読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ブリティッシュエアウェイズにおけるA380

BA

前日に続き、報道からです。

British Airways prend livraison de son 12ème A380

 

BAは、12機目のA380をそのフリートに加えました。確定注文としては、最後の機材です。

f:id:PECHEDENFER:20160710155402j:plain

 

BAはさらに7機を受け取ることが可能ですが、このオプションは行使せず、A380が足りなくなったら、他社から借りると見られています。

 

世界最大の量産旅客機のA380。新規注文は途絶えると見られていましたが、2016年に入って12機の注文が入り、持ち直しているようです。

Les commandes d’Airbus A380 repartent timidement à la hausse - L'Usine de l'Aéro

しかしながら綱渡りは続くでしょう。BAは英国の会社だから、A380を運用しているという点は見過ごせません。フランスとドイツが2大株主のエアバスに対して、欧州から距離をとるUK。象徴的な出来事でした。

 

ちなみにBAのA380は、

14 First、97 Club World、55 World Traveller Plus、303 World Traveller

というキャビンの構成です。ロンドンと以下の都市を結ぶ路線で運行されています。

Los Angeles, San Francisco, Vancouver, Hong Kong, Singapour, Johannesbourg, Miami, Washington

北米が主体、アジアはHKGとSINだけです。

 

BAの新機材と言えば7月9日から成田便のBA5は、新品のB787-9になっているようです。ファーストクラスの新型シートが話題になっています。B787-9は

New York, San Jose, Austin, Houston, Delhi, Jeddah, Kuala Lumpur, Abu Dhabi

などで運用されています。Airbus製品では、A350の納品が2019年に予定されています。少なくともBAに関しては、あっという間の花形機種の交代でした。