読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ガルーダ・インドネシア航空 777-300ER シート体験

f:id:PECHEDENFER:20141019122016j:plain

Garuda Indonesiaの「シート体験イベント in マルキューブ」を覗いてきました。確か10月下旬にHND-DPS線、HND-CGK線に導入される777-300ERのビジネスとエコノミーのシートが体験できます。展示だけでは不十分と考えたのか、ガムランの演奏、トークショー、スタンプラリーなど盛りだくさんな内容です。

 ここは天下の丸ビル、1階ロビー。混みそうなので、イベント開始前に到着。

f:id:PECHEDENFER:20141019104342j:plain

実はGarudaの東京支店は丸の内3丁目の新東京ビル1階にあり、この近所です。主要な航空会社の東京拠点の中でも最も都心にあります。しかも「路面店」。国営会社だからか、金の使い方が違います。大使館や観光局を置くことと意識が近いのですね。

 

それはさておき、まずはエコノミークラスのシート。

f:id:PECHEDENFER:20141019105717j:plain

瞬時にインドネシアを想起させる色彩とデザインです。Garudaも際立っています。コンセントが3席に2つ、USBが全席分、設置されます。シートの間隔はこのぐらい。

f:id:PECHEDENFER:20141019110436j:plain

長距離路線用としては、狭くもなく広くもないシートピッチ(81 cm)です。3-3-3の配置ですので、横幅は比較的ゆったりしています。ただしJALのSky Suite 777よりやや狭く、これはCGKにも飛んでいるので、手ごわい相手でしょう。実際に座ってみた感想ですが、自分か隣人がよほど横に大きくない限り、両社の差は問題になりにくいと思います。東アジア、東南アジアではこれで十分です。Sky Suite 777のエコは、北米線で真価を発揮するでしょうね。幅が広い人間の密度が違います。

 

硬めのシートで、長時間の移動でも疲れにくいはずです。

 

次はフルフラットになるビジネスクラスのシート。全席通路に直接アクセスできるstaggered型の「窓側」だったので、全容をフレームに収めることはできません。

f:id:PECHEDENFER:20141019111716j:plain

三点式のシートベルトです。正面は、15インチ液晶画面と足置き。

f:id:PECHEDENFER:20141019111820j:plain

スペースは広くありませんが、十分と言ったところ。シートはエコノミーと同様、やや硬めで疲労が蓄積しにくいと思いますが、ビジネスの場合、リクライニングやフルフラットにする時間も長いので、こればかりは実際に使ってみないとわかりません。

 特徴的なのはテーブル。内壁に立てかけ固定するタイプです。

f:id:PECHEDENFER:20141019122716j:plain

大型化が進んだので、シートの裾に収納するテーブルでは、出入れに力が必要なことと、怪我をしそうなことが問題でした。このテーブルは、楽ちん、安全でしょう。

 

圧迫感を感じにくい壁の高さです。機内サービスも行いやすいのではないかと思います。プライバシー重視の名の下、棺桶に入ったような印象を与えるビジネスクラスのシートも多い中、これは好感が持てます。

f:id:PECHEDENFER:20141019113323j:plain

手前は布団毛布、クッション、アメニティです。布団の提供はビジネスクラスとしては上等です。アメニティはL'Occitane en Provence。歯ブラシのブラシの部分が巨大です。ケースは簡単に防水加工したキャンパス地とスエードで、なかなか立派なものです。

 シートも、IFEも、コントローラーはシンプルで使いやすそうです。

f:id:PECHEDENFER:20141019114426j:plain

全体として、画面の大きさや多機能を売りにする方向にならず、家具、寝具の基本性能や全体のデザインにこだわっている感じがします。木目調は平均的な安っぽさでしたが、かなり居心地がよい空間になりそうです。

 

実際の機内では、キャビンクラスにかかわらずWifiが使え、24時間までの利用で2,000円程度ということでした。HND-CGKは7時間半。移動時間と値段を考えるとうれしいサービスです。

 

f:id:PECHEDENFER:20141019120651j:plain

ガムランの生演奏も機内でやってくれると良いと思います。