バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

travels

ワインスクール代わりの飛行機(その20):地上で見つけたBarossa Valley Shiraz

赤ワイン AUS>Barossa Valley, Shiraz BarossaのShirazはCathayのビジネスクラスの定番ですが、8月の時点では、 Dandelion Vineyards Lionheart of the Barossa, Shiraz 2013 がありました。このカテゴリーでは良い品が適当な価格で目白押しですが、やはり…

ワインスクール代わりの飛行機(その19):キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

ワインのセレクションなんて楽しい仕事だろうなんて思うのは、完全に素人考えでしょう。実際には在庫管理、情報収集、購入契約、運搬など山のような仕事の中の上澄みのような作業。ワインの出自のチェックや、コンサルの背後の調査も欠かせません。いやはや…

ワインスクール代わりの飛行機(その18):キャセイパシフィック ビジネスクラス

機内ワインのテストは、食べ物と一緒なのでdégustationとは異なります。また食べ物との相性なんて、人によって感じるところが全く違いますから、実は記録に残しても役立ちません。とはいうものの、完全に否定する立場に立つと、機内やレストランでのワインの…

ワインスクール代わりの飛行機(その17):キャセイパシフィック航空、中距離ビジネスクラスのリスト

ほぼ1年離れて、久しぶりにキャセイのビジネスクラスに搭乗したら、ワインリストが変っていました。ただし全体の枠組は、頑固さを感じるほど一定です。 (1) Champagne (2) 白ワイン ニュージーランド>Marlborough, Sauvignon blanc (3) 白ワイン Bourgogne…

航空会社は相手にせず

フランス、ドイツなどの労働削減先進国では、バカンスシーズンに民族の大移動が起きます。航空会社も、鉄道会社も、バス会社もかき入れ時に違いありません。数多くのキャンペーンを打ったり、広告を出すのは当然。メール広告が頻繁に届くシーズンです。今年…

「巨大」航空会社と「巨大」空港

年間旅客数が国民の10倍にもなるフラッグキャリア こういう並外れた航空会社があります。Icelandairです。ところが保有機材が30機、就航都市40と、小さな会社なのです。すべては国民の数が32万人と少ないためです。 今、Icelandairは絶好調。年間の旅客数は…

空港ホテル(2):香港国際空港HKIA(つづき)

24時間営業 「ホテル香港国際空港」の続きです。設備の整ったラウンジにできる限り遅くまで居るのが良いと、The Wingで粘り、「お客様、大変申し訳ありませんが...」と追い出される前に立ち去ったのでした。ブログのことを考えると、本当は何時までいられ…

空港ホテル(2):香港国際空港HKIA

ホテル香港国際空港 空港ホテルシリーズ第二段。残念ですがここでの意味は、香港国際空港のホテルではなく、ホテル香港国際空港です。つまり空港に泊まっちゃえという企て。香港はホテル代が高く、節約し甲斐があります。当然、経費がふんだんに使えるGlobal…

ワインスクール代わりの飛行機(その16):アリタリアのワイン以外の飲料

良く知られるように、ワインの教材はワインだけではありません。ワインを①知る、②味わう、③楽しむ時と同じ方法で他の飲料に近づくと、違う世界が見え、それが還流してワインの理解を深めるといった効果があるようです。 こんなことを言い出したわけは、アリ…

ワインスクール代わりの飛行機(その15):アリタリアのビジネスクラス

Alitaliaビジネスクラスのワイン。鬼門ですね。順序だって予想していたことを書くと、 ・イタリア全域のワインで構成 されるのは当然。この全イタリアワインが曲者。イタリアワインは、 ・主要なブドウ品種が非常に多い ・栽培、醸造、販売などあらゆる段階…

映画館代わりの飛行機(その18):シンガポール航空(新型)

羽田便のB777-300ERは、ファーストクラス、ビジネスクラスが好評の新しいキャビンですが、一番大きく変わったのは、IFEではないでしょうか。成田からシンガポールへ行く時に使ったA380とはずいぶん違います。 搭乗すると自分の座席番号が、画面に表示されて…

アコーホテルプライベートセール

ポイントプロモーションの案内をもらってから、それほど日時が経過したわけではないのに、AccorhotelsがVentes privéesのメールを送ってきました。私も立て続けに紹介します。 ・8月4日までに予約 ・世界の各地域で異なるが半年以上先の宿泊まで という内容…

Accorhotelsポイントプロモーション

夏のバカンスをターゲットにしたAccorhotelsのポイントプロモーションが、数多く出ています。今年はプロモーションが地味なので、稼げる時に稼ぐ方針で行動を起こすのが正解。 (1) 3 fois plus de points! http://www.accorhotels.com/fr/leclub/hotels-offe…

欧州、北米への航空券:安い渡航先と高い渡航先

東南アジアに続いての価格チェックは、ヨーロッパとアメリカ。年末年始の休暇やGWなら、憧れのヨーロッパにだって、行けてしまいます。仕事納めはサボるか、空港直行を想定し、12月28日羽田/成田を出発、1月3日に現地から羽田/成田に向かう日程で値段を調べ…

東南アジアへの航空券:安い渡航先と高い渡航先

航空券は、渡航先によってずいぶん値段が違います。原因は分かるような、分からないような感じです。さらに数年の単位で、状況が変わります。ある意味で面白いのですが、レジャー旅行では、移動の料金は渡航先を決定することもあります。面白がってばかりお…

Skytraxの矛盾

年中行事になっているSkytraxのランキングの発表。そしてヨーロッパの地域航空会社の1位は、いつもAegean Airlines。お礼メールをマイレージ会員に出すのは普通ですが、毎年のことになっているので、季節の挨拶化しています。 マイナーなカテゴリーですが、…

リオ五輪に人は集まる?

もう20日もするとオリンピックが始まります。開催地Rio de Janeiroは、ずいぶん騒がれていますが、日程への関心はそれほど強くないように見えます。8月5日が開会式、8月21日が閉会式です。本当に人が集まるのかどうか知るのに、現地オリンピック委員会の発表…

安さ爆発?上には上?

昨日、香水類の機内免税品販売価格を少し比較してみたのですが、他もいろいろ見ると、まだまだ安い航空会社があることが分かりました。要するに「勉強不足」。 免税品はスーパーの特売と違って、比較して「こっちが安いから」という理由で搭乗するわけではあ…

機内免税品の価格:Parfumerie

単純に機内免税品の価格の比較です。 飛行機内での販売では、軽い商品が選ばれます。水としては付加価値が異常に高い香水類は、昔からDuty Freeの重要アイテム。1 kgで1000 USDぐらいになるので、もってこいなのです。他には医薬品なども軽くて付加価値が高…

SPGとエミレーツのクロスリワード:Your World Rewards

今朝のSPGからのメール。Your World Rewards Welcome Bonus: 500 Starpointsと言う表題。このメールに限らず、SPGの表題は全て大文字から書き始めているので、時として内容が分かりません。このメールもそうでした。中を開けると新しい提携のお話でした。 す…

スカイチーム:テーマによる世界一周のプラニング

SkyTeamの世界一周航空券。旅のテーマでプラニングができるようになったと聞き、見てみました。 Round the World Planner - Welcome どんなテーマで世界一周ができるのかと、わくわくして覗いてみたところ5種類だけでした。 ビーチの休日、歴史と文化、世界…

夏のバカンス向けアコーホテルのプロモーション

夏のバカンス向けのキャンペーンが今月出ました。ただしヨーロッパ版。どこの国で会員になった方でも利用可能です。だいたい夏の予約を様子を見て、プロモを打つのがAccor流。他の季節でもそうなので、少し近くなってから予約を入れるというタイミングが重要…

ワインスクール代わりの飛行機(その14):タイ航空ビジネスクラスのシャブリ

さて復習は、Chablisをテーマにしました。William FèvreのChablisは入手が易しいからです。 タイ航空シャブリはこちら。 機内のワインは2013年で、これは2014年と収穫年違いですが、都内で特に割引の無い価格で2,850円でした。ファインズが輸入。 彼らのウェ…

ワインスクール代わりの飛行機(その13):タイ航空ビジネスクラスのmets et vins

さてタイ航空ビジネスクラスのワインは以下の通りの「ビジネスクラス基本形」。しかもすべてフランス。典型とも言えそうなオーソドックスな構成。 泡:Champagne, Palmer & Co., Brut Réserve 白1:Pascal Jolivet, Pouilly Fumé 2013 白2:William Fèvre, C…

ワインスクール代わりの飛行機(その12):タイ航空ビジネスクラスのドリンクリスト

タイはアルコールに対して厳しい国です。バンコクに行くと気がつきますが、アルコールの販売時間はかなり制限されています。この国では、寝起きや食事が習慣的に自由。アルコールが同じ調子で消費されると、中毒患者が国中にあふれると考えているのでしょう…

ビジネスクラスで安く旅を行うための戦略2016

長らく規制に縛られてきた航空券の価格も、流動的になる一方です。なるべく安い料金で旅行したいのは、誰でも同じ。もちろん安く済むには、それなりの理由があります。その理由を理解した上で、個人的に問題が小さい場合に購入するのが賢い消費者。これは他…

ワインスクール代わりの飛行機(その11):英国航空ファーストクラスのリスト

残りは赤ワイン3種とデザートワイン2種。5本が同じページに載っています。 赤の筆頭は、私も機内で注文したSaint-Emilion。説明の下の方にRobert Parkerが高得点を付けた旨、書いてあります。説明を最後まで読まなかった私も悪いのですが、一口で飲み飽き…

ワインスクール代わりの飛行機(その10):英国航空ファーストクラスのリスト

ビジネスクラスのワインが、一定の型にはまっていて、ワインを把握しやすいと言っておりますが、少し毛並みを変えてファーストクラスのワインリストを取り上げます。 ここは穏やかにBritish Airwaysのリストを見てみました。昨年末の搭乗時に回収してきたワ…

バリュー・アライアンス結成

Bloomberg他の報道によれば、LCCによる世界初の汎地域航空連合が発足します。参加航空会社は Scoot, Tiger Airways(シンガポール) Vanilla Air(日本) Tiger Airways Australia(オーストラリア) Nok Air, NokScoot(タイ) Cebu Pacific Air(フィリピ…

ワインスクール代わりの飛行機(その9):シンガポール航空ビジネスクラス

優等生シンガポール航空。同格のサービスを他社と比較すると、少しづつ上を提供する戦略。しかしながらその差が常にわかりやすいかと言うと、そうでもありません。シートの革だとか、SilverKrisラウンジでのダイニングテーブルの石だとか、多くの客には伝わ…