バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

JALファーストクラスラウンジ成田T2サテライト

定点観測と言えるほどには、頻繁には来られないラウンジ。毎日19:30に閉まるので、週末に成田出発というスタイルには向いていません。今日は貴重な機会。

 チェックイン時、サテライトの搭乗ゲートが案内され、さらに本館ラウンジが混んでいるという警告がありました。そんな状況で、ここを避けるほどヘソ曲がりではありません。

f:id:PECHEDENFER:20181030224018j:plain

 

壁の絵が変わったような気がします。

f:id:PECHEDENFER:20181030224234j:plain

窓からの光景は、本館より広々感じるはずです。開口面に対してラウンジ奥行きが小さいためだと思います。一面ガラスですし。飛行機を眺めるのが好きな方には、こちらがよろしいかと。もちろん鶴丸が大多数です。

f:id:PECHEDENFER:20181030224713j:plain

最近ほぼ毎日飛んでくるマレーシア航空のA380も目に入ります。これは本館端のゲートにしか駐機できないようです。

 

本館3階のラウンジが混みやすいのは、寿司カウンターがあるからでしょう。ネタや技術が際立っているようには思えませんが、このJALラウンジ限定サービスは、よく話題に上がります。

 サテライトには寿司カウンターは無いものの、これがあります。

f:id:PECHEDENFER:20181030225258j:plain

この Champagne は限定品などという大それた代物ではなく、Laurent- Perrierの低価格帯を支えるヒット商品。パリでも人気らしく、スーパーに行くと目立つところに置いてあります。

 

巨大なA380を遠目に朝シャン。ヨイショ記事だと、搭乗前の至福の時と書くのが型というものです。しかし朝酒くらって至福とは、美学に欠けます。

f:id:PECHEDENFER:20181030225439j:plain

 

一方ソーシャルメディアにも、従うべき様式があります。このシチュエーションでは、撮る写真はこうなります。

f:id:PECHEDENFER:20181030225531j:plain

多くの常識人から呆れられる(距離をとられる、鬱陶しがられる etc.)、航空機+シャンパンの21世紀型表現。やはりこのスタイルが無いと落ち着きません。

 どう紹介するかはともかく、細かな泡立ちはさすがのChampagne。他の発泡酒と明確な差をつけます。

 

見渡す限り、日本の翼が休まる基地。動き出す機材もかなり見られます。鶴丸大好きな方には天国のような場所ですが、そんな方はラウンジ内にいないようでした。多くの客は朝カレーに朝ビール(か朝シャンパン)で、割かし嬉しそうです。

f:id:PECHEDENFER:20181030230117j:plain

 

そういう多数派と距離を置きたいなら、ダイニングに移り、独自の朝食に挑戦するしかないでしょう。私のためだけにつくられたモノが何一つないという悪条件。個人の要求に対し、どれだけのものが提供されうるか見極めるのは、ラウンジのレベルを測る上で必要です。

 和、質実剛健化学調味料回避という要求を設定したら、こんな感じに。

f:id:PECHEDENFER:20181030230557j:plain

白米に醤油大根おろしは、平成の御世では atypique。苦沙弥先生風ラウンジ朝食とでも名付けましょう。英国版日経 FTは「和」から一見遠いのですが、英語教師風ですから実は調和しています。

 

和の質素さを楽しみ、また着席エリアへ。この移動が大切。ダイニングのトレイを着席エリアに持ち出して、食べるのは格好良いものではありません。場所をわきまえない点で、夕方の通勤ラッシュ時に駅ホームで電車を待ちながら、缶チュウハイを開ける人たちと変わりません。

 この機材、今年すでに搭乗した可能性が高いはず。それでも乗るのと外から眺めるのは全然違います。日本の空港ではすっかり珍しくなったため、巨大さが新鮮。

f:id:PECHEDENFER:20181030231341j:plain

 

サテライト側では、フィンエアーが到着します。これは昼ごろの出発のはず。

f:id:PECHEDENFER:20181030231557j:plain

 

出発ホールのフィンエアーのカウンターは非常に混雑していました。人気の高さをうかがわせます。マレーシア航空もA380を運航するぐらいなので、利用客はかなり多いはずですが、人気が高いように感じません。イメージの違いですか。

 

FTは関心の持てそうな記事だけざっと読んで、その後はウェブでニュースを収集。

 日本でもよく知られるトルコ大統領。西ヨーロッパでは独裁者として警戒されています。こんな記事がすぐ見つかるようでは、警戒感も当然。

f:id:PECHEDENFER:20181030232038p:plain

 

Erdoganが、我らの時代の最も偉大なムスリム指導者である12の理由。誰が書いたのか知りませんが、圧巻の称号が当然になっています。

 これ以上は無いというぐらいの大言壮語ですが、あえて Erdogan 大統領を超える方を探してみました。隣の国のあの方ならもしかしてと、適当なキーワードで検索してみたら、一発でヒット。しかも記事ではなく、ご自身の facebook と完璧です。

f:id:PECHEDENFER:20181030232554p:plain

 

なんと「(全) 世界の指導者」。この方のキャラなら、こんな途方もないタイトルを「自分で」使っても様になります。

 アメリカ大統領は、 " the Leader of the Free World "。The Free World とそれ以外の世界、アメリカ大統領とそれ以外の人を合わせると、指導者は Putin になるのでした。算数レベルの集合論で失礼しました。

 

政治家と謙虚さは相容れませんが、その中でも頂点を目指す方々は違いますね。一般人なら、誇大妄想で経過観察が必要となるところです。Putin閣下の facebook は、フォローしたくなりました。

 

そろそろ時間となったので、この場を去ります。

f:id:PECHEDENFER:20181030232837j:plain

 

成田空港JALファーストクラスラウンジのポイントは、

 

サテライトターミナルと本館4階のラウンジは、本館3階のラウンジより空いていて、より静か

 

です。眺めの良さは、

 

サテライトターミナル>本館3階>本館4階

 

ですかね。