バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

航空各社のニュース

Business Travellerの1/2月号に興味深いニュースがたくさん掲載されていました。年初だからでしょうが、今年何が起こるのか、俯瞰するのに役立ちました。

 

(1) エミレーツ

EKが新しいIFEシステムを導入するというニュース。ついに自社開発したのかと、一瞬思いましたが、そういうことではなく、画面が大きくなるだけでした。ただし数字には目を見張ります。

 エコノミークラスが13.3インチになりますが、これは最近導入されたばかりのSQのプレミアムエコノミーの画面サイズと同じです。エコノミークラスでは、圧倒的に大きいはずです。ビジネスは変更なしの23インチ。それを超えるキャビンでは現行の27インチが32インチになります。

f:id:PECHEDENFER:20160203115835j:plain

 

(2) ユナイテッド航空

UAは、ワシントン(IAD)-ドバイ(DXB)便を中止しました。中東勢にはかないません。

 

(3) アメリカン航空

プレミアムエコノミークラス(PY)が、2016年後半に導入されます。シートピッチが38インチ。現在22機発注しているB787-9に搭載されます。

 PYの導入時期は航空会社によってばらばらです。導入しないのはその気がなく、顧客の嗜好が違うのかと思っていましたが、結局どの会社も採用するようです。

 

(4) カタール航空

3月31日、大阪(KIX)便を取りやめます。なんだか残念です。

 

(5) アメリカン航空

2016年後半よりAAdavantageが金額ベースになります。予想されていたことですが、これでDL, UAに続いてAAもマイレージプログラムを刷新、アメリカの空はつまらなくなります。

 特典航空券用マイル、会員資格用マイルともに、航空券料金(税抜)に1 USD払うたびに、

一般会員: 5 miles、Gold: 7 miles、Platinum: 8 miles、Executive Platinum: 11 miles

深くものを考えたようにも見えないので、DLやUAに倣ったのでしょう。AAdavantageは会員レベルが4つ。DeltaのSkyMilesとUAのMileagePlusは、5つあります。付与マイル数を比較すると、AAdvantageに無い会員レベルは、DLのPlatinum、UAのPremium Platinumに相当するようです。

 

(6) エアインディア

デリー(DEL)-サンフランシスコ(SFO)便を開設。インドとアメリカ西海岸間の最初の直行便になるとのことです。確かにこれは遠そうです。

 

(7) アメリカン航空

ロサンジェルス(LAX)-オークランド(AKL)ノンストップ便を6月に開設します。これもかなり距離がありますが、太平洋の縦断線としては、NZによるYVR-AKL便も存在するので、それほど感激しません。

f:id:PECHEDENFER:20160202125705j:plain

 

(8) 中国東方航空

上海(PVG)-プラハ(PRG)便を4月2日より運航。確か現在は直行便が無いルートですね。発展する中国。バスと一緒で、客が集まらなければ中止すればよいので、新規路線の開通が期待されることはあっても、問題になることはありません。

 

(9)  エティハド

EYとしては最初の「A380による北米便」が就航しました。アブダビ(AUH)-ニューヨーク(JFK)間を週2便です。低頻度、大きな機材という現代のビジネス向けセオリーと逆ですが、EYでは機材を目的に搭乗する客が多いのでしょう。AUHから西に飛ぶのか東に飛ぶのかすぐわかる人は、中東通かつ地理オタク認定してよいのではないでしょうか。

 

(10)  ガルーダインドネシア

デンパサール(DPS)-広州(CAN)便を開設しました。火金日の週3便です。中国人観光客がターゲットですかね。

f:id:PECHEDENFER:20160202125813j:plain

 

(11) ジェットスターアジア

シンガポール(SIN)-ダナン(DAD)を開設しました。日本からだと使う機会はあまりなさそうです。

 

(12) KLM

最初のB787-9は、AMS-AUH-BAHに導入するとことです。

 

(13) シンガポール航空

7月21日より、シンガポール(SIN)-デュッセルドルフ(DUS)便を運航。A350-900を使います。これは乗ってみたいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

(14) キャセイパシフィック

こちらもA350-900の話題。香港(HKG)-ロンドン(LGW)便を再開します。CXのLondon便は、LHR便も合計すると週39便になります。

 

(15) JAL

パース(PER)便の就航の可能性に言及したとのことです。個人的には使ってみたいかどうか微妙ですが、ある程度の需要はありそうです。

f:id:PECHEDENFER:20160202125923j:plain