読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

時々やるミステーク

訂正

一昨日の記事のタイトル

 

「アコーホテル今年最後のポイントプロモーション」

 

は、間違っていますね。10月でキャンペーンが出尽くすわけありません。事実、新しいキャンペーンが加わりました。

f:id:PECHEDENFER:20161029191729j:plain

一つだけですが、悔しいので別の記事でアップします。

 

他の誤り

旅行でも、早とちりはつきもの。Pechedenferの場合、ホテル予約で宿泊日を間違えることが多いのでした。年に1回ぐらいの頻度で起きます。

 

国内のSPGホテルで、チェックイン時に予約が入っていないと言われたことがあります。「そんなはずはない」と、予約表を見せたところ、「これ、1年後です。」と言われて唖然としました。宿泊日を1年間違えていたというオチ。

 1年以上先の予約がオンラインでできるなんて考えてもいなかったので、間違いに気が付きませんでした。

 この時はその夜の予約を現場でとりました。飛び込みの宿泊ですね。原予約も悔しいので使いました。1年後、予約があることを口実に同じホテルを再訪することにしました。

 

最近のミスは、パリでのお話です。やはりチェックインで予約が見つからないと言われました。予約表は持っていましたが、「1年後の同日」事件で学習したので、最初に自分でチェック。すると前日の予約を入れていました

 その時の旅程は、

パリ第1夜:空港ホテル

パリ第2, 3夜:そのホテル

....

のつもりで、ウェブ上でこの2ホテルを続けて予約しました。共にAccorhotelsだったのが大きな原因。2番目のホテルを予約する時、月日と宿泊日数を入力し忘れたようです。結局レセプションで2泊の予約を取り、事なきを得ましたが、50%ほど余計に支払う羽目となりました。

 

f:id:PECHEDENFER:20161027191413j:plain

 

しかしこのパリの早とちりでは、怪我の功名の可能性が出てきました。このミスのおかげで、この宿泊がキャンペーン該当となりました。予約を入れた時は、キャンペーン告知の直前だったのです。例のボーナス最大10,000 ptsです。ミス発覚前までは3,000 ptsを期待していたのですが、6,000 ptsに増える予定となりました。果たしてうまく加算されるでしょうか。