バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

2016年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP(その2)

(4) マイルの加算率

スターアライアンス・ゴールドの維持では、

A3: エーゲ航空、Miles+Bonus

TK:トルコ航空、Miles and Smiles

OZ:アシアナ航空、Asiana Club

MS:エジブト航空、Egyptair Plus

で、難易度に少し差があるものの、状況によって変わる程度でした。したがって、マイルの積算率も見てみる必要があります。そこで日本在住者がよく使いそうなスターアライアンス加盟会社のマイルの積算率を一覧にして見ました。ANAマイレージプログラムでの率もあわせて示してあります。

 なお赤字は昨年から積算率が下がった予約クラスです。青字は逆に昨年から上がっています。

 

ANA

f:id:PECHEDENFER:20151108163107j:plain

国際線です。安い航空券では大差ないものの、エコノミーで中ぐらい予約レベル(U, H, Q, V, W, S)ではA3が圧倒的に有利になります。またビジネスクラス、ファーストクラスでもA3は相当大きな加算率です。日本在住の方がANAを使う場合、いろいろな都合で高めの航空券を利用する場合もあるので、こういう点は見逃せません。

 欧州までビジネスクラスで飛ぶと、ほぼ24,000 miles加算され、それだけでA3*Gが更新できてしまいます。他のプログラムではこうした即席更新はファーストです。

 

アシアナ航空

f:id:PECHEDENFER:20151108164239j:plain

OZで積算率有利なのは当然ですが、ファーストではA3, TK, MSが有利になります。ただしどの予約クラスでも、他の航空会社の利用と比べて、それほどマイルが貯まりません。容易にスターアライアンス・ゴールドの更新するという点では、それほど興味深い会社ではありません。

 

エバー航空

f:id:PECHEDENFER:20151108164605j:plain

予約クラスTではA3が際立って不利ですが、それを除くとあまり積算率に違いがありません。他の航空会社の利用と比べると、エバー航空の利用ではあまりマイルが貯まりません。アシアナと同様、ここでは興味深い会社とは言えません。

 

SAS

f:id:PECHEDENFER:20151108164903j:plain

格安エコノミーでは、A3とMSが圧勝。A3ではさらにビジネスとプレミアムエコノミーで200%積算されます。SKのプレミアムエコノミーで成田-CPH-南欧を往復すると、A3では大体24,000 milesになり、一発更新できます。料金は格安エコノミーの2倍程度。たぶん20万円ぐらいで済みます。

 MSではSKの格安エコノミーの欧州1往復に各社の格安エコノミーによるアジア1往復を加えれば、更新できそうです。

 

シンガポール航空

f:id:PECHEDENFER:20151108170056j:plain

予約クラスW, LでのMSの75%が気になりますが、格安エコノミーでも概ね100%積算されます。欧州1往復の実距離がだいたい20,000 milesなので、A3*G、TK*G、OZ*G、MS*Gのどれでも、年間1往復で更新できます。東京-シンガポール往復だと、実距離が6,650 milesしかないので、3-4回往復する必要があります。

 スィートを利用するならMSが、ファーストクラスを利用するならTK, MSが有利です。

 

・タイ航空

f:id:PECHEDENFER:20151108171123j:plain

A3, TK, OZ, MS全てのプログラムで、格安エコノミー利用が100%積算になります。タイ航空の場合、ウェブサイトで購入しても予約クラスが示され、一番安い運賃のV, Wはマイル加算がない予約クラスと、その上が通常Q, Hとわかりやすいのも特長です。

 QやHの利用で、東京-バンコク往復が5,700 miles、バンコク経由オスロ往復で16,500 milesというマイルが獲得できます。スターアライアンス・ゴールドの更新がやりやすい会社です。

 A3では、ビジネスクラスを利用すると200%、ファーストクラスを利用すると300%積算されますが、格安エコノミーの2倍、3倍ぐらいの料金出ていることが多く、短い距離、短い時間で更新がしたければ、積極的に利用を考えても良いと思います。タイ航空もそちらの方がうれしいし...。

 

トルコ航空

f:id:PECHEDENFER:20151108170751j:plain

実際利用すると、Qあたりの予約クラスになることも多く、そうするとTKで積算されるマイルが大きくなります。また下記ご指摘を頂きましたが、TKのElite会員ですと、予約クラスC, D, K, J, U, O, Aの搭乗で、25%のマイルボーナスが積算され、これは会員資格の獲得、継続に算入される資格マイルです。TK以外ではあまり積算率の良い会社ではありません。

 

ユナイテッド航空

f:id:PECHEDENFER:20151108172305j:plain

今年になって改悪がありました。それまでは格安エコノミーの利用でも、TKとOZには100%マイルが付いたのですが、そんな甘い話はなくなりました。残念です。今やスターアライアンス・ゴールドの更新という点では、あまり興味が持てない会社です。

 

以上、まとめると、

 

・A3の積算率は、一般的に良好。さらにANA, スカンジナビア航空、タイ航空の利用では、上位のキャビンでの利用で積算率が非常に高いと言えます。

 

・格安エコノミーの利用でマイルを貯めやすいのは、シンガポール航空、タイ航空。

 

・A3, MSに限っては、SASの格安エコノミーでも100%貯まります。

 

積算率まで考えると、A3*Gの更新が一番簡単と言ってよいと思います。次点がMS*Gです。

f:id:PECHEDENFER:20151108181417j:plain