バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

危機が深まったエールフランス

GW中にあった大きな動き

部分的にストは行っているものの、大勢は安定へ向かうと思っていたのですが、分からなくなりました。5月 4日(金)のことです。15営業日前に経営側が提案した賃金についての計画が、55.44%の組合員(総投票数46,771。投票率88.33 %。再投票なし。)によって否決されました。

http://www.lemonde.fr/economie-francaise/article/2018/05/04/le-president-d-air-france-jean-marc-janaillac-demissionne-apres-le-rejet-de-l-accord-salarial-soumis-au-vote-des-personnels_5294568_1656968.html

f:id:PECHEDENFER:20180513131802j:plain

5月 6-7日(日-月)の新聞。書くのがすっかり遅れました。

 

この投票結果を受けて、PDG(社長、AF-KLMグループ全体)の Jean-Marc Janaillac は直ちに辞意を表明しました。「13日間のストライキと2カ月以上の争議はエールフランスを弱体化し、その能力を損ねた。膨大な浪費であり、競争相手を喜ばせ、私たちの連合を脆弱にし、チームを混乱させるだけである。」との弁。辞任自体は 5月 9日の取締役会で決定される予定でしたが、すぐには認められません。5月15日(火)まで PDG に留まるよう、Jean-Marc Janaillacは要求されます。

Air France-KLM: le conseil d'administration demande à Jean-Marc Janaillac de rester jusqu'au 15 mai - Challenges.fr

 

先週の動き

開票と辞意表明の一週間後の 5月11日 (金)、4月の旅客輸送実績が公表されました。AFは 8日間のストライキの影響を受けて 8.7 %下落。一方で KLM は 5.2 %増大でした。(昨年比)

Air France: les grèves font chuter le trafic

AFの数字は、実績が市場の拡大に追随していないことを暗示しています。AF-KLMのグループとしては 2.5%の増大となりましたが、AFが大きく足を引っ張っていることは明らか。KLMの怒りを買っているとも報道されています。AF-KLMの株価も10%近く、ストンと落ちています。

Air France : la colère du partenaire KLM

 

エールフランスは、2月以来の闘争・争議で3億ユーロの損失を出していると見積もられています。

f:id:PECHEDENFER:20180513135611j:plain

 

先週の内に株価は少し戻しましたが、週明けはどうなる事やら。4月の成績は折り込み済み?

 

HOP! と Transavia の拡充、Joon の立ち上げ、会員プログラムの刷新と、様々な改革を行ったエールフランスですが、労使問題の解決に失敗した PDG が自らの意志で辞任するという劇場型の展開になりました。

f:id:PECHEDENFER:20180513140807j:plain

キリスト教系の日刊紙 La Croix は「Jean-Marc Janaillac の後釜は誰だ?」などと、どちらかと言うと呑気な記事を書いていますが、こんな会社の社長なんて誰もなりたがらないでしょう。

Air France, qui pour succéder à Jean-Marc Janaillac ? - La Croix

Jean-Marc Janaillacは65歳と、その後には引退する気でエールフランスの PDG を受けた節がありますし、事実、今度の辞任の後の引退をほのめかしています。

 

フランスのBruno Le Maire 経済相は、France 3 のインタビューで「もしエールフランスが必要な競争力のために努力を行わないなら、[中略] エールフランスは消滅するだろう。」と、警告のメッセージを送っています。

VIDÉO. Sans effort, "Air France disparaîtra", prévient Bruno Le Maire

 

昨年後半にフライングブルーの会員になった人は...

誰の目から見ても、混迷を深めているエールフランス。国外在住の利用者としては、KLMがあるため何があっても何とかなりそうな気がしますが、要注意です。