バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

Münchenで買ったもの

Münchenでのお買い上げ品は、こちら。

f:id:PECHEDENFER:20170521121619j:plain

レギュラーサイズのインク瓶が付いていました。大きな木箱は想定外。持って帰るのに苦労しました。

 

子供の頃から、万年筆は付かず離れずで使っていました。最近、長く使っていた某M社の品を紛失。新たに入手する必要がありました。しかし、

・某M社の品は値上げの割には、品質の向上や新しい提案が感じられない

・某M社はブランド戦略の一環で、商品を多様化、世界中のサービスを共通化、スーパーマーケットを感じさせる小売チェーンとなっている

・仏壇系には、さようならをしたい気分

という状況があり、後継は別の製造者から選ぶことにしました。

 

大量生産品から工芸品に近づくと、一品一品異なるため、買う品そのものを見ないといけません。購入で背中を押してくれるのは、単に親しみだったりするわけです。イタリアが得意とする付加価値品。この商品をミラノ(Montegrappa直営店あり)やローマではなく、Münchenで買うことになったとは。この地に憑りつかれてような気がしてきました。

 

とあるサイトでデキる男を演出する持ち物と題して、「こだわりや高級感のある万年筆」とありました。いい機会です。万事にやる気が起きないPechedenferとしては、せめて意識高い系を目指そうと、参考にすることにしました。

 しかし購入したのは定番品。某M社仏壇系よりましですが、こだわりという点で高得点は望めません。デキる男の演出には不適です。

 

そこで、そもそもの疑問です。こだわりや高級感のある万年筆とは何を指すのでしょう?

 

万年筆の場合、「こだわり」という言葉と相性が良いのは、製造番号入限定品。例えば同じMontegrappaの製品の中からピックアップすると、Chaosとか、Piratesあたりが最先鋒でしょう。この会社の技術、地場産業の技術を生かした限定モデルからです。

f:id:PECHEDENFER:20170521122800j:plain

次に「高級感」ですが、高級感がない日用品を高く売るのは難しいので、価格は目安になります。ChaosもPiratesも、高価版だと邦貨換算で700万円超(廉価版ならその10分の1程度)。とあるサイトの要求は、だいたい満たしているのではないでしょうか。するとこういう万年筆を買えばよかったわけです。

 こんな万年筆を懐から颯爽と取り出す男。特殊なことを考えている雰囲気は演出できますが、何かがデキるという執行能力は特に感じられません。「こだわりも高級感もある万年筆」のはずですが....。

この万年筆は相当重いので、薄っぺらいスーツのポケットに入れていると、スーツが片方の肩からずれてくると思います。銃挿しならぬ万年筆挿しをbraces(ズボン吊り。ドイツ語では平凡に Hosenträgerですが、MünchenだったらLederhosenträgerが出て来るかもしれません。)に付ける必要があります。

 

デキる男の演出は、奥深い世界のようです。

 

意識高い系になるには、道のりはほど遠いようです。それどころか、購入した定番品のペンにすら慣れません。買った地に敬意を表して、ドイツ語を書いてみたところ、うまく書けません。 恥ずかしいので小さな写真で。

f:id:PECHEDENFER:20170528123003j:plain

Die Walküre, aus dem ersten Aufzug.

 

「久しぶりに書くとやっぱりダメ」と、納得するところで立ち止まってはいけません。機会を見つけ次第、向上心を過剰表現するのが意識高い系。ドイツ語筆記の練習帳を買って、向上心をアピールしまくり。

f:id:PECHEDENFER:20170521123339j:plain

Münchenもドイツですから、こういうのは本屋ですぐに見つかります。

 「自分磨き」の意志の宣伝は、意識高い系にとって核心ともいうべき大切な活動。ドイツ語の書き方を学んだことのないPechedenferには適当な本ですが、小学1年生用という点で、意識高い系が好む表現とは相入れないかもしれません。自分磨きから「磨き」つながりで、「銀器磨きをしなくては」なんて連想している場合ではありません。

 

なお、この本はドイツ国内での印刷。裏表紙に、でかでかと書いてありました。

f:id:PECHEDENFER:20170521123420j:plain

さすがにこういう本まで、外国製にするほど落ちぶれていないようです。

 

空旅行とは全く関係のない話だけで終わってしまいました。