バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

2019年の会員プログラム

年の瀬の恒例。年明け後の各種会員プログラムの利用法について、作戦立案です。新年の résolutions* のようなもの。

 

航空会社マイレージ

British Airways Executive Club:現状は 2020年2月末まで GGL会員。来年も BA とワンワールドの便に搭乗して、さらに資格延長を図る予定ですが、どうなる事やら。そろそろプログラムの改悪がありそうな予感もします。

f:id:PECHEDENFER:20181125120423j:plain

 

Air France - KLM Flying Blue:現状は 2019年3月末まで Gold 会員。あと4ヶ月。年末までの搭乗実績で 2020年3月までの会員レベルが決まりますが、Silver 会員になる予定です。上級会員資格基準に xp が導入され、どうあがいてもビジネスクラス利用でないと、上級会員維持は無理。一方、ビジネスクラスだと Gold 会員の殆どの特典は、サービスに含まれてしまいます。個人的には、会員特典はほとんど意味がありません。

 さらに Flying Blue の新しいカードデザインに失望しました。特に Gold 会員のカードは最悪。このことも Silver を選ぶ動機になっています。

 来年は xp が 残った状態から始まる予定です。Silver 会員資格を延長する程度には搭乗できます。スカイチームではエリート会員となりますが、会員特典はワンワールド・ルビー会員、スターアライアンス・シルバー会員と比較すると充実しています。

f:id:PECHEDENFER:20181125120234j:plain

 

Aegean Airlines Miles+Bonus:現状は 2019年11月24日まで Gold 会員。日本に住んでいるとギリシャは遠く、この航空会社の利用はおっくうに感じられますが、搭乗自体は楽しいので続いています。11ヶ月以内に4便利用、さらにスタアラ各社の便で合計12,000 miles以上の搭乗を果たし、会員資格を2020年11月24日まで延長するつもり。エコノミークラスの搭乗だけで十分維持可能な会員資格と、今時貴重な存在。

 スターアライアンス各社はあまり使わないので、スタアラゴールド特典は最低限しか利用していません。

Cathay Pacific Aisa Miles:これはアンケート Insight の報酬用に開設したアカウント。最近アンケートの依頼は来なくなりました。キャセイは Insightも維持できないぐらい元気がなくなっているようです。マイルの有効期限より、そちらの方が心配。

 

宿泊会員プログラム

Accorhotels Le Club:現状は 2019年12月31日まで Silver 会員。来年から「主に利用する」ホテルチェーンにする予定。年間 30 泊はするでしょうから、適当な時期に Gold 会員にレベルアップするはず。

 Accorはビジネスユースのイメージが強いチェーンです。高級ブランドの Sofitel は一時期放置され過ぎて、前時代の臭いが固定してしまいました。もはやこの名では高級イメージの確立は無理だと判断したのか、SO/ Sofitel、Sofitel Legend、M gallery by Sofitel と3つの新ブランドを立ち上げましたが、贅沢好きな顧客は開拓できたのでしょうか。ヨーロッパブランドとチェーン化は両立しにくいので、中途半端な線を狙わざる得ない気もします。

f:id:PECHEDENFER:20181125115811j:plain

 

このチェーンのホテルは、どこに行っても目にするような気がするのですが、部屋数は世界第6位。意外と少ないのです。しかしながら、ヨーロッパに限ると断然トップ。2~4位を合計しても、Accor に及びません。それがどこにでも見つかる理由なのでした。やはりメインは、このチェーンで正解。

 

SPG & Marriott Rewards:基本的に止めます。つまり、他のホテルが取れない場合に、選択肢に上がるかもしれないという方針になります。

 

IHG Rewards Club:前項の会員プログラムは休眠。するとアクティブな会員プログラムは Le Club 一つになってしまいます。さすがに心もとないので入会しました。何となく良さそうに見える IHG Group。

 アカウントは真っ新。

f:id:PECHEDENFER:20181121175353j:plain

入会後、初めて宿泊するまでの期間のみの表示ですから、貴重なスクリーンショット。すでに年内の宿泊を予約してしまいました。

 

ホテルブランドからチェックを始めないといけない状態です。

 

もともとアメリカ起源のホテルブランドが多いようですが、本部はイギリス。ヨーロッパに多く展開します。全世界における部屋数は、Hilton に僅差をつけられ第3位。ヨーロッパでは、Accor の3分の1。しかし、Best Westernに僅差をつけて第2位。そんな立ち位置です。

 

*新年の決心、新年の抱負。Google先生によると、フランスにおけるありふれた新年の抱負は、

体重を減らすこと、タバコを止めること、より良い仕事を得ること、節約すること、真の愛を見つけること、家の中をきっちりすること、何か新しいことを探すこと、近い人とより長く過ごすこと、etc.

と言うことです。紫ダイヤだとか、ファーストクラス世界一周だとか、1 000 000 陸マイルだとかは、全然現れません。

f:id:PECHEDENFER:20181122195049j:plain