バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ドイツは寒いから、ギリシャに行くわ(その2)

Thessalonikiにいれば、ぬくぬくと過ごせるーーーそれはそうですが、今はA3*G(AEE-G)が目的化しているので、そうも言っていられません。立ち去らなければならないのは、つらいことです。

 

ラウンジが新しくなったと機内誌でも宣伝されていました。Aegeanが集中的に使うエリアの外れに設置。

f:id:PECHEDENFER:20171231162249j:plain

内部のインテリアは明るく、上品なものです。一方で家具が安物なのは、世界標準。

f:id:PECHEDENFER:20171231162409j:plain

オレンジジュースを飲んだだけ。食べ物に何があるかまではレポートできません。全く見ていません。だいたい、旅行では食べてばかりいられません。xxxx乞食の実践で鍛えるSkytraxの評価者たちの真似はできません。肉体的に無理です。

f:id:PECHEDENFER:20171231162511j:plain

 

日本家屋とは全く異なりますが、内外の接続が相当意識されています。テラスに出ている人もかなりいました。良い雰囲気。

f:id:PECHEDENFER:20171231162641j:plain

とにかく暖かく、素晴らしい土地。冬のドイツから来ると、神が微笑んでいるように見えます。

 

この空港、基本はバス移動にてご搭乗。AEE7119便は国内線。Olympic Airの運航。ちなみに形の上ではコードシェアになっており、NOA119というコード。機材はご覧の通り、Aegeanのもの。今度はA320ですね。

f:id:PECHEDENFER:20171231163001j:plain

 

Aegeanの機材の愛称?この会社も機材に命名しているなんて、初めて知りました。今日はkinesis号。しかしこれは物理的な運動の意味では?

f:id:PECHEDENFER:20171231163133j:plain

インテリアは同じ。というか、別のタイプがあるのかどうか知りません。

f:id:PECHEDENFER:20171231163606j:plain

飴ちゃん、飲み物、シナモン菓子のみサービスされます。国内線で1時間にも満たないフライトですから。水だけ貰います。

f:id:PECHEDENFER:20171231163903j:plain

 

画像は移動地図。ギリシャの紹介ビデオもあるかもしれませんが、なにぶんにも国内線ですので、 宣伝する必要があるかどうか。

f:id:PECHEDENFER:20171231164015j:plain

 

ギャレーとキャビンの境にあるついたてには、Aegeanのカモメ。一応ビジネスクラスもあり、2列です。

f:id:PECHEDENFER:20171231164105j:plain

Aegeanは、航空会社のロゴ入りのペンやら腕時計やら、割としっかりした作り手に作らせています。それらは機内販売で購入できます。しかしこの荷物タグは売っていません。

f:id:PECHEDENFER:20171231164208j:plain

荷物との接続が金属製のリングで、Miles+Bonusでもらえる荷物タグのものと全く同じことに気が付きました。

 

そうこうしているうちにAthensに到着。日も暮れているし、Thessalonikiより少し寒いのでした。

f:id:PECHEDENFER:20171231164520j:plain

 

Miles+Bonusの会員であることが有効に働きます。従業員は多少の馴れ馴れしさを交えつつ、フレンドリーに接してくれます。小さな会社ですから、ホームグランド的な感覚は一際強いのでした。やはりFFP会員になっている会社の方が、気持ちよく旅ができます。