バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ブランド旅行用品(2)

Air Franceが自社ブランドの商品開発、販売で頑張っているのはお国柄と言えますが、他にも目を見張る航空会社があります。ご想像の通り、Lufthansaです。ここの商品は購入しやすいのか、日本でも利用している人を時々見かけます。日本では販売されていないことを考えると、びっくりするほど多いのでした。

 

Lufthansaの物品販売(およびMiles&Moreの景品リスト)には、WorldShopという名称が付けられていますが、ウェブサイトはさしずめヨロズ屋と言ったところ。独英仏伊に加え、ポーランド語で利用できます。

f:id:PECHEDENFER:20150913142219j:plain

URLは共通しているので、気に入らない言語が表示されたら、最上部の言語選択の欄で変更します。

https://www.worldshop.eu/home?5

 

さて、Lufthansaブランドを探すのが目的です。左側のMarkenをクリックすると筆頭にLufthansaが表示されるので、それをまたクリックします。するとLufthansaブランドの全商品が現れる仕組みとなっています。178アイテムもあるので、さらに絞込み条件が示されます。

f:id:PECHEDENFER:20150913142339j:plain

それは、

新製品のみ

セール品のみ

機内手荷物のサイズまでの品のみ

空港のゲートで受取れる品のみ

空港のショップで受取れる品のみ

の5つです。

 

そうです。Lufthansa World Shopの実店舗は空港にあるのでした。そのリストも簡単に捜すことができます。

Frankfurt Terminal 1, Halle A, 出発

Frankfurt Terminal 1, Halle B, 出発

München Terminal 2, Bコーナー

München Terminal 2, Bコーナー, 保安検査後

Düsseldorf Terminal Ring 1

Berlin-Tegel Haupthalle

Hamburg Terminal 2, 出発コーナー

さらにアウトレットショップもあります。

Lufthansa WorldShop Outlet Herford
Röntgenstraße 17
D-32052 Herford

アウトレットはHerfordの駅(Hannover空港から1-2時間)から9 kmなので、利用はそれほど難しくありません。しかし、空港のWorldShopの方が圧倒的に便利です。

 事前注文して、空港で受取るというパターンは、旅行者にとって最も楽チンな買い方。カタログやオンラインショップで、GateあるいはShopのアイコンがある製品が対象です。以下はKundenserviceの中にあるAirport Deliveryのページ。

f:id:PECHEDENFER:20150913144230j:plain

独語も時代と共に変化しますね。Kundendienstではなく、Kundenserviceですから。Airport Deliveryなんて完全英語。

 

出発便がFRAかMUC行き、出発の30日前から4日前までの間に注文します。最終目的地が、FRAかMUCの場合はWorldShopで受け取れますが、もし接続便がある場合は出発ゲートで受け取ります。後者の場合、19.95 EURまたは5,300 milesの手数料が必要です。商品の受取りには、身分証明書と注文票が必要です。

 なおこのページには説明ビデオがありました。残念ながら独語版と英語版だけです。

 

WorldShopは空港の出発側にありますが、出発する空港で受け取るわけではありません。

 

店で商品を購入して、配送することも可能ですが、配送地はヨーロッパ内の国々に限られます。Norwayなどもダメです。ということで、日本への配送は困難なようです。

 

立派なカタログがあり、空港店で入手できますが、郵送をお願いしたりPDFファイルをダウンロードすることもできます。

Lufthansa WorldShop

 

結局、ドイツに行かないと購入はできません。しかし買い物のプロセスは、Air France Shoppingより簡単です。

 

よく見かけるのは、RimowaのスーツケースLHバージョン。Lufthansaの鶴マークが入ります。

f:id:PECHEDENFER:20150913151047j:plain

サイズは確か3-4種類。素材は2種、色はいくつかあり、2輪と4輪がありますが、組合せが決まっています。ともかく人気があるのでしょう。Rimowaの製品はそもそも有る程度の価格がします。廉価なスーツケースも販売されています。

 

次に見かけることが多いのは、Rucksackです。下記製品は、配色までLufthansaです。

f:id:PECHEDENFER:20150913153149j:plain

が、私はこっちの方がLHの色彩を感じます。

f:id:PECHEDENFER:20150913152057j:plain

これは39 EUR。見ていたら欲しくなりました。

 

鞄とスーツケースの種類は膨大です。それ以外は、

腕時計、タオル、財布、チケット入れ

などが主な商品ですが、

飛行機模型、テディベア

の定番品の他、

ミューズリーボウル、世界地図

などという首をひねるようなLufthansa商品もあります。

f:id:PECHEDENFER:20150913152923j:plain

WorldShopのLufthansaブランドは、商品のカテゴリーが少なく、種類が豊富です。

 

Lufthansaブランドを離れてみると、WorldShopはワインから掃除機、椅子から乗用車まで扱っています。乗用車はBMW i3で、45,740 EUR。Miles & Moreの11,000,000 milesとも交換できます。これはSenatorを110年続けられるという途方もないマイルなのでした。