バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

フライングブルー刷新

今日の話は、「フランスあるある」。サービスの改悪を大々的に行い、それをぼかすかのようにイメージまで一緒に刷新。

 利用とマイルのバランスを良くして、会社の収益向上に貢献するよう4月1日、変身を遂げた Flying Blueのことです。あちこちのデザインを同時に変えて来たので、やっぱり。

 

まずはWeb site。

Flying Blue

会員レベルごとにタブがあります。

f:id:PECHEDENFER:20180405121809j:plain

アメリカ美術の60年代の流行をコラージュでリメイク。

 

goldとplatinumは写真が一緒。色は変えてあります。ネタ切れ?

f:id:PECHEDENFER:20180405123024j:plain

イメージビデオは4つのタブに共通しています。活動的な(おそらく北米の)女性silver会員。音楽が...Beethoven Symphonie Nr. 7 第4楽章。アクティブな線でまとめたかったのでしょうが、この組合せに心惹かれる人っているのでしょうか。女性の抑制が効いた語りに賑やかで勇ましい曲。映像と曲が互いに足を引っ張り合っているような気がしてしかたありません。

 

カードのデザインも久しぶりに変更。Ivory会員は廃止。explorer会員*になったようです。シンボルカラーはブルー。

f:id:PECHEDENFER:20180405124207j:plain

silver会員のシンボルカラーも、灰色+ミント色に変わりました。意外とすっきり。

f:id:PECHEDENFER:20180405124620j:plain

gold会員は金色で特徴なし。BGMが7番4楽章では、押しが弱すぎ。

f:id:PECHEDENFER:20180405124836j:plain

platinum会員は黒から青みがさした灰色に変わりました。これは品があります。

f:id:PECHEDENFER:20180405124910j:plain

*最初、動詞不定形の explorer(=英語の explore に対応)かと思っちゃいました。

 

実は先週、新しいカードと荷物タグが届きました。

f:id:PECHEDENFER:20180405130231j:plain

趣味が悪すぎて、もうFlying Blueは止めようかと思ったほどです。しかし他の会員のカラーを見るとそれほどでもありません。gold会員を止めるのが良い解決策。しかし上にも下にも変わりにくい事情があります。

 

今回の更新ではデザインが3代目に変わったのですが、実は同じ有効期限の2代目カードを持っています。

f:id:PECHEDENFER:20180405130717j:plain

たぶん三井住友のキャンペーンでゴールド会員になった方は、皆さん同じように2枚の有効カードをお持ちになっていると思います。今回はイメージ一新が目的でしょうから、新デザインのカードを全会員に送り付けたはずです。explorer会員はカードが無いかもしれません。

 

一年間、新旧デザインでFlying Blue会員だなんて、何て素敵なことでしょう、なんて思う訳ありませんね。単なる無駄です。

 個人的には、初代Flying Blueが最も好み。Frequence Plusよりも格段に良くなったと思ったものです。ところが2代目、3代目となるにつれ、デザインがつまらなくなってきました。今回の改革に付いていけず、少し前にFlying Blueを辞めた拔け忍 Air Europa の FFP、SUMA のデザインより少しましな程度。

Air Europa SUMA

 

今年度の gold 会員更新に際して、過剰になった資格マイルは、XPに変換されました。1,000 milesを 5 XPに換えるというアナウンスでしたが、端数は切り上げられていました。5 XP予想より多くゲット。更新がほんの少し楽になりました。こういう「発表になかった細部」で顧客側に有利な処理をするのも「フランスあるある」。実質は大したことありませんが、印象はかなり良くなります。デザイン一新では誤魔化されない客も、この攻撃には屈するのではないでしょうか。狡猾なフランス。


とってもフランスしている春のFlying Blueでした。