バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

SPGのいつものキャンペーン

またSPGがらみですが、Starpointsの販売割引が開始されたようです。メールで連絡が届きました。これは年中行事ですね。

f:id:PECHEDENFER:20151118115648j:plain

12月31日まで、購入したStarpointsに応じて割引が受けられます。最大20,000 ptsで、25%の割引。この辺の特徴はいつもと同じ。このセール、AeroplanのConversion Bonusの期間に合わせて行われるのが通例ですが、今回もメールが届いたのが1日違いとまさに典型的なパターン。前回は相当期間にズレがあったので、本来の形(?)に戻りました。

 

Aeroplanは新制度になる直前。SPGもMarriottとの合併による制度変更が予想されますが、とりあえず平常を装っているように見えます。Aeroplanの変更は破壊的なので、最後のチャンスでしょう。

 

以下はおさらい。

 

Aeroplanでは12月15日以降の予約で日本からタイ、シンガポールなどの東南アジアの往復航空券に交換できるマイルが

ビジネスクラス 30,000 miles から80,000 milesに

ファーストクラス 50,000 milesから130,000 milesに

それぞれ変更されます。

 

SPGの20,000 ptsは、航空会社FFPに変換すると25,000 milesになります。Aeroplanは現在Conversion Bonusのキャンペーン中なので、これに4,000 + 1,000 milesが加わり、合計30,000 milesになります。ここで必要な費用は、

20,000 x 0.035 x (1- 0.25) = 525 USD

になるはずです。

 Aeroplanでは無料航空券を予約する際、不足マイルを全体の50%まで購入することができます。価格は現在1,000 milesにつき30 CADだったと思います。したがって予約が取れればシンガポール、タイなどへの無料航空券が

ビジネスクラス:525 USD ~ 65,000 JPY

ファーストクラス:525 USD + 600 CAD ~ 120,000 JPY

で手に入ります。これに税金とサーチャージがかかります。TGなどでは普通に航空券を購入する場合の4~6割程度になりそうです。

 

制度変更前の駆込み発券が多いでしょうから、予約は大変かもしれません。

 

12月15日以降の予約では、SPGのキャンペーンとAeroplanのキャンペーンをフルに活用しても、無料航空券の方が高くなるでしょう。なおStarpointsは1年間に20,000 ptsまでしか購入できません。この意味でも上に書いたような間接的な買い方は、難しくなります。他口座との合算は、年間20,000 ptsまで可能です。

 

Aeroplanでも12月15日以降、無料航空券の片道発券が可能になり、これは結構使えそうなのですが、SPG→Aeroplanのポイント転がしが騒がれることはなくなりますね。

 

さらにSPGのプログラムがMarriott Rewards並みに

・現在のプラチナ会員の資格基準の厳格化(たとえば25滞在→50泊)

・アメックスと提携の中止あるいは、カード会員の特典の削減

をすれば、SPGの会員である理由を見つけるのが難しくなります。しかしこれは悲観的な予想とは言えません。今までが良すぎました。