バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

新型肺炎流行

コロナウイルスによる新型肺炎が脅威となっています。メインランド中国の市場発。SARS以来の大型感染症の新顔です。

・中国政府の対応はSARSの時よりはましだった

・患者が大きく増える段階で、すでにSARSより患者数が多い

という二点から、どうも感染力はSARSより強いようです。一方、今のところ重症化する割合は SARS には及ばないらしく、致死率も SARS の 9.5 %に対して、3%とかなり控えめ。もっとも致死率3%は、感染症全体で考えると十分高い数字ですので、公衆衛生上の深刻な事態であることには間違いありません。

 

すでにヨーロッパの航空会社大手は、この新型肺炎発祥の地への運航を制限しています。3大手で最も対応が遅いエールフランスも、1月30日から武漢便は停止しています。北京便も減便。

f:id:PECHEDENFER:20200130200610j:plain

エールフランス武漢の組合せでピンと来た人は、相当 Flying Blue を調べています。Flying Blueには、特典航空券に必要なマイルを割引くプロモーションがありますが、これは月替わりで内容が変わります。ところがパリ-武漢線はビジネスクラス割引の常連なのです。ほとんど毎月のようにリストに出ています。今週初めまで、今月のプロモーションに Wuhan が載っていました。3月搭乗分で、35%offだったように記憶しています。それが今日見たら消去されていました。

 運航停止に特典を連動させる処置は意外に難しいと思いますが、エールフランスはできるようになっています。エラー運賃等も発生しにくいのでしょう。あまりうれしくありません。

 

パリから武漢への航空券はエールフランスで買えないのかというと、そんなことはありません。例えば2月10日の出発。

f:id:PECHEDENFER:20200130201444j:plain

北京、上海までは自社便、そこで提携会社の便に乗継ぎます。自分たちは直行運航を取りやめても、売れるものは売っちまえと商売熱心。確か武漢は封鎖されているはずですが、その空港までは到達できるようです。往復で買えます。空港が封鎖区域の外に位置しているのか、空港の敷地は市外扱いなのかで全く意味が違いますが、どちらかはわかりません。

 

ブリティッシュエアウェイズはさっさと武漢便を運航停止しましたが、29日にはメインランド中国路線全便に対象を広げました。

Coronavirus: British Airways annonce la suspension immédiate de tous ses vols vers la Chine

MH17便が地対空ミサイルにより撃墜されたウクライナ戦争でも、上空通過をさっさととりやめていた BA。安全な方向へ舵を切るのは早いようです。危機管理がしっかりしていることより、意思決定が早いことに感心します。

 

ルフトハンザも対応は徹底する方で、29日メインランド中国便を停止しました。中国路線で乗務員が感染、次の北米便の勤務時には感染源となるなんて事態が起きたらそれこそ事です。航空会社にとっては、まさしく悪夢。安全側に対処する気持ちも理解できます。

f:id:PECHEDENFER:20200130204716j:plain
 

安全策を強行する国がある一方、日本の対応は緩い限りです。お隣の国だし、人の往来は活発、多様化しているので、何か厳格な処置をとってもダダ漏れなのでしょう。どうせ何をやってもダメなんだから、ほどほどにした方が経済に悪影響がないみたいな発想なのかもしれません。素人が意見を活発に言うのは日常生活のフラストレーション解消には良いかもしれませんが、そんなことより体力を温存して(=栄養と睡眠を十分とる)、感染を防ぐ努力をした方がよさそうです。

 

今度の新型感染症のケースでは、運が悪かったとしか言いようがありません。蔓延の初期が民族大移動の起こる春節休暇と重なりました。結局移動には制限がかかりましたが、すでに保菌者はある程度広がってしまいました。SARSの時より中国政府の動きはしっかりしているようですが、抑え込みに成功したとは言えません。

f:id:PECHEDENFER:20200130205027j:plain

 

目的地が移動制限の対象になってない限り、飛行機の利用をやめるわけにはいきません。一方、日本国内でも二次感染が発生したようで、蔓延の兆しがあります。とどまっていることが安全とも言えなくなってきました。人が集まる場所は、感染のチャンス。空港を使うこと自体がリスクです。

 

どのぐらいの規模になるかは予見できず、パンデミックになる可能性を秘める新型感染症。本当に厄介な話です。

 

(追記)この記事の公開と前後して、WHOが緊急事態を宣言しました。

Coronavirus : l'OMS décrète l'urgence internationale mais "s'oppose à toute restriction aux voyages"

世界は「ヤバい」事態へ突入しているとの布告です。読者のみなさんにおかれましても、十分お気をつけ下さい。

 

(追記2)やはり記事公開と前後して、エールフランス武漢以外のメインランド中国への運航(残っていた北京と上海)の停止を発表しました。31日から停止しています。

Coronavirus : Air France suspend, à son tour, tous ses vols en Chine | Les Echos

3大手の中国便運航停止は、結局1、2日の差しかありませんが、フランス外務省が音頭をとらないと動けないあたりにエールフランスの難しさを感じました。