バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

JL752:HAN-NRT エコノミー

Noi Bai空港国際ターミナル。ゲートは32番。セキュリティ前のゲートは30番なので、大変よい場所です。ちなみにラウンジは30番と31番ゲートの間で、通路を隔てた側にあります。セキュリティとゲートの間で寄り道します。

JAL国際線 - ノイバイ国際空港 (空港情報)

JALのサイトでは、JALは32番ゲートを標準で利用するような案内ですが、まずは良い場所を占めています。

f:id:PECHEDENFER:20150906145358j:plain

これはVNとの共同運航便。SkyTeamは日本に加盟航空会社がないため、各社JALANAコードシェアを広げています。

f:id:PECHEDENFER:20150906141603j:plain

出発が0:05で、23:35が搭乗開始。しかし23:55には扉を閉じて、0:02には動き始めます。今回は搭乗率90%以上だと思いますが、あっという間に搭乗が済んでしまいます。JALの定時性が高いのは、多分に顧客のおかげです。

 

f:id:PECHEDENFER:20150906145829j:plain

非常口席。隣はJAL Emeraldの方でした。ちなみに逆側の非常口席も2つとも占められていたので、エコノミー利用のow Emeraldは最低4人いたということでしょう。

 

Sky Widerですが、SS6ではワイドなのは前後だけ。

f:id:PECHEDENFER:20150906150045j:plain

ジャンプシートの上部ですが、かなり無骨なものが目に入ります。見栄えを犠牲にして、保安設備が目に付くように収納。これには好感が持てます。

f:id:PECHEDENFER:20150906150238j:plain

 

この便はドリンクサービスの後、消灯です。0:55に真っ暗になりました。出発の案内にもちゃんと書いてありました。空港で食事をしてから搭乗しろということですね。

 

トイレには使い捨ての歯ブラシがあります。

f:id:PECHEDENFER:20150906150627j:plain

 

昼間炎天下をずいぶん歩いたせいで、よく眠れませんでした。3:10(日本時間5:10)にはキャビンが明るくなります。窓の外では、空の底が少し青白くなる頃合です。

 それで朝食。トマトソースのパスタを選択しました。

f:id:PECHEDENFER:20150906150849j:plain

が、これはパスタではありません。米です。JALにしては大らかなことをやっています。ヨーグルトはベトナム製でしょうか。

 

半分ぐらいの上客は寝ています。そのためかサービスのワゴンはすぐ戻ってきます。

f:id:PECHEDENFER:20150906151157j:plain

だんだん夜が明けます。

f:id:PECHEDENFER:20150906151208j:plain

日本時間の6:02には機長から放送案内。

f:id:PECHEDENFER:20150906151220j:plain

7:05には着陸、ゲートに着いたのは7:15。予定より15分も早い到着でした。早く着くことは歓迎です。成田空港では朝のこの時間帯は空いているので、早く着くことが良くあります。

 

週末滞在なので、帰着にはあまり感慨がありません。ベトナムは物価が安いので、航空券が5万円でも、全体の費用は国内旅行並み。前回の滞在から30日以上空ければビザも不要だし、もっと気軽に行っても良いところです。ハノイは。

 

今回のフライト、1週間後にBA Executive Clubのアカウントに加算がありました。JALの格安エコノミーは通常で飛行距離の50%が加算されます。したがって片道1,158 avios。加えてGold会員のavios bonus 100%の2,316 aviosが加わります。合計で往復6,948 aviosになりました。7,000 aviosをもし購入すると26,000JPYほどになります!一方 tier pointsは、35x2=70 ptsでした。JALのこの運賃は一連の改悪の影響を受けていません。ow他社だと最も安い料金の2,300 milesのフライトでは、0 ptsか20 ptsです。昨今のFFPの状況を考えると、申し訳ないほど頂いています。