バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

FBゴールド会員、プラチナ会員の特典:Les Cars Air France(空港連絡バス)3号線無料

パリ3空港のうち、Charles-de-Galle(CDG)とOrly(ORY)では、空港アクセスの需要が大きいことは容易に想像がつきます。なんと言ってもパリの玄関口。フランス人にとっては、国の政治、経済、文化全てが集中する都市ですし、外国人にとっては欧州を代表する一大観光地です。

 空港アクセスの方法もいろいろありますが、AFも賢く(?)Les Cars Air Franceという名称でシャトルを運航しています。これは4路線からなり、

Ligne 1:ORYとChamps-Elysées, Etoile間(Montparnasse駅, Invalides経由)12,50 EUR

Ligne 2:CDGとChamps-Elysées, Etoile間(Porte Maillot経由)17,00 EUR

Ligne 3:CDGとORY間 21,00 EUR

Ligne 4:CDGとMontparnasse駅間(Lyon駅経由)17,50 EUR

です。大人片道の値段も示しました。少し高めなのですが、場所によっては大変便利なので、十分価値があります。

ちなみに、Ligne 1のORY行きはパノラマバスのようなものです。Parisの著名な建築物を幾つも眺めることが出来ます。車内の荷物置き場のすぐ後ろの席が眺めが良くてお勧めです。

 

ところで、Air FranceのマイレージプログラムFlying BlueのGold会員、Platinum会員の特典に、

CDGとORY間の無料移動

というものがあります。これは前から気になっていました。料金が21 EUR(3,000円弱)かかるところが無料なのですから、移動の必要がある人には大きな特典です。

 

ということで、ORYからCDGまで使ってみました。

f:id:PECHEDENFER:20150507115842j:plain

結論から言うと、予想通りでした。予想と言うのは、

・この特典を利用する者はほとんどいない

・そのため係員もこの特典を知らない

・この移動と関連付けられる航空券などの条件はない

ということです。Flying Blue Gold会員の特典のページを印刷して臨みました。

 

Air FranceのLes Carsの乗車券の販売機の周りには係員が控えていることが多く、案内を見ていると、声をかけてきます。RATPの連絡バス(RoissyBus, OrlyBus)に比べて、料金が高いのでこうした人海戦術は欠かせません。今回も声をかけられたので、これ幸いにと、特典をどう使うか持ちかけてみました。すると何のことを言っているのかさっぱり理解できない様子です。いちいち最初から順序だてて説明したら、運転手に聞いてくれと言われ、直接バスに向かいます。それでも次のバスの発車時刻は教えてくれる親切さ。

f:id:PECHEDENFER:20150507115935j:plain

写真はORYではなく、CDGの乗車券販売機。

 

乗場に直行し、到着したバスの運転手に会員カードを見せて、特典利用したいと言ってもやはり知りません。ただシャトルサービスには様々なクーポンがあるはずで、運転手は「全てのことを知っているわけではない」ことをよく認識しているようでした。すぐに電話でしかるべきところに問い合わせてくれました。

 すぐにOK。特殊チケットを切ってくれました。

 

システムとしては、会員カードを運転手に見せるだけ。航空券の有無などの条件もありません。ただし、現場ではこの特典のことを誰も知りません。

f:id:PECHEDENFER:20150507115905j:plain

思うに2つ理由があります。ひとつ目はGold会員、Platinum会員がParisに集中していることです。Parisの住民なら、ORYとCDGで同日乗継するにしても自宅を経由するでしょう。この特典は空港間の連絡にしか使えないので、この場合は利用しようがありません。

 

ふたつ目は、遠くに住む者の場合、ORYとCDGを乗継ぐという旅程を組む可能性が低いことです。Paris経由を止めれば、中途半端な陸路を入れる必要がなくなることがほとんどです。またORY-CDGなどという乗継がある場合、ついでにParisに寄ろうとする人がほとんどです。

 

誰も使わない特典だろうと思っていたのですが、その通りだったようです。

ちなみにチケットにはClub2000と印刷されていました。これはAFが行っている実態がはっきりしないVIP向けサービスです。

 

Périphériqueが渋滞していなければ、30分ほどで到着。これは便利です。

 

実際に特典を利用する時は、絶対に会員カードは必要です。また自分の会員レベルの特典一覧を印刷して持っていった方が無難です。

 

うがった見方をすれば、すばらしく見えるけれど、実際に使う人は少ないという供給側にとって都合の良い特典なのでした。それゆえ、もし利用可能なら価値が高い特典になります。