バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

AF1187:LJU-CDG ビジネス(空港)

Air Franceは、Paris-Ljubljana(リュブリャナ)便を毎日1便しか持っていません。それがLjubljana空港唯一のパリ定期便。Sloveniaの首都ですが、不思議なぐらい人の交流がありません。

 市内から空港はすぐです。距離がそれほど大きくない上、道が空いています。自動車の数に対して恵まれた道路整備は、EUのおかげでしょう。ちなみにTAXIはドイツ並みにMercedes、BMWばかり。料金もドイツ並み。

 生気が無い運転手でしたが、巡航速度150 kmのBMW X5。ドイツ車は道が空いていると水を得た魚。大変快適な移動でした。

 

本当に小さなターミナル。出発ホールへの入口はここだけです。

f:id:PECHEDENFER:20150920231550j:plain

3つに分別収集しているゴミ箱が並び、両側に自動ドア。親しみやすいというか、公民館の入口のようです。入ると出発ホールの中央付近。正面に近々出発する便のチェックインカウンターの位置が示されています。

f:id:PECHEDENFER:20150920231931j:plain

これは親切心から。この掲示はなくてもホールをぐるりと見渡せば、全部の窓口が見渡せます。13しかありません。10:15がチェックイン開始。早く着いても、時間をつぶす施設がありません。

 

この掲示の向こう側、つまり建物中央奥はレストランへの入口です。

f:id:PECHEDENFER:20150920232226j:plain

通路は外につながっていますが、滑走路がある制限区域です。そこを通過できるのはクルーや空港職員だけ。レストランの入口は通路左手、トイレの入口を通過した後にあります。

 

レストラン入り口通路の上壁には、到着便と出発便の掲示板があります。

f:id:PECHEDENFER:20150920232517j:plain

旅客ターミナルはひとつしか無いので、この空港の発着全便がここに表示されます。たいした数ではありません。この下には、航空券販売窓口が並びます。チェックインカウンターは建物入口側です。空港に到着した人は、ホールを横切り、航空券を購入し、180度回転してチェックインカウンターへ戻り、ホール両サイドのセキュリティに向かいます。

 

この空港で一番大きな顔をしているのは、Adria Airways。保有機材11と小さな航空会社ですが、Star Allianceに加盟しています。Croatia Airlinesと同時加盟ですが、共に地域輸送が中心のナショナルフラッグキャリアマイレージプログラムはMiles & More。おそらくはLHの後ろ盾のおかげで発展している点など、2社はよく似ています。似た者同士で隣国。OUとJPは協力関係にあるのか、競争関係にあるのか、はたまたライバル意識があるのかどうかまではわかりません。

f:id:PECHEDENFER:20150920233257j:plain

天井には大きな飛行機の模型が。

f:id:PECHEDENFER:20150920233352j:plain

 

AFのパリ便も時間通りにチェックインが始まりますが、すでに列ができています。10分ほどするとSky Priorityのカウンターが開いたので、そちらでさっさとチェックインを済ませてしまいます。

 大陸からお越しの中国人個人旅行客が8人ほど私の後に並びます。ここはAir Franceの列かと尋ねられました。こんなところにも個人旅行客がいるとは、強烈な旅行熱+膨大な人民の数です。

彼らは人を捕まえてモノを訊く時、「好」と声をかけますね。これは悪くありません。

 

滑走路の方を向いて、右が出国審査なし、左がありの入口です。セキュリティにも優先レーンがありましたが、混んでいないので機能していません。

 

セキュリティ後、まっすぐ進むとゲートが並ぶ待合ホール(gates 3-8)。左は免税店。到着ホールにある店と構造がほとんど同じで、置いてある品もほとんど同じ。ラウンジはレジのすぐ後にありますが、免税店は完全にスキップできます。ホール(gates 9-13)は上階にもあります。

 

チェックインの時「小さなラウンジですが、使ってください」と言われたとおり、ごくごく小さいラウンジ。利用者が少ないので、問題ありません。

f:id:PECHEDENFER:20150920234946j:plain

インテリアのデザインは考えた感じがするものの、家具自体は安物。Wifiは良好とは言いかねます。

f:id:PECHEDENFER:20150920235243j:plain

アメリカンサイズのcroissant。このサイズだと、どこにバターを使ったのかわからないような代物が多いのですが、ここでも例外ではありません。手前はStrudelです。私の知っているものと微妙に違います。カプチーノのミルクが良かったのでした。

f:id:PECHEDENFER:20150920235742j:plain

他にサラダやフルーツもあります。朝食を取るには十分です。

f:id:PECHEDENFER:20150920235722j:plain

Sloveniaのワインが赤と白、1種ずつおいてありました。赤のラベルに魅かれ、朝から味見。ラベルはスロベニア語なので、印象で勝負!

f:id:PECHEDENFER:20150920235901j:plain

品種はLembergerに違いありません。たぶんModra Frankinja=Blaufränkischでしょう。酸が非常に強力、それに釣合うタンニンがあります。アロマは地味ですが、すっきり出ていて、ボディは貧弱。印象深いワインです。現在主流である果実とアルコールの膨らみを強調するつくりとは、真逆のつくり。この品種の素朴さと力強さが味わえます。高品質と見なされることはないでしょうから、値段が高いはずありません。免税店に戻って探してみたのですが、残念ながらありません。こういうところが、まだまだ資本主義を理解していないというか、甘いと思います。

 スロベニアは歴史が長いワイン産地ですが、流通網の発展が決定的に遅れており、新世界のワインですら世界市場を形成している現在において、アジアの新興国のワインとあまり変わりません。売り方も少し考えた方が良いと思います。

 白は試していません。

 

落胆の末、免税店を出て、ゲートがある2階に上ると、当然Adria Airwaysが目に飛び込みます。空港の周りの植樹もしっかりしてます。

f:id:PECHEDENFER:20150921001015j:plain

2階の待合ホールでは、こんなコーヒースタンドも。

f:id:PECHEDENFER:20150921001151j:plain

1991年にユーゴスラビアから独立、2004年にEU加盟。2007年にEuroを導入。社会主義国家の残した良い点はそのまま生かし、資本主義へ転換するという理想の下、かなり頑張ってきた気がします。この国は。

 

Lembergerが気になって仕方ないので、代用品を後日ワインショップで探し出し、購入。

f:id:PECHEDENFER:20150922142656j:plain

もちろん代用品と言っては失礼で、評判が良いPfalzの生産者の手によるものです。中身は(残念ながら、)バランスが良く、今日受けするスタイルでした。アルコールも14%。売れるワインを造るのはプロとしては当然ですが、このマイナー品種で成功したBurgenlandなどのスタイルをお手本にすることはないと思います。グローバル化の悪しき副作用です。