バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

エールフランス:B787の次の就航地

前の記事のついでに、Air Franceの路線網におけるB787の近未来。

 Air Franceの新機材、新路線の話なんて、日本では興味を持つ人がほとんどいないでしょう。そんな事、重々承知です。しかし記事がユニークであることと、興味を持つ人の数は逆相関。と言うか、明らかに因果関係があります。誰でも取り上げる内容を、程度の低い記事にしては最悪。それよりは人に読まれなくても、ユニークな内容を取り上げる方がましです。一番いいのは、もちろんユニークで多くの人が読む記事ですね。

 このブログ、日本語ブログとしては異例にAir Franceの記事が多くなっています。これは知らず知らずのうちに、AFの情報が入って来るため他なりません。実は言葉の問題だと気がつきました。あまり意識に上らないのですが、Pechedenferがネタ拾いをする情報の多くはフランス語で書かれているようです。日本語の記事にはANA, JALの話が、フランス語の記事にはAir Franceの話が多いでしょう。多分。

 

ともかくAFにおけるB787運用の拡大の話。

 

現在、B787は2機しか保有していないAF。2017年末までにさらに3機を受領、合計5機が運用可能になる予定です。それに伴い現在就航している LYS, LHR, YUL, CAIの4都市に加え、以下の6都市にB787を運航することになります。ソースはこちら。

Air France : 10 destinations en B787 à la fin de l'année

確かにこれもフランス語。

 

BamakoAbidjan

AF520 CDG 10:00発 BKO 14:45着、BKO 15:45発 ABJ 17:25着

AF521 ABJ 19:30発 BKO 21:10着、BKO 23:10発 CDG 05:50着(+1)

10月 9日より毎日運航

Bamakoはマリの首都。Abidjanは象牙海岸(Côte d'Ivoire)の首都。共にフランスの代表的な旧植民地。人口に占めるフランス語話者の割合は、マリで15%、象牙海岸で30%ぐらい。かなりの人の往来があります。

 

Boston
AF334 CDG 15:35発 BOS 17:40着
AF333 BOS 19:40発 CDG 08:15着(+1)
10月29日より毎日運航
 
Toronto
AF356 CDG 14:10発 YYZ 16:40着
AF351 YYZ 18:35発 CDG 08:00着(+1)
11月20日より毎日運航
BostonもTorontoもアメリカ東海岸。同じような時刻で発着することになります。
 
Panama City
AF474 CDG 13:45発 PTY 19:05着
AF475 PTY 21:10発 CDG 13:10着(+1)
12月09日より毎日運航
確かPanama運河は、スエズ運河を開通させた勢いでフランスが建設を始め、あえなく頓挫。アメリカが結局完成させたはずです。まだ関係が深いのでしょうか。よく知りません。
 
São Paulo
AF456 CDG 10:10発 GRU 18:05着
AF459 GRU 20:10発 CDG 11:15着(+1)
2018年 2月05日より水曜日を除いて運航
就航は来年。この記事のソースにした新聞記事の表題は不正確ですね。10は受取が今年の終わりまでに行われるB787で運航される都市の数でした。B787で今年の終わりまでに運航される都市の数は、9です。
 

f:id:PECHEDENFER:20170903144640j:plain

天井のでっぱりはWi-Fiの装置でしょう。今後の機材ではやはり標準搭載してないと...。

 

残念なことに、アジアへの就航は具体化されていないようです。日本からパリ経由で北米や中米に行く人も稀でしょう。AFのB787が体験したければ、LYS、LHR、BKO、ABJ、GRUなどが候補となります。
 
B787の特長に大きな航続距離がありますが、具体的な就航予定都市の中ではもっとも遠いのがSão Paulo。CDG-GRUは、5,830 milesぐらい。CDGからは札幌より遠く、関空や羽田より近いという程度。AFの路線網では、東京は最も遠い都市のひとつなのですね。CDG-SINやCDG-CPTは 6,600 milesを超えるのでさらに遠く、途中寄航するなら、LAXを経由するCDG-PPT便の 9,750 milesもあります。
 現在予定されており、実現した暁には世界最長不着陸航路となるPER-LHRがほぼ9,000 miles。CDG-PPT便はどんな機材を使っても、一気に飛ぶという訳にはいかないでしょう。