バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

SQ964:SIN-CGK ビジネス(その1)

桃園発羽田行の第2セグメントは、Singapore-Jakarta。SingaporeのChangi空港は、Sleeping in Airportsの世界ランキングで堂々のトップ。世界一夜を過ごすのに優れた空港という評価を得ています。そういう視点で制限区域内を見ると、確かに高評価が納得できます。今回は実践する気分になれなかったので、ちゃんと街中に宿泊します。

 

Terminal 2から出発。出発ホールでは数多くのチェックインカウンターが並びます。グループチェックイン以外は混んでおりません。この空港はSQのホームで、発着便は相当な数になるはずですが、プレミアキャビン(PY, C, F)用のカウンターは客が皆無な瞬間が多いようでした。

f:id:PECHEDENFER:20160330010535j:plain

プレミアキャビン用のカウンターは、ファーストとビジネスの空間に加えて、プレミアムエコノミーの空間があり、間は通り抜けができません。そして、KrisflyerのElite Gold会員およびStar Alliance Gold(*G)会員はプレミアムエコノミーのカウンターを使えとの案内です。

f:id:PECHEDENFER:20160330010714j:plain

 

*Gは実際の搭乗クラスにかかわらず、優先サービスを提供されるのが売りだったのですが、「優先」はプレミアムエコノミーを意味するようになったようです。もっともプレミアムエコノミーとエコノミーのサービスの差も広がっているので、*Gへのサービス低下はそれほどではありません。

 

本日はビジネスクラスなので、対応するカウンターを使います。係員はフレンドリー。日本語もかなりしゃべる方でした。ジャカルタ乗継でしたが、ジャカルタから羽田までの搭乗券も発券してくれます。

 

出国審査は別に混んでいないので、通常の手続きを済ませ、制限区域に。今日はF31からの出発。SQのラウンジは前方左側にエスカレーターを上ります。

f:id:PECHEDENFER:20160330010750j:plain

階上には2種のSQラウンジがあります。手前のKrisflyer Gold Lounge(KGL)と奥のSilverKris Lounge(SKL)。

f:id:PECHEDENFER:20160330010828j:plain

KGLはKrisflyer Elite Gold会員と*G会員のラウンジ。 エコノミークラスに搭乗してもこのラウンジを利用できます。ラウンジで食事を済ませ、エコノミークラスの機内食をスキップする会員は多いはず。このラウンジでは食品のコストを下げ、量を増やす工夫をしていると思われます。

 

SKLラウンジは、入口でBusiness ClassとFirst Classの客が取り分けられます。ビジネスは向かって左側に案内されます。というか、「初めてじゃないでしょ。わかっているようね。」みたいな案内でした。

f:id:PECHEDENFER:20160330011025j:plain

 

まずはいろいろな食物がありますが、あまりがつがつ食べている人はいません。機内食も量があるので、皆その辺のことは分かっているのでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20160330010955j:plain

白ワインはWiliam fevre のChablisとNZのSauvignon blanc、赤はBordeauxとAustraliaのShiraz。泡は

f:id:PECHEDENFER:20160330011105j:plain

でした。この辺のコーナーのテーブルは、石張り。

f:id:PECHEDENFER:20160330011152j:plain

本物の持つ質感は、やはり気持ちよいものです。

 このラウンジはそんなに広くありません。

f:id:PECHEDENFER:20160330011247j:plain

客の数に対しては十分の広さとシートの数です。結構時間があったのですが、ラウンジに居ることにも飽き、早めにゲートへ出かけます。

 

チャンギ名物、屋内熱帯庭園。

f:id:PECHEDENFER:20160330011431j:plain

結構遠いF31。というかこの空港は、意外に広いのでした。10分は歩きます。

f:id:PECHEDENFER:20160330011614j:plain

窓の外にはSQがずらりと並び、眩暈がします。

f:id:PECHEDENFER:20160330011722j:plain

この空港のセキュリティチェックは、搭乗ゲートの待合室前で行います。待合室内には椅子があるだけですが、座るだけの単純な椅子が無機質に配列されているわけではないので、待っていて気分は悪くありません。

f:id:PECHEDENFER:20160330011953j:plain

出発1時間前ですね。まだ入るには早いかもしれません。