思っていましたが、やはり関心の低いことは忘れています。書き損ねた部分をまとめます。 まずArmaniのアメニティキット。機内で配られたのはこれだけです。パジャマ…

QR39:DOH-CDG ファースト(その3)

機内食のことを忘れていました。 テーブルは当たり前ですが、巨大。 朝食なので、奇をてらった選択はありません。無難なスモークサーモンとインド料理を選びます。「インド料理が無難」という言い回しは、前世紀では自己撞着、今世紀では法則の一種。現代で…

QR39:DOH-CDG ファースト(その2)

ファーストクラスは2階最前方、1-2-1の配列で8席。窓際か、中央通路側しかありません。もっともA380-800では、ギャレーのさらに後ろに48席あるビジネスクラスも全通路席。2階には、さらに最後尾にエコノミークラスが少し(52席)あります。QRはこのA380-80…

QR39:DOH-CDG ファースト(その1)

戦時下にある国家への渡航。それに加え、中東の航空会社の利用。1970年代だったら当局より政治的思想を調べられそうな組合せです。(当局=この時はすでに公安です。特高は1945年まで。)時代は変わりました。左も右も、赤も白もなく、FFP改悪のため、戦争当…

2016年版BAエグゼクティブクラブ上級会員更新戦略

ここでの関心は、Silver会員、Gold会員になるためのtier pointsを①安く②早く③多く獲得できるルートです。航空券の価格が昨年から変動したため、効率の良いルートも少し変わります。 ・CX CTS発DPS往復ビジネスクラス 560 pts 諸経費込みで14.5万円という価格…

2016版ワンワールドFFP

何か忘れているなと思ったら、oneworld。私の場合、FFPの会員年度が11月から1月に集まっているので、年末に一斉見直しとなります。関連して戦略を考えることができるので、意外と便利です。Star AllianceとSkyTeamは記事にしたのに、oneworldを忘れるとはと…

「進化させる必要性も増し」たマルコポーロクラブ

表題はCathay Pacificのステートメントから。 改革の噂が流れていましたが、内容が発表されました。Cathay PacificのMarco Polo Club(MPC)。上級会員になるための基準と会員の特典内容が変わります。来年4月から搭乗距離と予約クラスに応じたClub Pointが…

ブランド旅行用品(3)

日本の2社。いつもは利用頻度が多い方のJALから紹介するのですが、今回はANAから。 ANAブランドは充実しており、いくつかラインがあります。ANA Designというラインに、新たなビジネス用バッグが加わりました。鞄メーカーのAceと組んで、トロリー2種、ブリ…

JL752:HAN-NRT エコノミー

Noi Bai空港国際ターミナル。ゲートは32番。セキュリティ前のゲートは30番なので、大変よい場所です。ちなみにラウンジは30番と31番ゲートの間で、通路を隔てた側にあります。セキュリティとゲートの間で寄り道します。 JAL国際線 - ノイバイ国際空港 (空港…

JL751:NRT-HAN エコノミー

結論:空いているキャビン。飲料や食事はエコノミーのものですが、サービスの密度と応対は他社ビジネスクラス並み。 さて成田空港第2ターミナル。乗り込むのは、ハノイ便のSS6、Sky Suite。Sky Suiteの機材は増えてきたので、JALはいろいろな路線で活用して…

香港国際空港貴賓室玉衡堂 ザ・ピア

CX9th diaさんのブログでHKIAのThe Pierが良くなったとの情報を得たので、行ってきました。 昨年来た時は、ビジネスクラスラウンジもあったように記憶していますが、ビジネスクラスの客は切り捨てられたようです。近くにThe Bridgeがありますが、ファースト…

ワンワールドのマイレージプログラムは何を選ぶ?:セルフチェック

前の記事では、マイレージプログラム(FFP)を選ぶ場合、非論理的な理由が支配する場合が多いことを書きました。そうだとすると数字を並べて「こっちの場合がお得」という情報と情緒的な因子は同程度に大切ということになります。しかし、非論理的なレベルで…