バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

連続と不連続

至るところ不連続、積分するとゼロというDirichlet函数のような人生を送っている私、Pechedenferですが、年末には一年を振り返り、来年を展望したりします。Pechedenferは積分できない(註)ので、連続性は気になりません。

(註)これはPechedenferが可測かどうかという話ではなく、積分が苦手だという意味です。日本語の助詞は特に口語体の時、複雑です。

 

真面目な話、世の中は不連続で満ちています。過去を根拠とした未来予想は微分可能が前提。そもそも無理なことをやっています。各種経済予想は不連続性を無視しているので、当たらないのがその本質。あくまでもビジネス小説のような感覚で付き合った方が良いのではないでしょうか。

 

話が最初から脱線していますが、連続性でした。体(たい)や集合の話ではなく、事業や営業の話です。

 

Accorhotelsが、Raffles-Fairmont-Swissôtelを買収するというニュースを先日取り上げましたが、Swissôtelは、今は無きSwissair(とNestlé)が1980年に創業した高級ホテルチェーンです。Wikipediaでは、"pitched at the higher end of the hotel market."と紹介されています。Swissairは、経営が傾いたSabena航空を救済、一緒にQualiflyerグループを立ち上げ、高級路線で差別化をはかった伝説の航空会社です。911のテロによる旅客減少のあおりを食らって、あえなく倒産。2002年に消滅しています。Qualiflyerグループも消滅。Swissôtelも売りに出されました。

 Qualiflyerは一部のサービスを継続しています。ウェブ上にサイトが生きています。まがりなりにも連続性を持たせる動機が、信用なのか、未練なのか判断に迷いますが、単純に怪しげにも見えます。

f:id:PECHEDENFER:20151213160047j:plain

Qualiflyerの構成会社のうちいくつかは、その後Star Allianceに加盟したことががわかります。

 

航空旅客輸送では、高級路線と言うのはうまくいったためしがないようです。国内輸送需要が大きく、無駄遣いが好きなアメリカでも出現しては、消えています。一般にサービス業で高級と規模の両立は難しいはずです。景気の交代に対して最も脆弱なカテゴリーになるでしょう。宿泊での高級は、移動での高級より、需要が安定しているでしょうが、景気にはやはり敏感なはず。Swissôtelは、親会社の倒産を目の当たりにしても、Raffles、続いてFairmontと一緒になるという高級路線を邁進、今までやっていたのですから、驚いてしまいます。

 

産みの親は滅んでしまいましたが、Swissôtelは何とか連続して生きながらえています。もちろんAccorhotelsの一部になったからといって、安泰とは限りません。世の中は、不連続ですから。

 とはいうものの、今後はAccorhotelsのノウハウを導入し、コストを削れるところは、徹底して削ってくるでしょう。敏感な人だと、コスト削減がいちいち気になるでしょうから、興ざめするかもしれません。今のうちに旧サービスを堪能しておくのも大切かも、と考えました。