読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

MH783:BKK-KUL ビジネス

Le Grand Lutte à la Corde(au Serpent? au Dragon?)

出国する人間*がまず目にする天地創造像。綱引きに参加する人は全員右側にいます。後ろの様子を見ている人間もいます。

f:id:PECHEDENFER:20170212133143j:plain

*TGのファーストクラス利用者は別の入口となり、この像の前には出ません。

 

片側にしか引く人がいない綱引きというのは、他方は異形(いぎょう)の者たちだからです。

f:id:PECHEDENFER:20170212133254j:plain

近くだと迫力があります。衣装はほとんど同じなのですが、皮膚の色はさまざまだし、雰囲気ががらりと異なります。異形=悪ではなさそうです。

f:id:PECHEDENFER:20170212133330j:plain

色彩と躍動感。

 

Business Travellers version chinoise

美術館ではありませんから、1時間も眺めているとセキュリティが来て、声をかけられそうです。そこそこにして退散。行きつく先はここ。すっかりパターン化。

f:id:PECHEDENFER:20170218080519j:plain

本日は静か。Business Travellerの新しい号があると、手にしたのは良いのですが、中国語版でした。

f:id:PECHEDENFER:20170218080824j:plain

新京ではなくて長春が特集されています。奉天とかムクデン(瀋陽)とか、昔の名前がまだまだ思い出される東北部。

f:id:PECHEDENFER:20170218081255j:plain

幸福になれるのですかね。大気汚染は無いのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170218081749j:plain

北京にもあるSkyteamラウンジ。この共通ラウンジは、London, Istanbul, Sydney, Hong Kongと、ライバル航空連合のハブに設けるのが通例でしたが、ここに来て何故か中国東方航空中国南方航空のハブに。

f:id:PECHEDENFER:20170218082405j:plain

あまり情報らしい情報は仕入れられなかったのですが、中国語版は英語版と編集内容が異なることは分かりました。

 

Le Départ

ゲートはF4。

f:id:PECHEDENFER:20170218082706j:plain

16:35がゲートオープンの予定時間ですが、機材は接続済み。今日は乗務員が搭乗する時間でした。

f:id:PECHEDENFER:20170218082913j:plain

 

乗客が搭乗したのは16:55とやや遅れ気味。15分後には機材のドアクローズと、相変わらず効率が良い搭乗となっています。最近、この空港は乗客のコントロールが上手に感じます。

f:id:PECHEDENFER:20170218083220j:plain

つまり乗客は、遅れると置いてきぼりになります。

 

離陸はほぼ30分後と、混雑もいつものとおり。風向きが今日は逆で、北向きに離陸。機材が小さいので、空港の二重堀に達する頃には相当の高度になっています。

f:id:PECHEDENFER:20170218083705j:plain

 

反転して南へ進路を変更、すぐに海に出ます。

f:id:PECHEDENFER:20170218083811j:plain

このフライトでは、F席がお勧めかもしれません。窓からの光景がspectaculaire。直射日光がまぶしかったり、暑かったりする時は、「日よけを下ろす権利」もあります。

 

Rien sauf que...

機内食は、牛、鶏、麵の3択を迫られます。「味付けの方が大切だろう」と言ったところ、「全てタイで搭載したから、タイ料理」ということでした。

f:id:PECHEDENFER:20170218084038j:plain

確かにこれは、タイで好まれる食材を使い、タイ風の見栄えになっています。味わいもタイ風。

 

La Nuit Tombe.

離陸の滑走開始から、30分後には、機内食の片付けも済みます。乗務員も早く楽になりたいのでした。後は夕日の観察。

f:id:PECHEDENFER:20170218085115j:plain

 

大部分の客は寝ているはず。ブログのために写真をとるだけですが、寝ているわけにはいきません。

f:id:PECHEDENFER:20170218085133j:plain

 

今日は雲が厚く、島影や海岸線は見えません。これは少し残念。着陸30分前の空。マレーシア時間で20:02。

f:id:PECHEDENFER:20170218085406j:plain

特に揺れたり、大きな迂回をすることもなく、通常のルートでアプローチ。上手な着陸で到着。ゲートはH2ともっとも出口に近い場所。

f:id:PECHEDENFER:20170218085620j:plain