バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

QR753:DOH-KUL ビジネス(その2)

さてアメニティバッグが配られます。先のフライトと色違い。

f:id:PECHEDENFER:20170514173951j:plain

 

朝なので、ウェルカムドリンクは只の水をもらいます。

f:id:PECHEDENFER:20170514173833j:plain

 

窓の外からは乾燥の地。砂だらけの国土のはず。

f:id:PECHEDENFER:20170521143933j:plain

 

セーフティビデオは、FCバルセロナ。最近舞台が機外にある安全のビデオが増えていますが、何を説明しているのか、分からなくなるような本末転倒ではないかというものも、散見されます。Qatar Airwaysに関しては、そういう甘さはなく、よく考えられていると思いました。

f:id:PECHEDENFER:20170521144037j:plain

 

離陸してみると、海岸の海の色は魅惑的。エメラルド。

f:id:PECHEDENFER:20170521144142j:plain

特有のアイコンが使われているシートコントロールは、今回あまり使いません。昼間のフライト、しかも昼が短くなるフライトなので、フルフラットにする必要もありませんし。

f:id:PECHEDENFER:20170521144349j:plain

 

メニューは、A la Carteと来ます。朝食、前菜、メイン、軽食、パンという分類。かなり注意深く編集しており、独自性を感じますが、分かりにくくなっていません。こういうところは、優れています。

f:id:PECHEDENFER:20170521144417j:plain

 

オレンジジュースからスタート。アルコールは飽きました。

f:id:PECHEDENFER:20170521144655j:plain

 

続いてパンが届けられるのはお約束。ドイツ発より質が落ちます。これは仕方がないこと。

f:id:PECHEDENFER:20170521144717j:plain

 

前菜。メニューにあるマグロは、今日は用意できず別の魚ということでした。願ったりかなったりとは、まさにこのこと。

f:id:PECHEDENFER:20170521144858j:plain

 

コーヒー。

f:id:PECHEDENFER:20170521145054j:plain

比較してはいけませんが、BAのM&Sのコーヒーとは別物で、まともなもの。

 

メイン。アスパラガスのオムレツにチキンのフィレ肉。

f:id:PECHEDENFER:20170521145147j:plain

看板に偽りありで、アスパラガスの代わりにさやいんげんが入っていました。これはマイナスポイント。QRの顧客は、魚の違いはわかっても野菜の違いはわからないということですか?

 

窓は離陸してしばらくすると、一様に青くなります。Qatarのお約束のキャビン暗黒化が継承されているのです。しかし質的に緩和されて、適当なムードを醸し出しているのは、787の技術。この航空機の実現は、Qatar Airwaysのキャビンサービスにとって朗報でした。

f:id:PECHEDENFER:20170521145507j:plain

B787より前は閉めるか開けるしかなく、シールドの下げ具合で光量を調整できるといってもクルー側がコントロールするのは難しかったはずです。

 

なおもちろん個人で窓の着色加減は変えられますが、暗くして寝ている人はいても、わざわざ直射日光を入れようとする客はいませんでした。

 

座席右のサイドテーブルの間接照明は常時点灯。

f:id:PECHEDENFER:20170521145756j:plain

良い具合です。

 

買ってしまいました。機内販売。

f:id:PECHEDENFER:20170521150118j:plain

往路の飛行機で目を付けていたわけではないのですが、何となく散財。

 

この機材は機内Wifiを搭載しています。長距離仕様のB787-8ですから。

f:id:PECHEDENFER:20170521152328j:plain

が、サービスは常に利用できない状態。

f:id:PECHEDENFER:20170521151210j:plain

看板に偽りあり+宝の持ち腐れと言いたいところですが、航空券代に含まれるサービスのうち、利用していない数多いのが、業界の常識。会社側の都合で勝手に省略されてしまうのも常識。取り立てて騒ぐのも、「今更」です。

 

午後になったので、やっぱりもらってしまいました。おやつ代わりのシャンパーニュ

f:id:PECHEDENFER:20170521151325j:plain

 

トイレは、使い捨て歯ブラシ、使い捨て髭剃り、窓完備。

f:id:PECHEDENFER:20170521151422j:plain

「日よけ」はキャビンと同じレベル。

 

ビジネスクラスのキャビンの最後部には、テーブルがあります。Champagneとフルーツがおいてあります。ここで歓談が可能です。キャビンと完全に連続している空間なので、物理的には女性を口説く程度の声量までがよろしいようで。

f:id:PECHEDENFER:20170521151520j:plain

このテーブルと対峙する形でもう一つのテーブルがあります。薔薇の花瓶が一つ置いてありました。左右の通路を渡るために前後のテーブルの間を通ることになります。なお使っている人は見かけませんでした。この暗さでは、歓談も難しいと思います。

 

Qatar Airwaysは、新規就航をしても、不採算路線からの撤退も絶えず行っているため、就航地が増えた気はしません。

f:id:PECHEDENFER:20170521151926j:plain

しかし「世界中に行ける」感が強い会社です。インド路線が特に充実しているのは、Qatarへの移入労働者のおかげでしょう。

 

軽食も出てきます。サーモンのグリルですが、鮭の大きさや形が英米風。

f:id:PECHEDENFER:20170521152211j:plain

そうこうしているうちに、もはや古典となった海賊海峡へ。

f:id:PECHEDENFER:20170521152314j:plain

 

着陸前のキャビンは、真っ暗に。外では日が暮れているためです。

f:id:PECHEDENFER:20170521152732j:plain

到着はC36。サテライトターミナルの行き止まりにあるゲート。待合室が巨大ですが、到着時には関係ありません。

f:id:PECHEDENFER:20170521152842j:plain

 

この空港はビジネスクラスで到着すると、入国はすぐ終わります。エコノミークラスだと、入国審査で尋常ならざる時間を待つ可能性があります。

f:id:PECHEDENFER:20170521152911j:plain

預入手荷物が出て来るのを待ちます。