バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ギリシャの航空会社の上級会員がトルコ航空を利用すると・・・(その1)

Miles & Bonusのゴールドカードが早く着きすぎたので、スターアライアンス長距離国際線の利用に間に合ってしまいました。ステータスを使えないという諦めは、ステータスを使わないというやせ我慢に変質したのですが、そのやせ我慢もチェックインの列の長さを前に霧散しました。ビジネスおよびスタアラゴールド会員のカウンターへ直行。へたれの証明です。

 

f:id:PECHEDENFER:20140430120222j:plain

トルコ航空です。トルコとギリシャは、領土のゼロサムゲームに明け暮れている宿命の敵。気を遣います。

 

もっとも成田の地上係員は日本人。そんなこと知ったことではありません。47番ゲート近くのANAのラウンジでシャワーを浴びて、搭乗することに何の気遣いもいりません。

 

さて優先搭乗で、エコノミーのキャビンに行くのは何となく格好悪いのですが、ご同輩はほとんどいませんでした。(エコに優先搭乗したのは3-4人?A330-300で搭乗率は9割ぐらいだったようですが。上級会員が少ないのか、おおらかな乗客が多いのかは定かではありません。)

 

トルコ航空は初めてなので、エコでも新鮮でした。初めての航空会社は、長距離エコが面白いと思います。苦行ですが、その価値があります。

 

f:id:PECHEDENFER:20140430120455j:plain

席は普通ですが、食は充実していました。うまい、まずいというような議論はどうでも良いとして、量は十分。12時間の飛行でのエコノミークラスのサービスは、

 

アミューズ・ブーシュ:Turkish delight

コールド・ドリンク

機内食

コールド・ドリンク

ホット・ドリンク

スナック

 

(ギャレーに2種のサンドイッチ、2種のおにぎり、後何か+non-alcoholic drinks:自由に)

 

コールド・ドリンク

朝食

ホット・ドリンク

 

と言う具合です。CAのサービスは2割多い感じです。満足度が高いと思います。

 

エコのアメニティは私の知る限りのベストです。目隠し、歯ブラシ、耳栓、リップクリームが、往路はソフト・ケース、帰路はハード・ケースに入っていました。共にペンケースになりそうです。使い捨てスリッパも配られます。

 

サービスが充実しすぎです。

 

キャビンの雰囲気はとても良く、工夫して個人旅行をしているような日本人が大勢いました。ガイドブックなどから判断して、欧州への乗り継ぎが多そうでした。

 

 トイレにもちょっとした心遣いが。

f:id:PECHEDENFER:20140430122059j:plain

ただし、機内免税品販売は無く、IFEも充実しているとは思えませんでした。

 

機内誌を見て驚いたのですが、トルコ航空の欧州、中央アジア、アフリカの路線網は、恐ろしく充実しています。世界でもっとも多くの国に就航している航空会社だとのことです。ここの顧客(Miles & Smilesの会員)になるのは悪くない話です。

 

イスタンブール空港もやる気まんまんでした。トランジットでも入国でも気分良く旅行できました。(街で出会う連中はいろいろですが...。)日本のパスポートには、arrival visaも不要です。

 

エーゲ航空も就航しています。

f:id:PECHEDENFER:20140430120306j:plain

欧州ではトルコの国家イメージは、今一つ良くないし、中東の航空会社は勢いがあるし、国策でがんばっていると言うところでしょうか。

 

イスタンブールは一級の観光地で、単なる中継地ではありません。価格、予約の取りやすさでも優れているトルコ航空。選択する理由はたくさん見つかります。

f:id:PECHEDENFER:20140430122216j:plain