バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

マレーシア航空のA350

Malaysia AirlinesのフリートにA350-900が加わりました。11月30日の朝、Kuala Lumpurに到着した模様です。

Airbus : premier A330-800 en FAL, trois A350 livrés | Air Journal

少し前の報道では、12月9日からPenang線とBangkok線で運用される予定となっていました。

Premier vol pour l’Airbus A350 de Malaysia Airlines | Air Journal

 

もちろんMalaysia Airlinesのホームページでも、誇らしげに紹介されています。

A350

この特設サイトでは、無声のビデオが見られます。今の時代に無声と言うのは、なんと言うか...とにかく早く紹介したかったのでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20171130210812j:plain

(12月3日追記:ビデオはあっという間に消えました。今は公開されていません。)

 

ビジネスクラスのシートは、東京便でもお馴染みのA330とほとんど変わらないように見えます。注目すべきはファーストクラスがあること。Malaysia Airlinesは、ファーストクラスの運用を諦めません。頼もしい限りです。

f:id:PECHEDENFER:20171130205358j:plain

 

上級キャビンは、とても不思議なシート配置をしています。左右非対称ぶりが特徴的。

f:id:PECHEDENFER:20171130205630j:plain

キャビンの構成は、

ファースト:4

ビジネス:35

プレミアムエコノミー:27

エコノミー:たくさん

で、合計286席。プレミアムエコノミーが、エコノミークラスと同じ3-3-3の配置になっているのは残念ですが、実際の快適さはどうなのでしょう。エコノミーの幅が広いと理解すべきなのかもしれません。XWBが売りの機材ですから。

 

これも特筆すべきことかもしれません。ビジネスクラスとエコノミークラスのキャビンに、それぞれの礼拝スペースが確保されています。上のプランの凡例です。

f:id:PECHEDENFER:20171130212307j:plain

 

あまり利用する機会は無いかもしれませんが、ファーストクラスのシートはA380とは大きく変えてきています。JALANAなどと同じ、箱型になりました。

f:id:PECHEDENFER:20171130210204j:plain

シート配置図で見る限り、中央2席は窓側2席よりも幅が広そうです。中仕切りが外せ、2人で広々と使えそうな気配ですか、よくわかりません。

 

このA350-900は 2018年の第1四半期から、London Heathrow線に導入される模様です。そこが本格運用の場であるはずで、KUL-BKKやKUL-PENは「慣らし運転」以外の何者でもありません。2017年の12月、この2つの短距離路線のビジネスクラスの客は、もしかすると新しいファーストクラスのシートを体験できるかもしれません。

 

Malaysia Airlinesは、今現在日本でセールを行っています。KUL経由のビジネスクラスNRT-BKK往復は105,000円であります。ただし対象となる搭乗期間は、2018年のGW明けから6月なので、A350-900にはかすりもしません。

f:id:PECHEDENFER:20171130213231j:plain

そうそう都合よく物事は運びません。残念。