バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une ruche bourdonnante.

シンガポールチャンギ空港 BAラウンジ:悪いニュース 

BA@チャンギ

Singapore Changi空港は、高級航空会社 Singapore Airlines(SQ)の本拠地。SQ はスターアライアンスの有力メンバーですが、この航空連合の求心力は、大ドイツのもの。そこに所属しない航空会社は、影が薄くなります。ドイツの配下に入るはずがない英国の「国旗運び屋」British Airways は、oneworld という連合をつくっていますが、この空港では分が悪いのは当然。

 しかしながら Singaporeは、大英帝国が世界支配のため建設した中継港。人の移動が海から空に移ろうが、世界の空でドイツが大きな顔をしていようが、英国はこの拠点を失いたくありません。British Airwaysも Changi は拠点にしておきたいはずです。カンガルールートが、英国にとって今も重要なのは良しとしましょう。しかし中継港はここである必要がありません。そもそも Perth - London というノンストップ便の運航も可能なのに、中継港が必要かと言う時代です。しかし簡単に諦めないのが英国流。

f:id:PECHEDENFER:20180917230752j:plain

 

British Airwaysも自社ラウンジを設営するなど、Changiには他の就航地とは異なる力の入れようです。さらに象徴的な出来事として、本拠地 London と世界都市ランキングNo. 1の New York にしかない、エクスクルーシブな空間を設けてしまいます。ロンドンとNYでは The Concorde Room といい、それだけで高級ラウンジとして機能しますが、さすがに Changi ではそこまで金と空間を使うわけにはいかなかったようです。The Concorde Barとして、ラウンジの一部を隔離するに留まっています。それでも意気込みは感じ取れます。

f:id:PECHEDENFER:20180917231015j:plain

 

British Airwaysは、Dubai 国際空港でも同様に The Concorde Barを作っています。世界中に自分の港をこしらえた英国にしては謙虚ですが、この Bar は今のところ世界に2箇所だけです。

 

悲報:サービス低下=改悪

Changi の The Concorde Bar。前回この空港に来た時入室し、記事一本にしました。

チャンギ空港のコンコルド・バー(The Concorde Bar, Singapore) - バス代わりの飛行機 

GGL会員一年目なので Concorde Room Card を持っており、それを受付で提示すれば入れたのですね。

 その時はあまり時間がなく、ラウンジの一般エリアを全く見られなかったのが心残りでした。今回は一般エリアに集中しようとConcorde Room Cardは持参せず、丸腰GGL会員として入室するつもりでした。営業時間や設備など、ウェブで確認していたところ気がついたのが、この改悪。

 

oneworldのサイトのラウンジ案内では、Concorde Room Card Holders という文字列が消え、BAのファーストクラスの客が The Concorde Bar の入室対象者となっています。

f:id:PECHEDENFER:20180915230140j:plain

当然、現地で確かめました。入室する時に受付の係(半年前と同じ方でした。何となく私のことを覚えていたようです。)に尋ねたところ、「狭いのでファーストクラスの客だけになりました」とのこと。彼女は入室する搭乗客を整理する係ですから、正確な情報でしょう。残念な変化です。

f:id:PECHEDENFER:20180917222818j:plain

Concorde Room Cardではこの扉はもう開きません。

 

ちなみにDubai 国際空港のラウンジの案内ページも同様で、The Concorde Bar は BA のファーストクラスの客だけが対象になっています。一年目のGGL会員は、これまで大手を振るって入れた空間でしたが、その特権は失われました。

 ちなみに oneworld アプリでは従来通りの案内がなされますが、対応が遅れていると判断した方が無難です。そのページを表示して、「入れることになっているじゃないか」と主張するのはみっともないので止めましょう。

 

やはり世界に2箇所しかない The Concorde Room の方は、相変わらずカードホルダーも入れることになっています。この点からまだまだ 5,000 tier points/年も価値があります。

 

いずれにしても亜州・大洋州、中東のGGL会員にとって、これはちょっとした事件。個人的にはショックでした。今日は Singapore の BA ラウンジの一般エリアを記事にするつもりでしたが、別切りにします。気持ちを新たにしないと...。

f:id:PECHEDENFER:20180917224847j:plain

 

The Concorde Room Cardのまとめ

・会員年度中に 5,000 tier points積算すると、次年度会員資格と同期限のカードが発行される。

 

・カード提示で入れる場所

(1) London Heathrow空港 Terminal 5 の The Concorde Room

(2) New York JKF空港 Terminal 7 の The Concorde Room

 

・少し前までカード提示で入れたけれど、今は入れなくなった場所

(1) Singapore Changi空港 Terminal 1 の The Concorde Bar

(2) Dubai 国際空港 Terminal 1 の The Concorde Bar

 

これらの場所は、その日 oneworld 各社の便で出発する搭乗券を持っていないと利用できません。またこれらの場所は、British Airwaysのファーストクラスで出発する客が利用する施設です。