バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

羽田の欧州路線拡充

今週はハンコを押してばかりでした。こんな誰でもできる仕事は、肩書きが好きな連中に任せればよかろうと思っても、口にしてはならないのが日本社会。畢竟、自分以外の多くの者に供するのが仕事です。自分の有効な活用法は、自分では決められません。

 

3月29日、東京

その西の端*に沿って大型機が着陸が解禁になり、騒音の代わりに大いなる利便性を手に入れる東京。早速アリタリアが東京西端*の住民感情を逆なでする広告を出していました。

f:id:PECHEDENFER:20200220130053j:plain

Se rendre à Tokyo sera plus pratique que jamais : à partir du 29 mars, vous pourrez également vous envoler vers Tokyo Haneda, l'aéroport le plus proche du centre-ville.

「東京は今までにないほど便利に。3月29日から東京羽田 ―市中心に最も近い空港― へも飛ぶことができます。」

 

東京の西の外れ*の皆さんには、「解禁日からさっそく飛ぶのね。」と悪印象。お上品な方がお住まいの地区**が多いので、「アリタリアなんてくたばっちまえ」とは言わないものの、お金持ち**はネガティブキャンペーンに感じそうです。

 

 *:「東京」が指す地域は多様ですが、明治維新直前の朱引きまたは墨引きの内側部分というのが一つの典型。確かにその外側を郊外とすると、世界の大都市と対照しやすい都市像が得られます。逆に広く考えるなら自然の人口集積地になります。この場合、東京圏全体が東京で人口3700万人。世界最大の都市。現代の考え方の主流は、近代以前の都市または現在の「自然発生した集積地域」。国が偉かった20世紀までは、区部、都などという行政区分が都市の概念を支配していたものですが、今では人気がありません。行政区画はお上の都合ですから、下々の者が相対的に偉くなった21世紀では当然の現象。

**:住民の所得が一番多い自治体は東京都港区。1126万円(2018年)。同じ「東京」は足立区の 341万円の3倍超にもなります。しかし港区内でも圧倒的な地域差があるはずで、旧赤坂区+旧麻布区と旧芝区を比較すると2倍程度の違いになるのではないかと思います。どこかに統計はないものでしょうか。

 

それはそうと、アリタリアの羽田便、ローマ旅行なら良い時間帯のフライト。毎日運航です。

f:id:PECHEDENFER:20200220130531j:plain

 

アリタリアANA と提携しており、日本各地からの羽田乗継が便利という点も見逃せません。反対に欧州人は、アリタリアで飛ぶと霊感がらみの日本旅行になります。JAL と提携するエールフランス並みに便利になることが期待できます。頑張るスカイチーム

 

この広告は欧州向けなので、東京の観光案内もあります。

Partez à la découverte d'une grande métropole : du calme du temple Sensoji et des onsen, ces thermes japonais typiques, à l'extravagance du quartier Harajuku, royaume de la street fashion japonaise. Et si après tout cela vous avez faim, arrêtez-vous au Toyosu Market, le marché aux poissons le plus célèbre de la planète où vous pourrez déguster les sushis les plus frais.

浅草寺に静寂を、原宿におしゃれを、豊洲に「最も新鮮な寿司」を求めるというセンスはそれぞれちょっと微妙。代理店のやっつけ仕事だったのでしょうか。

 

成田より羽田が近い領域の境界を明示して欲しいもの

アリタリアの羽田就航は、ANAの顧客にも恩恵があります。ANAマイレージクラブの会員は、アリタリア利用でマイルをためることもできます。選択肢が広がります。

 

もちろん ANA も東京西部の騒音の恩恵を受ける立場。羽田発着の国際線網を充実します。ミラノ、ストックホルムイスタンブールに新規路線開設。日本の霊感の伝達網が強化されますね。ミラノは4月20日就航。7月10日から毎日運航。それまでは週3回。ANAマイレージクラブの会員はアリタリアなんかには目もくれず、ANAを利用するでしょうが、あの英語でヨーロッパの住民をどれだけ集められるのでしょうか。

 

ANA だけが日本から直行便を持つヨーロッパの都市は、

Bruxelles, Stockholm, Düsseldorf

と3つになります。他社も日本路線を持つ ANA 就航都市は、CDG, FRA, LHR, MUC, MXP, FCO, DMEと7つ。合計で10。気づかないうちに、ずいぶん存在感が大きくなりました。

f:id:PECHEDENFER:20200220174456j:plain

時代は「ヨーロッパにいくなら ANA

JAL のみが直行便を持つヨーロッパの都市は無く、ヨーロッパの就航都市自体も HEL, CDG, FRA, LHR, DME の5つだけ。以前はMXPにも就航していたJALも、目覚ましい凋落ぶり。ヘリコプター会社の半分ですからね。もはや ANA より勝ることと言ったら、英語と日本語ぐらいしか残らないようです。

 

なお今回の羽田の発着枠配分を受けて、SAS は CPH-HND 線、Finnair は HEL-HND 線、Aeroflot は HND-SVO 線を開設します。これらの航空会社は、成田線羽田線につけ替えるようです。面白い展開はありません。成田の地盤沈下も気になります。

f:id:PECHEDENFER:20200220183435j:plain

羽田の国際線は、ターミナルのスペースが限られ、心の余裕が保ちにくい気がします。個人的には、発着点が成田から羽田にシフトすると利便性が格段に向上します。それでも全面的に肯定はできません。