読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

MH784:KUL-BKK ビジネス

脂の火曜日(Mardi gras)の翌日は、灰の水曜日(Mercredi des Cendres)ですが、暦はこの際どうでも良い話ですね。これは少し前の搭乗の記録ですし...。とにかくマレーシア航空(MAS)の話を続けます。

 もっともマレーシアのキリスト教徒は全人口の 9%を超え、仏教(20%)に次ぐ集団です。ヒンズー教徒(6%)より多いのでした。日本よりはるかにキリスト教化された土地です。意外な事実。灰の水曜日も意味を持ちます。

 

出発は、KLIAメインターミナル。G2ゲートと比較的便利なところ。

f:id:PECHEDENFER:20170122151937j:plain

写真にすると華麗なコンコース。行きかう人たちは、確かに肌の色、衣装が多様で、とても国際的な雰囲気。床石が地味で、現代的ではありませんが、人々の多様さを際立たせます。

 

機材はゲートに到着しています。朝一番のBKK便ですから、前の夜からいたのでしょう。長い搭乗橋。

f:id:PECHEDENFER:20170122152107j:plain

このターミナルは、B737程度の大きさの機材ばかり駐機しているようですが、この搭乗橋の勾配から考えると、ワイドボディ機にも対応できそうです。

 

セーフティデモのビデオ。

f:id:PECHEDENFER:20170122152249j:plain

写真撮影の失敗ではなく、ビデオが流れませんでした。音声だけの安全講習。こんなことで良いのですかね。

 

このことを除くと、平凡なフライトでした。

f:id:PECHEDENFER:20170122152417j:plain

機内食は朝食。ナシレマを選択。ビニールに入ったナッツ+干し魚にこだわりが感じられたのですが、省略されることが時々あります。

 成田便のA330では、各段に立派なナシレマを搭載していてます。成田便でも朝飯です。MH88(KUL発NRT行)にはあります。

 最近ウェブサイトが不調のChef-on-Callでも選べます。これはまた違った皿。つまりマレーシア航空のビジネスクラスには、3種類のナシレマがあります

f:id:PECHEDENFER:20170228131542j:plain

この特異な分化、発達は、何と表現してよいのでしょうか。例えば、タイ航空がビジネスクラス向けにパッタイを3種類用意していますか?どういう経緯でこうなったのか分かりませんが、ナシレマが無ければ始まらないマレーシア。

 

KUL-BKK間のMAS便では、BKK発だと、タイで調理された機内食となります。そちらの方が軽く仕上がっていて、個人的にはお薦め。KUL発のナシレマより、BKK発のカオマンガイの方がいい、なんて言ったらまずいことになりますか?

 

マレーシアの海岸線。

f:id:PECHEDENFER:20170122152502j:plain

 

タイの海岸線。

f:id:PECHEDENFER:20170122152521j:plain

 

マレーシアの川。

f:id:PECHEDENFER:20170122152538j:plain

 

タイの川。

f:id:PECHEDENFER:20170122152555j:plain

 

ファイル名をぐちゃぐちゃにつけたら、混同する可能性が大。よく見るとマレーシアの方が木が多く土地が平坦ではないとか、タイの方が水田が多いとか、それぞれの特徴も見つかるには見つかります。慣れれば、区別がつくような気もします。

 

外ばかり見ていたら、すぐにSuvarnabhumi空港。ゲートはF1。出口が近い良好な場所。

f:id:PECHEDENFER:20170122152817j:plain