読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

Krisflyerお前もか

Star Alliance gadgets & tips

今日、シンガポール航空から届いたメール。何やら新しいことを始めたようです。お題は、”Singapore Airlines introduces mySQupgrade”

 

f:id:PECHEDENFER:20160705163949j:plain

読んだままです。下位キャビンを予約している場合、ビッドを入れて、その金額の多寡により上位キャビンにアップグレードされるかどうか決まるというシステム。そこまで読み取れます。

 

このシステムの名前は、mySQupgrade。すでにCX, MHと地域の競合会社が同様のシステムを導入しており、冴えた名前は残っていないのでしょうか。

・予約クラスがアップグレード対象であると、出発7日前に招待のメールが届く。

・あらかじめ設定されたレンジの中でのビッドを行う。

・出発50時間前までなら、ビッドを変更、キャンセルすることができる。

・ビッドが成功したら、出発48時間前にメールが届く。

・ビッドが失敗したら、費用はかからない。現予約クラスが有効になる。

f:id:PECHEDENFER:20160705164256j:plain

さらに、

マイレージ加算に関する事柄は、全て現予約に基づく。

とありました。

 

今回はエコノミークラスの予約を持っており、プレミアムエコノミーへのアップグレードの招待です。エコノミーはプレエコへ、プレエコはビジネスへというパターンが固定するかどうかは、わかりません。もしかすると、プレエコのお披露目キャンペーンなのかもしれませんし...。

 

オーバーブッキング時に、上級会員の会員レベルに応じて無料アップグレードを行っていたのを、ある程度の対象者を絞って、有料アップグレードに変更したのでしょう。対象者の絞りは緩く、例えば、スタアラゴールド+Krisflyer会員+マイル加算予約クラスぐらいになっていると思います。SQも会員の忠実さより、現ナマが大切。改悪は改悪ですが、会員の反発が大きくならないようゲーム感覚にしたようです。他社と一緒ですね。