バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

陸マイラー流 Bonvoy の使い方

直前の記事の続きです。個人が体験している限り Marriott Bonvoy は、

(1) 変換先が多く、(2) 変換が素早く、(3) 変換が1マイル単位

という特長を持ちます。Marriott というホテルに失望するかどうかは別に、Bonvoyというプログラムの利用は考えばよいと前回の記事に書きました。つまり宿泊・飲食サービスはどうでもよく、顧客プログラムにだけ注目します。こういう思考様式は、陸マイラー諸兄にはお手の物のはず。

今日は利用者タイプ 1.~ 3.別にシミュレートしました。

 

0. Bonvoy の特長のおさらい

(1) マイルへの変換ができる航空会社が多いこと

以下の航空会社のマイレージプログラム(FFP)のマイルに変換できます。40社以上です。多くは Bonvoyの 3 pts が 1 mile になります。航空会社・FFP名と変換レートは以下の通り。

Aegean Airlines 3:1
Aeroflot Bonus 3:1
AeroMexico ClubPremier 3:1
Air Canada Aeroplan 3:1
Air China Phoenix Miles 3:1
Air France/KLM Flying Blue 3:1
Air New Zealand Airpoints™ 200:1
Alaska Airlines Mileage Plan® 3:1
Alitalia MilleMiglia 3:1
ANA Mileage Club 3:1
American Airlines 3:1
Asiana Airlines Asiana Club 3:1
Avianca LifeMiles 3:1
British Airways Executive Club 3:1
Asia Miles™ 3:1
China Eastern Airlines Eastern Miles 3:1
China Southern Airlines 3:1
Copa Airlines ConnectMiles 3:1
Delta SkyMiles® 3:1
Emirates Skywards® 3:1
Etihad Guest 3:1
Frontier Airlines EarlyReturns® 3:1
Hainan Airlines 3:1
Hawaiian Airlines HawaiianMiles® 3:1
Iberia Plus 3:1
Japan Airlines JAL Mileage Bank 3:1
Jet Airways JetPrivilege® 3:1
JetBlue TrueBlue™ 6:1
Korean Air SKYPASS 3:1
LATAM Airlines LATAMPASS 3:1
Lufthansa Miles & More 3:1
Multiplus 3:1
Qantas Frequent Flyer 3:1
Qatar Privilege Club 3:1
Saudia Airlines 3:1
Singapore Airlines KrisFlyer® 3:1
South African Airways Voyager 3:1
Southwest Airlines Rapid Rewards® 3:1
TAP Air Portugal 3:1
THAI Airways 3:1
Turkish Airlines Miles&Smiles 3:1
United MileagePlus® 3:1.1
Virgin Atlantic® Flying Club 3:1
Virgin Australia Velocity Frequent Flyer 3:1

特殊なプログラムの Air New Zealand などを除くと、United で 1割レートが良いことが目を引くぐらい。後は 3:1で固定。

ちなみに 60,000 ptsの一括返還ごとに5,000 milesのボーナスがつきます。

 

(2) すばやい変換

Pechedenferの経験では全て 2日で変換が完了しました。他のポイントプログラムではこんな速い体験はなく、1週間~2週間と言ったところ。しかしながら、他の方の報告では、Bonvoyからの変換で4週間以上という話も出ています。どちらも真実だと思いますが、将来的にはシステムは速い方に統一されるはずです。

 

(3) 1 mileからの変換

Bonvoy側では 3 pts単位の変換になります。これはすっきりしている以上に利便性が高い性質。他のポイントプログラムだと変換後に 1,000 miles単位にしかならないとか、制限がかかります。

f:id:PECHEDENFER:20190309224842j:plain

わざわざホテルに泊まらなくてもBonvoyは使えます。

 

1. 複数FFPのハードユーザー

les petits infidèles futés

「いつもご利用ありがとうございます。」は、仏語では"Je vous remercie de votre fidélité."(貴方の fidélité(=誠実、忠実、貞節)に感謝します。)となどと言いますが、実は複数の航空会社 FFP で上級会員になっている者も少なからずいます。これはinfidélité(不誠実、浮気、不貞)以外の何者でありません。頻繁に会い、かつ長い時間過ごしてくれるし、求めにはいつでも応じてくれるしと、安心していると他の女でも同じだったという男がたまにいますが、表現の上ではFFPと全く同じ。

しかしこういう複数 FFP のハードユーザーにこそ、Bonvoyは役に立ちます。Bonvoy は主要なFFPの大部分をカバーしているのですから。

 

特典航空券をゲットするのにマイルが少し足りないという場合、Bovoy にポイントが十分あると重宝するのは、くどくど説明しなくても理解できるはずです。旅行できそうな日程に無料航空券が取れそうだったら、すぐにオペレーション。足りないマイルをキッチリその分だけ即補給。こんなことは Bonvoyにしかできません。ある程度のポイントを常に入れておくと良いでしょう。

 

2.「お、おにぎりはラウンジにあるんだな。」

les véritables nomades

ポイントを購入、マイルに変換、無料特典航空券に換えるというスキームを考えます。かつてのSPG Starpoints 購入の -35% off プロモーションの例では、2.28 cent/pt。これを変換ボーナスと現行の Avios ボーナスキャンペーン中の+30%を完全に利用できたとします。すると、1.4 cent/aviosとなります。

これをお得だと言われる JAL 国内線(片道4,500 Avios)の特典航空券に首尾よく変えることができたとします。ここで払ったのは結局 6,300 cents=7,000 円となります。

7千円で国内線一区間。羽田ー札幌でも良く、この区間は安くても個人で買うと11,000円ぐらいになります。Aviosで取れるなら、お得は間違いなし。しかし航空券の取り易さも重要です。予約のしやすさは当然、先得>JMB特典航空券>Aviosの特典航空券の順になります。Aviosでは、思ったようには航空券が取れないのではないでしょうか。

FFPの補完という位置づけができないケースでは、航空券が取れる日時で有意義に旅行ができる方にだけ Bonvoyのポイント購入が意味を持ちます。

 

裸の大将が足の向くまま放浪して創造活動を続けたように、検索で見つかった特典枠をすぐ自分のものにし、ふらふら現地へ移動。そして芸術作品を残すとか、ツイートする、インスタするなんて方には、Bonvoy の利用価値は高くなると思います。普通の勤め人には現金 → Avios の変換は、深刻な流動性低下を招き、結局損になる可能性が高いので注意が必要です。

 

3. 流行に敏感な方

les masses populaires

「現金→ポイント→アビオスと換えると半額で航空券を買えるなんて、すごい手があるものだ。直前でもOKと使い勝手も抜群ではないか。いろいろなブログを読むと、どう考えても得だ。」なんて他人の言うことをすぐ信じてしまう人、これは社会の多数派のようです。流行に敏感だとか、アンテナを張り巡らせているなどと自負する方ほど危険。

Bonvoyのポイント購入をプロモーション時に行い、航空会社 FFP の変換キャンペーン時に変換し、そしてようやく特典航空券へ変える準備ができるなんて、お得そうだからとふらふら実行する人たちには、難易度が高すぎる気がします。と言うのも、通常はこの準備に必要な期間は半年~ 1年。価値が上がったのか下がったのか判断できないでしょう。

自由時間に制約があるサラリーマンなら、しっかり旅行計画が立てられない限り、ポイント購入は止めた方が良い気と思います。

 

4. その前に

Bonvoyでは年間 50,000 ptsまで購入できます。1 USDで80 pts。(旧SPGのStarpointsは、この三分の一に相当。Bonvoyではポイントが数字の上で3倍なのです。)常時設定される 60,000 pts ごとの変換ボーナスを完全に使えると、Bonvoy の 80 pts は多くの FFP で 33.33 milesになります。つまり 2.4 cent/mile。だいたいSPG時代と同じです。

購入プロモーションと変換プロモーションが無いと、金額ですら元を取るには努力が必要なようです。