バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

CX566:HKG-KIX ビジネス

ここのところビジネスクラスの搭乗が続きますが、ビジネスだからといって楽ちんとは限りません。その好例と見なされるCX566。(搭乗経験はありませんが、CX524も多分良い例。)

 

香港時間での記録は、

1:20 搭乗開始

1:40 ドアクローズ

1:58 プッシュバック

2:10 離陸

(この間が給食サービス)

3:05 消灯

(この間が睡眠可能時間)

4:30 キャビン点灯

5:06 着陸

でした。やはり中華系なので食事の時間はしっかりとってあり、キャビンは明るいのでした。

 

CXのHKG発の便のため、乗継客が多く、待合の時点で皆さん元気がありません。それで1時に搭乗、3時まで飯、1時間半から2時間の睡眠、たたき起こされて機外へ。しかもシートは、リクライニングだけのリージョナル。何の修行?という感じです。

 エコノミーの方がクルー密度が低く、足音で睡眠を妨げられないし、食事が早く終わります。ビジネスの方が厳しい旅だと思います。香港人の足音は大きい気がします。

 

この便のエコノミーは、「エコ得スペシャルウルトラ弾丸」0泊2日用の特殊運賃で使われることを思い出しました。CX566かCX524を使って日本に戻る必要があるはずです。CX566は、そういう旅の超人向けの仕様だったのでした。

 

f:id:PECHEDENFER:20150323132522j:plain

常識的な「夜」の時間に到着したHKG。昼間と異なる雰囲気があります。5時間の乗継時間。どこで時間をつぶしても大して変わりません。せっかくだから空港を散歩してThe Wingに。

f:id:PECHEDENFER:20150323132729j:plain

フランス語圏でもないのに、Le MondeとLe Figaroがいつもあります。すばらしいことです。

 

眼下には、CXのエリート路線、LHR便を待つ「元気な」乗客が。

f:id:PECHEDENFER:20150323133036j:plain

ポンド紙幣が散らかっているようなことはありません。放送で搭乗案内があると、案の定、すごい行列ができました。列が落ち着くまで、そのまま座って待つ人が少ないのですね。「列を作るのが好きな連中」とまで揶揄される所以です。イギリス人。

 

飽きてきたので、私も34番ゲートに向かいます。出国口は閉鎖されています。HKIAと言えども、出入国は24時間営業ではありません。

f:id:PECHEDENFER:20150323133529j:plain

深夜にもかかわらず、昼間と同様の人ゴミが形成されています。全体的に重心が床に近くなっています。

f:id:PECHEDENFER:20150323133728j:plain

34番ゲートにも人が大勢いますが、なぜか近隣の人たちが多く、この方々は元気。護照と大書、7つの小さい字からなる一行が入っているパスポートの持ち主たちです。

f:id:PECHEDENFER:20150323133854j:plain

A330ですから、機内は2-2-2のシート配置。満席でした。

f:id:PECHEDENFER:20150323134220j:plain

今回は夜寝ることを考え、真ん中の列。必然的に通路側。隣は香港パスポートを持つ若い女性でした。アニメをずっと見ていたので、日本観光でしょう。

 

KIXは近いですね。1,500 milesしかありません。これは睡眠時間が短いことを意味するので、決してうれしくありません。

f:id:PECHEDENFER:20150323134448j:plain

英語で挨拶してきたSPは、中村玉緒に瓜二つの日本人。名簿を見直し、謝罪してから日本語で改めて挨拶がありました。この挨拶のパターンには良く出会います。よく考えてみれば、どこか変です。

 この方、日本語をしゃべる時は、英語の時よりも周波数が500 Hzほど高くなります。声以外は、中途半端に落ち着いた雰囲気まで中村玉緒に似ています。

 

ISMも挨拶に来ました。"Mr. xxx, Nice to meet you."だけ。出不精なISMでした。

 

機内食は朝飯のようなものが出ます。

f:id:PECHEDENFER:20150323135006j:plain

framboises, bleuets(myrtilles?), fraisesにミントの葉が添えてある鉢は、気に入りました。昼間でも、のびた蕎麦を出すぐらいなら、このベリーミックス(ミックスベリー?)を出して欲しいと思います。フランスやドイツでは自生していますが、東南アジアでは貴重。ケーキはベリーソースとベリーが重なります。「食べる元気がある人は食べて」というところでしょう。人によっては、危険な夜の誘惑。

 オレンジジュースは3杯もらいました。ブドウ果汁ほどではないものの、オレンジ果汁もカロリー高めですね。

 

あまり一般的ではない、寝る前の一杯。

f:id:PECHEDENFER:20150323135437j:plain

 

本格的な眠りに落ちましたが、1時間半では絶対的に時間不足。気分も晴れません。久しぶりに来た関空の印象まで悪くなってしまいます。

f:id:PECHEDENFER:20150323135610j:plainCXは関空で夜を明かすCXの機材は2つもあるのですね。CX566は、3つ目の機材としてかわいく並んで駐機しました。

 

関空のターミナルは、今となってはやや時代遅れの感じがします。renovationが必要ですね。