バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

BA エグゼクティブクラブ 多重プロモーション

BAからのメール

”敬称 名前, get up to 45% bonus Avios. Holiday here you come...”

 

というメールが届きました。毎度おなじみの Avios の販売プロモーションです。しかし、書き始めが、

 

”There has never been a better time to purchase Avios.”

 

とありふれたボーナス期間のお知らせとは異なります。どういうことかと言うと、

 

”We’ve added over 50,000 extra Club World reward seats for travel between 16 December and 31 March 2019, making it easier for you to find the reward flights and upgrades you want. Our reward seats are always in high demand, so act quickly. Book by 2 December 2018.”

 

特典用に 50,000 席以上のClub Worldのシートを新たに追加した。とのことです。路線により濃淡があるかもしれませんが、この数が相当多いのは間違いありません。Club World を初めて無料航空券で取るような方には、絶好のチャンスです。

 

予約は 12月 2日まで、旅行は 12月16日から来年 3月 31日までと、フラッシュマーケティングでもないし、旅行期間も十分あります。

 

f:id:PECHEDENFER:20181118115019j:plain

 

 

Aviosの売り方は、いつもと同様。

購入期間は、11月12日(グリニッジ標準時01:00)から11月25日(同23:59)

・    1,000 -   15,000 Avosの購入あるいは贈与で 25%ボーナス

・  20,000 -   35,000 Avosの購入あるいは贈与で 30%ボーナス

・  40,000 -   90,000 Avosの購入あるいは贈与で 35%ボーナス

・100,000 - 200,000 Avosの購入あるいは贈与で 30%ボーナス 

 

新戦略?

購入時期に合わせて、特典用の座席を増やしたというのは強力なパターン。最近日本でも話題になっているグルーポンでの Iberia 航空 Avios 特売の他、クレカのポイント移行やホテルプログラムのポイント移行に対して、すっかり魅力が無くなってしまっていたBAによる Avios 直売。テコ入れをしてきたように見えます。ということは、このルートによる「航空券の販売」も、BAとしては重要なビジネスであると判断できます。

 

マイレージプログラムは元々顧客を引き留めるカラクリだったはずですが、収益事業になっています。

 

Executive Clubの普通会員では、年間 35,000 Aviosまでしか購入できないはずでしたが、今ログインせずにサイトを見ると、100,000 Aviosまで購入できると書いてありました。大判振る舞い。もっとも今から最大限購入しても、東京-ロンドンの Club World は片道(90,000 Avios)分にしかなりません。

 

念のため、無料航空券に必要な Aviosを一覧にしました。左端の数字は飛行距離(マイル)で、片道チケット分です。

f:id:PECHEDENFER:20181118121525j:plain

なおAviosで無料航空券を発券する場合、諸費用は有料です。これはAviosの欠点とされています。

 

今回は、「Aviosなんて貯まる一方で、買うなんてありえない」というぐらい保有してしまった人も Club World 発券のチャンス。Aviosを正規ルートで買うというのは、普段あまり得でないことが多いのですが、今回は少々足りない人でもボーナスを利用、 Avios を補填して発券するのもアリかもしれません。無料航空券の設定数は、必要マイルの多寡と同じ程度に重要だからです。