バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

The Pier再訪

香港国際空港のラウンジ、The Pier。口コミで改装後の評判が広がっているようですが、場所が香港ではふらりと行くのは困難です。今回は制限区域で3時間ほど時間があり、気合を入れてやって来ました。5ヶ月あけての再訪です。

 遂に来たぞという到達感が全くないのですが、このさらりとした門構えでは無理。これはデザインの狙ったところでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20151224154441j:plain

東京からの冬着はとにかく暑かったので、まず着替え。シャワーは必要ないが着替えがしたいとリクエストをしたら、それなら広い方が良いだろうと、身障者用のシャワールームを案内してくれました。

f:id:PECHEDENFER:20151224154754j:plain

やたら広い個室でした。いろいろなリクエストにベストな答えを捜すという行動指針は、キャセイのすばらしいところ。

 

その後は、廊下を通って

f:id:PECHEDENFER:20151224155216j:plain

ダイニングへ。ここにも目的があります。評判の一皿を確かめるためです。

f:id:PECHEDENFER:20151224155303j:plain

アンガス牛のビーフバーガー。良いのか悪いのか、ハンバーガーをあまり食べないので判断できません。こんなこと注文する前から容易に予想できるはずで、情報に踊らされています。味付けはすっきりしていて、高級ホテル風。

 窓の外から、巨大な李さんがのぞいています。香港ですから。

f:id:PECHEDENFER:20151224155906j:plain

 

ハンバーガーを食べ終わると、さっさと退散して、引きこもり書斎へ。

f:id:PECHEDENFER:20151224155812j:plain

持参したPCで作業をしていたら、バッテリーがなくなりました。しかしコンセントが香港仕様。アダプターを持っていなかったので、あえなくGAME OVER。借りることもできるでしょうが、Wifiの作動速度も悪く、そこまでしませんでした。他にも見るところがあります。

 

Sitting roomに場所を移します。廊下から入ると、マガジンラックを通るのでした。新聞雑誌がずらりと並んでいます。

f:id:PECHEDENFER:20151224160407j:plain

適当なものを手にして、この通路を抜けるとこういう空間が。

f:id:PECHEDENFER:20151224160548j:plain

窓の外は先ほどの李さん。少しプロポーションが良く見えます。

f:id:PECHEDENFER:20151224160715j:plain

Sitting roomは、テーブルをソファーが囲むかたちで一続きの空間が分割されていますが、仕切りは全くありません。馬蹄型バーカウンターも続きの空間です。

f:id:PECHEDENFER:20151224160947j:plain

さらに左手にはビュッフェがあります。そのコーナーだけでも食べ物の種類は、普通のラウンジ並みです。

 

洗面台はこんな感じ。このラウンジは、どのコーナーをとってもデザインには一言あるといった調子です。

f:id:PECHEDENFER:20151224161228j:plain

足を踏み入れていない場所に、リラクゼーションのコーナーがあり、マッサージ、仮眠等が可能なようです。必要がないと使いにくいし、そこまで時間がなかったので、次回以降の訪問となりました。

 

まだ「見るべきほどのことは見つ」という境地には達しません。達してもそれはそれで問題ですが...。とにかく、また来ると誓って一枚撮りました。相変わらず気合は似つかわしくありません。

f:id:PECHEDENFER:20151224161710j:plain

down the rabbit holeという趣が人気を押し上げているかもしれません。