バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une ruche bourdonnante.

クリスマス

今日は聖誕節。Googleのトップページにあるロゴも「12月:地球全体でお祭り (December global festivities)」みたいなことになっていますが、確かに世界中で祝賀、祝祭が目白押しという時期です。

 

12月22日(金)solstice d’hiver 冬至 

12月23日(土)Anniversaire de l'Empereur 皇帝生誕日(日本だけですが、皇帝はもはや日本にしかいないので...。天皇誕生日が公式名称。)

12月24日(日)Réveillon de Noël 聖誕節前夜

12月25日(月)Noël 聖誕節

12月26日(火)Lendemain de Noël 聖誕節後夜

 

と言う感じで、世界のどこかで国家祝日になる日が連続します。地球規模でめでたい12月。聖誕節は、イスラム教国のマレーシアでも祝日。本音はどこにあるのでしょうか。

 多くの人にとって25日の夜なんて、昨夜の祝宴の余りモノを処分するためにあるようなもの。七面鳥サンドイッチとか、肉じゃがとか、シャンパン風呂とか、今宵のお供は人それぞれでしょう。昨夜騒ぎ過ぎた人も、今夜は落ち着いて過ごせるのでは?

 2017年は切支丹大名の高山右近列福式がありました。Pechedenferはキリスト教徒ではありませんが、日本の天主教会にとって大きな年だったことぐらいはわかります。マニラに客死した高山右近福者に列せられたことは、日本にとって悪いことではありません。しかしこれこそカトリックの持つ政治性。ひたすら煽り立てる商業ベースの騒ぎも実は同根。素直に浮かれることができません。

 

この時期は、商業に踊らされて金銭的(Krug 12本お買い上げとか)、ヒューマン・リソース的(恋人新規採用CDD de 48 hとか)、体力的(デザートまで合わせて、6,000 kcalとか)に無理して騒ぐより、静かに来年のことでも考えた方が良い気がします。

 

来年のこととはカレンダーの休日のチェックとか、上級会員資格の作戦立案とかです。当然ですね。

 

あたかも超然としているふりをしましたが、ワインなんぞ買っています。言うこととやることが違うなんて、何かの拍子にばれたら信用度ゼロになってしまうので自分から告白。数年来探していたモノを見つけ、誘惑に負けました。

f:id:PECHEDENFER:20171225184330j:plain

赤ワイン=カトリックのツールという事実はさておき、こんなものが手に入るなんて、東京は素晴らしいの一言。

 

毎年年末にやっていたStar Alliance特集。今年は無し。昨年から状況は変わっていないだろうから、新しい切り口で書かないといけません。それが見つかりません。すでに1年間A3*Gを更新するだけの発券は済んでいますが、その後は延長する意志がありません。

f:id:PECHEDENFER:20171225185216j:plain

ブログのためとはいえ、性に合わない団体と付き合い続けるのに疲れました。TGは良いのですが、残りはちょっとアレな会社が多いので...。

 

SkyTeamは、来年Flying Blueが大きく変わりますが、もともと特典航空券を目的にマイルを貯めるプログラムではなかったので、その効率がたとえ半分になっても影響は大きくありません。

 上級会員維持のためには、搭乗パターンを少し変える必要があります。このことに関しては行き詰っていたところだったし、新システムではかなり楽にすることが可能なので安堵しています。

f:id:PECHEDENFER:20171225190941j:plain

Garuda Indonesiaは印尼で唯一の5スターエアラインですが、飛行中 cockroach がキャビンを飛びまわっていたと、悪友が喜んで報告していました。しかし cockroach aboard は、稀ではないようです。ソーシャルメディアの時代になってわかったことは数多いのですが、こうした事実はその最たるものです。ここでcockroachは標準日本語の「(黒い) G」以外にも、数種の昆虫を含むことに注意が必要です。この店ではcafard(仏語のcockroach)にドブネズミまで含まれています。

 Flying Blueには Club 2000というVIP用会員資格があり、2000つながりで思い出しました。この2000は会員数を示しているようなのですが、cockroach や rat になぞられ、表現されるような公人も多そうです。

f:id:PECHEDENFER:20171226114855j:plain

 

oneworld の British Airways は、そのまま続けるしかないような...。アジアでは良くも悪くも味のある会社が多い oneworld ですが、どの会社にもFFPを移籍するほどの親しみは感じません。会員を続けるのに、親しみとか慣れは決定的な要素です。他の人は違うのでしょうか?

f:id:PECHEDENFER:20171225191207j:plain

広東語もマレー語もシンハラ語もロシア語もアラビア語も全くわかりませんから...。日本語は分かりますが、JALJGC-JJIはちょっと...。イメージが、なりたい自分像からかけ離れています。イメージ=虚像のことが多いのは知っていますが...。