バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

ワンワールドの最近

一昨日 Malaysia Airlines のビジネススイートについて記事にしましたが、今日はその他のワンワールド各社の動き。

 

フィンエアーにプレミアムエコノミークラス

Finnairは、2021年頃プレミアムエコノミークラスを導入することになりました。

Finnair : une nouvelle Premium Economy pour 2021

長距離路線にのみ導入と、他社並みのキャビン構成に変わります。BAでは20年近く前に導入された商品。会社によって随分導入時期が異なります。

 

2020年第4四半期から2022年末にかけて順次導入。北欧風デザインで広い空間と改善されたサービスが売り物と、ありきたりなプレスリリース。

 

同時にATRのキャビンの更新も発表されました。12機からなる Finnair の ATR隊ですが、国内線、バルト三国グダニスクストックホルムなどの近距離便で使われています。2019年夏から2020年第1四半期に更新されるという話です。

 

カンタス航空チャンギ空港ファーストクラスラウンジ

Qantas Airwaysが、シンガポールチャンギ空港にファーストラウンジを計画しています。

Qantas to open new Singapore first class lounge in 2019 - Australian Business Traveller

2019年末にオープン予定のこのラウンジ、240人が座れるという規模。シャワーは当然として、飲食物にも重点が置かれており、カクテルバーとオープンキッチンが設けられます。後者においては、シンガポールに触発されたアラカルトメニューが供されます。現在のTerminal 1にある Qantas Singapore Lounge とは別の場所に設けられる可能性が大きいようです。

f:id:PECHEDENFER:20181216112243j:plain

現状のカンタスラウンジ Changi

同時にビジネスラウンジも拡張を予定しており、ファーストラウンジと合わせて現在の60%増、合計800人が座れるようになるとのことです。現在でも混雑している Qantas ラウンジ、A380シンガポール便への再投入によるプレミアムクラスの旅客増大に応えます。

 

「普通の」oneworld ファーストクラスラウンジになるようで、エメラルド会員も利用可能であるようにCEOの Alan Joyce は語っています。BAの GGL 会員はもはや Concorde Bar 利用資格が失われたので、この空港では BA より Qantas を選ぶ場面が増えそうです。

 

フィジー航空の利用について

12 月5 日 Fiji Airways は、oneworld connectという立場の oneworld メンバーになりました。利用者の関心は、oneworldの正規メンバー会社のマイレージプログラムとどういう関係になるのかに尽きます。

Fiji Airways starts operating Oneworld Connect programme

oneworld の rugy, sapphire, emerald会員は、Fiji Airways 利用時も優先チェックインと優先搭乗の特典が付与されます。一方でステータスマイルと特典マイルの獲得は、スポンサー4社(Qantas, Cathay Pacific, American Airlines, British Airways)の会員に限られるようです。

 

Qantas Frequent Flyer との関係については、詳細が記事としてまとめられています。

New benefits for Qantas flyers as Fiji Airways joins Oneworld Connect - Australian Business Traveller

 

Fiji Airways によると oneworld connect という制度は、フルメンバーになるよりも安く上がり、会員には密接なコードシェアと同様の特典を付与することができるそうです。oneworldにしてみれば、Star Allianceに取られると Air New Zealand との協同効果でオセアニアの覇権が怪しくなります。パートナーがVirgin Australiaでも同じ。この南太平洋の会社の路線網は独特かつ無視できないため、自分の側に引き入れたかったのでしょう。

 

アメリカン航空中国南方航空の共同事業の展開

SkyTeam脱退をしてまで欲しかったアメリカンとの協業。当然続報があります。昨年アメリカンが 2億7000万以上の南方航空の株を購入した際、合意に達したコードシェアを1月以来大胆に広げつつあります。

https://www.deplacementspros.com/American-Airlines-et-China-Southern-renforcent-leur-partenariat_a51438.html

来年には双方のマイレージプログラムで、どちらの航空会社の利用でも同様にマイルが貯まり、特典航空券に交換できるようになります。相互のラウンジ利用も2019年冒頭に開始します。

 南方航空側では、ダラス(DFW)、ロサンジェルス(LAX)と北京、上海との間に運航されるAA便にコードシェア便を設定、アメリカン側では、ロサンジェルスと広州、沈阳間、サンフランシスコと広州、武漢間、さらにニューヨーク(JFK)と広州間のCZ便にコードシェア便を設定します。

f:id:PECHEDENFER:20181216121057j:plain

こうしたコードシェア発表の時期から考えて、SkyTeam脱退も今年の初めには予定されていたようですね。アメリカと中国本土の航空会社の共同事業は、今後どういう展開になるのでしょうか。政権によるちゃぶ台返しというドラマも考えられるし、目が離せません。