バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

FUKで立ち往生したピーチ

空港が閉鎖されたり、台風で欠航があると、ブログやツイッターでも実体験がリポートされます。普段から拝見しているサイトでも、高い確率で誰かがアクシデント/インシデントの影響を被っています。ご本人には申し訳ありませんが、ニュースに連動していて興味深い限りです。かく言うPechedenferもたまにやられます。特に日本国内での遭遇率が高いのですが、理由は分かりません。昨日、「他の会社*の事故で目下空港閉鎖中(原文は英語、other airline)」とANAが公式アカウントで呟いた福岡空港の事故もかすりました。

 *:78%の株式を保有する子会社という他人、前々日にバニラとの合併を発表してやった他人。都合の良い時は親分ヅラ、都合が悪いと他人のフリと社会から見えるのでは?タイミングが悪かったとは言え、こんな不注意な広報で大丈夫ですか、ANAさん。

 

まず羽田から伊丹へ

その日は朝、羽田でチェックインしました。JALです。悪しからず。ラウンジに転がり込むと限定特製パンが目に留まります。コーヒー一杯だけの予定を変更。

f:id:PECHEDENFER:20180324210122j:plain

香川産キウイを使った「香緑のデニッシュ。」3月限定、約1万食限定と、試作品のようなもの。パン生地はともかく、ペーストの味わいは特徴的で、機会を逃すのはもったいないと感じました。JA香川との連携の「一環」ということなので、第二、第三の限定品も現れるのでしょう。がらにもなく、期待してしまいます。

 サヌキ男にアワ女という言葉の通り、シャンパン(泡)でも五穀米(粟)でもなく、鳴門わかめの味噌汁でも出してはと、つい余計なことを考えてしまいました。

 

窓の外は、Trouver l'intrus* (仲間外れを探せ)。

f:id:PECHEDENFER:20180324210932j:plain

*フランスの幼児向け「演習」。語義は、侵入者を見つけよう。

 

まず伊丹へ向けて出発。よくオーバーブッキングになるJAL101便。今日も10,000円または7,500 milesで後続便への振替えボランティアを5名募集。実際にあふれたかどうかは、ボランティアに手を挙げない限りわかりません。

 

知らん振りをしていたら、平和に出発。10分の遅れは、多分羽田の混雑の影響。

f:id:PECHEDENFER:20180324211446j:plain

 

機内のドリンクも、限定の伊藤園野菜ジュースだそうです。

f:id:PECHEDENFER:20180324212105j:plain

これは世の中でここにしかないという商品ではなく、JALが機内で出すのは限られるという意味でしょう。

 

 居眠りする暇もなく伊丹へ到着します。

f:id:PECHEDENFER:20180324212312j:plain

 

寿命があと僅かの到着ホール。この時点では、運航上の問題は発生していませんでした。

f:id:PECHEDENFER:20180324212401j:plain

 

空港周辺で道草

ここで乗り継ぐITM-FUK便には時間があったので、気になっていた場所を視察してから、近隣の蕎麦屋に行きます。伊丹のラウンジに籠もって、焼きカレーパン食べ放題なんて、とても無理です。

f:id:PECHEDENFER:20180324212532j:plain

豊中では蕎麦とか、洋菓子とか、少し気合が入るとすぐ値が上がります。物価はやや高い印象。さてその「高級」蕎麦。写真で見ても分かりますが、一部が付着していて、一様になっていません。蕎麦切りそのものは東京の専門店の方がスキが無いようです。反面香りはまずまず。好き嫌いは別として、東京のものより上品。

 

伊丹空港に戻ってきて知った、8時10分にピーチがやらかした粗相。よりによって福岡でパンクするなんて、ピーチのばかやろうと叫びたくなる場面。午前中の福岡着発便には、欠航、ダイバートが相次いだ模様。大分空港に一時降りて、その後すぐに福岡に飛んだという貴重な体験をした方もいらっしゃったようです。多分ターミナル到着も省略した真性タッチ

 

伊丹から福岡へ

ITM-FUKは飛ぶのかと心配の中、とりあえずは搭乗券をもらって入場。

f:id:PECHEDENFER:20180324213005j:plain

 

福岡空港は、まだまだ混乱している様子ですが、結局20分の遅れで出発。パンクだけなら機体をどけてしまえば、空港はすぐ使えるようになるので、重大な影響はないはず。心の平静を取り戻します。

 

さて「とりあえず着陸はできるでしょう」なんてレベルで出発したITM-FUK便、出発の遅れを維持したまま着陸。しかしゲートが空いていないという理由で、誘導路でさらに10分待たされるはめに。混乱は続いているのでした。結局35分の遅れとなりました。

f:id:PECHEDENFER:20180324213519j:plain

予定とは異なり、バス移動でした。問題を起こしたピーチの機体はどこにも見えず。

 

ITM発FUK行は9:30にもあり、常識的にはこれがJAL101便に接続します。しかし昨日に限って言えば、欠航でした。その搭乗客は、Pechedenferの予約した13:05の便に振替になったはずです。その便は満席になっていたので、振替は完了せず、新幹線で移動した人も居たのでしょう。あくまでも結果論ですが、接続時間が5時間ある便を予約して正解でした。別に蕎麦屋が目的で道草したわけではありません。E90のクラスJに乗りたかっただけです。

 

26日追記

(1) ANAツイッター、日本語もありました。

f:id:PECHEDENFER:20180326084326j:plain

やっぱり他人事になっていますね。不注意だと思いますが、万が一「別の会社だから、別の会社と言うのが正確だろう。何の文句がある。」と考えているようでは、問題は深刻。腹黒いところは上手に隠し、都合の悪いことは隠さず上手にごまかすのが企業広報ではないのでしょうか。

 

(2) 福岡空港の出発の時に撮影。空港敷地のはずれ、風下側(航空機侵入側)の隅、あらゆる施設から離れて停機しているPeach機。問題を起こしたのはこの機材ですね。たぶん。

f:id:PECHEDENFER:20180326084942j:plain

木製の車輪止めで総ての車輪が固定してあります。

着陸時のパンクでは、整備をしっかりやっていても、ある程度発生するインシデントのような気もします。死傷者が出なかったようで何よりでした。