バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

デルタ航空のマイルはフライングブルーに入れるのが有利?(その2)

Delta航空(DL)は、Sky○○○○という名称のサービスを数多く提供しています。

 

Sky Magazine(機内誌)

Sky Club(ラウンジ)

SkyMiles(マイレージプログラム)

SkyBonus(法人向けサービス)

 

と言う具合です。

 さらに DLがAir France(AF)などと創設した航空連合は、SkyTeam。そこで統合された優先サービスはSky Priority。DLの命名法を踏襲しています。SkyTeam内での勢力を象徴するような事実です。

 Atlantaの顧客にしてみれば、SkyTeam、Sky PriorityはDLのサービスの国際版に見えるでしょう。Atlanta-centrismと言うべきか、コカコーラ帝国主義と言うべきかよくわかりませんが、顧客がそういう世界観を持つことは、DLにとって好都合です。SkyMilesを見捨て、SkyTeam内の他のFFPへ移ることを防ぐでしょう。

 しかし90,000,000人以上いる会員のうち、70,000,000人がアジアに住んでいるそうですから、それほど単純な話ではありません。航空券収入の大部分はアメリカ在住会員で、そこをコントロールできれば「株主が黙る」というのが、案外当たっているのかもしれません。

 利用してみると、DLはとても優れていると思います。ただ北米をうろうろすることが多いのでなければ、SkyMiles会員である必要はありません。アジアの客としては、提携会社のFFPで十分なわけです。

f:id:PECHEDENFER:20150423132009j:plain

そういうわけで、Flying Blueを立てて比較です。

 

(3) SkyMiles vs. Flying Blue:マイル加算の実例

DLが強いNaritaーAtlanta往復から調べます。この路線を運航するのはDLだけです。9月の適当な日を指定すると、予約クラスTでは、94,140 JPY(785 USD)という料金が見つかりました。この場合、Flying Blue(FB)とSkyMiles(SM)で加算されるマイルは以下の通り。

NRT-ATL (T)

FB:      Ivory 3,425;   Silver 5,138;   Gold 5,993;   Platinum 6,850

SM: General 3,975;  Silver 5,495;   Gold 6,280;   Platinum 7,065;   Diamond 8,635

FBでは25 %の加算率です。会員種別により程度の差がありますが、拮抗という評価になると思います。同じ便を予約クラスLで購入すると、126,140 JPY(1,051 USD)で、マイルの方は

NRT-ATL (L)

FB:      Ivory 6,850;   Silver 10,276;   Gold 11,986;   Platinum 13,700

SM: General 5,255;  Silver   7,357;   Gold   8,408;   Platinum   9,459;   Diamond 11,561

FBでは50 %加算で、マイルは2倍になりました。TとLでは航空券価格の違いは2倍にはならないので、FBがかなり有利になります。さらに予約クラスHでは、170,140 JPY(1,418 USD)とお高くなりますが、

NRT-ATL (H)

FB:      Ivory 10,275;   Silver 15,414;   Gold 17,973;   Platinum 20,550

SM: General  7,090;   Silver   9,926;   Gold 11,344;   Platinum 12,762;   Diamond 15,598

と差が広がります。FBで75%加算ですならね。ところがビジネス割引運賃(予約クラスD)は、価格が強気の626,140 JPY(5,218 USD)。これだけ高いとSMは息を吹き返します。

NRT-ATL (D)

FB:       Ivory 20,550;   Silver 30,828;   Gold 35,946;   Platinum 41,100

SM: General 26,090;   Silver 36,526;   Gold 41,744;   Platinum 57,398; Diamond 57,398

FBでの加算率は150 %ですが、さすがにここまで航空券が高いとSMが優勢です。

 

競合相手の多いNaritaーNew Yorkでは、航空券はこんなに高くなりません。同じ時期のビジネス(予約クラスZ)でも、381,140 JPY(3,176 USD)。SMはやや分が悪くなります。

NRT-JFK (Z)

FB:       Ivory 16,862;   Silver 25,293;   Gold 29,508;   Platinum 33,724

SM: General 15,880;   Silver 22,232;   Gold 25,408;   Platinum 28,584; Diamond 34,936

FBでの加算率は150 %です。

 

さらに国内線になる大陸横断便ファーストクラスを調べてみます。Seattle-Atlanta往復、Pクラスでは1,248 USDという料金が見つかりました。この場合、FBでは200 %加算になります。

SEA-ATL (P)

FB:       Ivory 8,728;   Silver 13,092;   Gold 15,274;   Platinum 17,456

SM: General 6,240;   Silver   8,736;   Gold   9,984;   Platinum 11,232; Diamond 13,728

SeattleもAtlantaもDLの巣、強気な値付けだろうと思ったのですが、そうでもありません。その結果、FBが有利になります。

 

日本の人気路線、NaritaーHonolulu便。予約クラスU、87,140 JPY(726 USD)という航空券がありました。この場合、FBでは25%という加算率です。

NRT-HNL (U)

FB:       Ivory 1,909;   Silver 2,864;   Gold 3,340;   Platinum 3,818

SM: General 3,630;   Silver 5,082;   Gold 5,808;   Platinum 6,534; Diamond 7,986

距離も大したことないので、FBでは搭乗記念ぐらいのマイルしか得られません。調べた中では、この場合がもっともSM有利でした。(註1)

 この路線はビジネスクラスがそんなに高くありません。予約クラスがDだと、状況が逆転まで変わります。価格は262,140 JPY(2,185 USD)。

NRT-HNL (D)

FB:       Ivory 11,457;   Silver 17,185;   Gold 20,049;   Platinum 22,914

SM: General 10,925;   Silver 15,295;   Gold 17,480;   Platinum 19,665; Diamond 24,035

FBでは150 %加算です。

 エコノミーが高く、ビジネスが安いのはレジャー路線の特徴。レジャー路線では、エコノミーだとSM、ビジネスだとFBは法則としましょう。

(註1)もしMille Migliaにマイルを入れるとFBの倍ですから、SMには勝ち目がありません。(後述)

 

南米は北米経由、欧州経由、中東経由のどの経路でもそれほど距離が変わりません。就航路線が多い都市だと、距離の割りに航空券が安くなります。FB有利は明らかですが、どこまで差が広がるか見てみます。NaritaーRio de Janeiroですが、DLだとNRT-JFK-ATL-GIGという経路が普通に提案されます。予約クラスHで調べてみると、247,070 JPY(2,059 USD)などとなります。

NRT-JFK-ATL-GIG (H)

FB:       Ivory 18,361;   Silver 27,542;   Gold 32,132;   Platinum 36,723

SM: General 10,295;   Silver 14,413;   Gold 16,472;   Platinum 18,531; Diamond 22,649

FBでは75%のマイル加算率ですが、SMの2倍近いマイルが貯まります。

 ビジネスクラスと国内ファーストの利用だと、予約クラスI, P, Iという組合せになり、982,070 JPY(8,184 USD)という運賃になります。割引エコノミーの4倍(格安エコノミーの5倍)の料金になるので、かなり高い路線になります。

NRT-JFK-ATL-GIG (I, P, I)

FB:       Ivory 37,483;  Silver 56,224;  Gold 65,595;  Platinum 74,966

SM: General 40,920;  Silver 57,288;  Gold 65,472;  Platinum 73,656;  Diamond 90,024?

それでもFBとSMは拮抗します。Diamond Medallion会員でこんな大きなマイルが加算されるかどうかわかりません。

 

(4) まとめ

航空券が非常に高い場合や、人気のある路線の格安エコノミーを除くと、Flying Blueが有利なのでした。

f:id:PECHEDENFER:20150423132233j:plain

 

ちなみにAlitalia のMille Migliaだと、Flying Blueで25%加算のところでも50%加算されます。したがって、エコノミークラスを利用する限り、SkyMilesの方が有利になることはないでしょう。またマイルを使う場合でもMille Migliaは、SkyMilesはおろか、Flying Blueに比べても有利です。Alitaliaはこの2社に比べると路線網に難があるのですが、日本には例外的に就航しています。Mille Migliaは、SkyTeamで最強のFFPかもしれません。個人的には、イタリア語がわからないこと、マイルに期限があること、欧州内での航空券がやや高いことから、Flying Blueの代わりにMille Migliaという選択はありませんが、SkyMilesとの二択なら、断然Mille Migliaになっているでしょう。