バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

TG930のダイバート

flightradar24を見ていたら、奇妙なDivertを見つけました。 タイ航空のパリ便は毎日運航、一日一便。Bangkok(BKK)発がTG930で、Paris Charles-de-Gaulle(CDG)発がTG931という便名になっています。最近のことですが、9月13日、BKK発のTG930はCDGに着かず…

CX691:HKG-SIN ファースト

CX

8:10発と朝早い便。7:30の搭乗開始は、ドイツだったら普通の出発ですが、香港国際空港(HKIA)なので少し大変。 人がまばらな出発階コンコース。60番ゲートと聞いて、歩いて行きます。すでに準備が整っているかのように表示されています。 写真で初めて気が…

エールフランス:B787の次の就航地

AF

前の記事のついでに、Air Franceの路線網におけるB787の近未来。 Air Franceの新機材、新路線の話なんて、日本では興味を持つ人がほとんどいないでしょう。そんな事、重々承知です。しかし記事がユニークであることと、興味を持つ人の数は逆相関。と言うか、…

エールフランス:B787-9の間合い運用

AF

買ったものは使い倒す のは、基本でしょう。航空会社の経営者なら。「本拠地だからと言って、整備でもないのに機材を半日も駐機するなんて、無能のやること。」叩き上げの社長口調なら、こんな感じ。 何の話かというと、運用を始めた2機のB787-9のことです…

JAL116:ITM-HND クラスJ

ANAやJALに高頻度で搭乗になり、立派なブログを書き続けていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。そうしたアクティブなブロガー/マイラーの中にもこのブログを読んで下さる方がいるのです。これがPechedenferには???です。というのも、 ①そうした方にと…

JAL101:HND-ITM クラスJ

サラリーマンもとい「ビジネスパーソン」が跋扈する路線と言えども、6:30出発と朝早いのでその特徴は控えめ。公共交通機関を利用して、羽田に無理なく5:30~6:00頃に着ける地域は限られますから。そして7:30頃に伊丹に着いても、出張先の業務には早すぎます…

2016年以降のEtihadの宣伝

Etihad Airways は「最近金が無い」ということを前の記事で書いたとき、ふと思いだしたのが広告。ほら、EtihadってNicole Kidmanと契約していたでしょう。彼らの最高キャビンクラスを紹介しています。 www.youtube.comしかしながら、これはイメージビデオ。 …

航空連合の「終わりの始まり」?(その2)

Alitaliaの過去とAirberlinの将来 Alitalia の経営は長らく悪い状態で、Etihad に支援を受ける前(2014年11月以前)、Air France にべったりでした。Air France は Alitalia に長距離路線を廃止させ、地域航空会社としての役割を担わせ、グループの効率を高…

航空連合の「終わりの始まり」?(その1)

Star Allaiance(SA)、oneworld(ow)、Skyteam(St)の三大航空連合は、それぞれ世界中をカバーする路線網を誇ります。一つの航空会社の会員になれば、連合内の他会社の搭乗でも、特典に使えるマイルが積算されるとか、上級会員の特典の大部分が有効だとか…

カタール航空セールの三経験則

ちょっと前、新規就航するチェコPrague往復のカタール航空ビジネスクラス(東京発)が安い!と記事にしました。 カタール航空 ビジネスクラスセール (プラハが格安) - バス代わりの飛行機 欧州の他都市行きも少し安くなっていたようですが、衝撃を受けるほ…

フライングブルーのマイルプロモーション

また妙なことをやっていますね。Flying Blueのプロモーション。 Promotions billets Miles Flying Blue Flying Blueは、特典航空券のプロモーションを月替わりに行います。これは (1) 多くはParisまたはAmsterdam着発の一区間搭乗(片道または往復) (2) 都…

タイ航空がひそかに優秀

出そろった評価 夏も後半に入っていますが、日本の美しい伝統の継承者たる皆さまは、正しく夏バテ召されていらっしゃいますか。世界の空ではSkytrax各賞が発表され、各社が機内誌で受賞を自慢する季節でもあります。8月号の編集にしか間に合いませんから。 …

CX505: NRT-HKG ビジネス

CX

成田空港ターミナル2のサテライトには、吉野家があります。 しかしここは牛丼屋ではありません。がっつり食べる人のための食堂。カツやラーメンが主体。現場では牛丼が見つからなかったのですが、改めて写真を見ると左上にちゃんとあります。 機会があった…

日本の連休

連休なので出かけます。 旅行、観光を生業としている人たちは、どんどん一般人をそそのかして欲しいものです。就業者数は増えており、これを消費拡大につなげるのが政権の「喫緊の課題」。日本経済のためにも農民的人生観から離れ、アメリカのライフスタイル…

カタール航空 ビジネスクラスセール (プラハが格安)

最近、どこの空港発で見てもそれほど安い運賃が無かったQatar Airwaysの欧州往復ビジネスクラス。ついに来ましたね。メールでお知らせが届きました。 日本発のフライトのセールだから、海外発券に伴う煩わしさはなし。内容は、次のように伝えられてきていま…

SQ636:SIN-HND ファースト(その3)

前にも書いたように、やたらよく寝られるシートでした。 ベッドの質をあまり気にする方ではないのですが、素晴らしい体験でした。 機内放送"Good Morning"で起こされたら、到着までわずか。着陸40分前ということでした。朝の準備は窓から。乗務員が全ての窓…

SQ636:SIN-HND ファースト(その2)

夜も良い時間なので、ウェルカムドリンクはChampagneで。Nocturneなんて積んでいるはずないので、何でも。 SQは、Dom Pérignon 2006とKrug Grande Cuvée Brutという「ありふれた」Champagneを2種揃えています。明らかに高価なのに、ありふれているという形…

SQ636:SIN-HND ファースト(その1)

搭乗開始時刻にラウンジを出て、よたよた歩いていたら、あっという間にファイナルコール。途中から大慌てとなりました。ゲートでは、保安検査を待つ列が完全に掃けており、すんなり搭乗。4席あるファーストクラスは満席で、他の三人はすでにお寛ぎの様子。…

T3 シルバークリスラウンジ The Private Room

自分でも驚くほどテンションが上がりませんが、日本に帰らないといけないのでChangi空港に。SomersetからMRTでアクセスしたあたりに、意気込みのなさが出ています。 出発はTerminal 3。本来使うべきチェックインカウンターは、玄関からして違います。MRTで来…

Changi空港のショッピング・レストラン案内

Changi空港が作成した空港内商業施設の案内があります。出発時のチェックイン前、到着時の税関通過後に利用できる店です。 Shop & Dine と動詞を並べています。より基本的な単語を使うと、Buy & Eat となりますが、こうすると2つの動詞が関連づけられ1つの…

ヒト・モノ・カネの流出が始まったBrexit

先週末のFT(Weekend)にネタを発見。 ロンドンを本拠地とするLCC大手のEasyJetは、ウィーンに会社を設立すると金曜日発表しました。 UKがEUの一部である限り、UKに本拠地を置く航空会社は、EU内を自由に就航出来ました。LCCにはこれが大切で、機動的に路線…

BA エグゼクティブクラブで Tier points を560稼ぐパターン

BAネタ。書くことが無くなったので、概論に戻るわけではありません。この考え方が優れているなんて書くほど、四六時中 British Airways と oneworldのことを考えているわけでもありませんし。 月並みな「効率よくポイントが稼げる」例です。 日本在住者だと…

エグゼクティブクラブ 3,500 ポイント越え

2017年上半期の搭乗状況です。Air France Flying Blueは、2019年3月までのGold会員維持を3月末に確定しました。その後はお馴染みBAのExecutive Club。今年は、BA搭乗を少し後に回したため、Tier pointsの2,500超えがBA搭乗より先。Gold会員維持を確定する…

今、世界から注目されている2社

すっかり更新をさぼっていますが、そんなことは関係なしに世の中は変化します。航空業界ではいろいろなことが起きるものだと、考えさせられるこの頃。テロで空港閉鎖だとか、火山噴火で足止めだとか、過去にもバラエティに飛んだ不都合が起きていますが、目…

QR753:DOH-KUL ビジネス(その2)

さてアメニティバッグが配られます。先のフライトと色違い。 朝なので、ウェルカムドリンクは只の水をもらいます。 窓の外からは乾燥の地。砂だらけの国土のはず。 セーフティビデオは、FCバルセロナ。最近舞台が機外にある安全のビデオが増えていますが、何…

QR852:DOH-KUL ビジネス(その1)

乗り継ぎ時間8時間となりました。ラウンジ乞食をするなら、うれしい接続。しかもビジネスクラスは、保安検査が優先レーンなので、すぐに終わります。 通過後はすぐに巨大スクリーンが現れます。意味不明の映像が続きます。 QRの乗継では、4種類のラウンジ…

QR58:MUC-DOH ビジネス(その2)

Qatar Airwaysの長距離路線では、ビジネスクラスといえども、退屈しないほどにいろいろなものがシート周りに装備されています。または配布されます。まずはアメニティバッグ。 男性用で2種の色があるようです。中身は小さすぎではない容器。。他の会社より…

QR58:MUC-DOH ビジネス(その1)

買い物するのに、バイエルン人の調子に引きずられ、時間を費やしてしまいました。しかしMünchenにいる実感がありました。 ショッピングのしわ寄せは当然、空港の滞在時間に出ます。さらに免税処理(税関、代理業者の2箇所:アラブ人、ロシア人、中国人、韓…

QR849:KUL-DOH ビジネス(その3)

機内食実際 品書きにはないナッツから始まります。温めてあります。ワインは色から全く想像付きませんが、Chablis 1er Cru。アメリカナイズされており、樽が目立つグラマーなワインでしたが、厳しく、きっぱりとした酸は感じられます。 顧客の好みに合わせつ…

QR849:KUL-DOH ビジネス(その2)

パワーアップしたワインリスト 品書きのデザインは変わっていません。 ワインは Billecart-Salmon, Brut Piper-Heidsieck, Rosé Sauvage François Martenot, Chablis 1er Cru "Les Pommiers" 2015 Matt Thomson & Harmish Clark, Saint Clair Family Estate …