読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

CX500:HKG-NRT ビジネス(その1)

Stressantな乗継ぎ。セキュリティを抜けて、出発階に登り着くと、70番搭乗ゲートは遠すぎて見えません。また戻ると思うとため息が出ます。

f:id:PECHEDENFER:20141125191423j:plain

 

ゲートごとにセキュリティ・チェックがあるシンガポールチャンギ型では、こういうことは起きません。多くの空港同様、HKGは出発客重視、それに対してSINは乗継客重視なのでした。SINはあまり好きではないのですが。

 

2時間近く待ち時間があるので、反対方向にあるThe Bridgeに。

f:id:PECHEDENFER:20141125191630j:plain

飛行機が良く見えるという、多頻度搭乗者の心理(=オタク心)を理解しているラウンジです。食べるコーナーはパンと点心が人気。香港のキャセイ・ラウンジはとにかく食べ物はあります。生産ー消費の回転が速いし、蒸気も使い放題使えるから仕方のないこととはいえ、機内食より遥かに旨い点心を出してどうするのでしょう?

f:id:PECHEDENFER:20141125192020j:plain

 

バーカウンターは背後が一面ガラス張りで昼間は大変明るく、バーらしくないのですが、夕刻には雰囲気が出るでしょう。オタク以外も納得できそうな風景が広がりそうです。Le Mondeがあったので、時間が許す限り情報を仕入れます。

f:id:PECHEDENFER:20141125192055j:plain

ホント?というぐらいの大変化がフランス国内で起きつつあるようですが、どうなるでしょうか。

 機内にもワインはふんだんにあるし、このバーに置いてあるものが特に良いわけでもないので、適当に切り上げ、出発ゲートに。

 

途中、堂々たるEmiratesのA380

f:id:PECHEDENFER:20141125192256j:plain

南アフリカ航空(SA)も見ることができます。

f:id:PECHEDENFER:20141125192314j:plain

「お父さん、南アフリカの航空会社って、珍しいわね。」などと言っている、日本人中年女性。SAなんか使わなくても、JNBへはCXで行けますね。日本からだとLHR経由のBAも等しくお勧めなどと、つい言いそうになりました。スターアライアンスの有力会社が話題になると、つい意地悪を言いたくなります。反省。

 

やっと着いたターミナルの端。私の乗ってきたoneworld塗装のA340は、休憩後上海へ向かうようです。ご苦労様です。隣がこれから搭乗する70番ゲート。

f:id:PECHEDENFER:20141125193214j:plain

久しぶりの東京/成田の文字。神々しく見えます。そう言えばJLとのコードシェア便でした。JGC会員もおはしますことでしょう。身が引き締まる思いです。

f:id:PECHEDENFER:20141125193415j:plain

ガラスの角度がつき過ぎていてうまく撮れなかったのですが、やはりお姿はおさめておかないとと、1枚写しました。

f:id:PECHEDENFER:20141125193728j:plain

搭乗開始です。さっさと乗り込みます。