バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

修行僧向けジョギングコース2選

最大の疫病

現代の最大の疫病は、肥満という説があります。微生物やウィルスが媒介する疾病ではありません。人間関係が媒介します。人間関係と肥満の相関に関しては、研究例(デブの同居人はデブ、デブの友達はデブという仮説の正しさを定量化する試み)が幾つもあるはず。

 空港や機内には食物があちこちにある一方、長い時間運動をしないのが航空機での移動。おまけに目的地ですることが無く、グルメに傾きがちというのが正しい修行の姿。肥満は修行僧が恐れるべき病です。

 

と少し大げさに書きましたが、気になる人は多いのではないでしょうか。腹回りや体重計の読み。

 カロリー摂取を少し減らして、少し運動すれば全く問題なくなるケースが多いのですが、それがなかなか出来ません。消費カロリーより摂取カロリーが一日100 kcal 超過する状態が一年続くと、体重は 5 kg 増えます。コロナウイルス対策で小さくなったJAL DP ラウンジのおにぎりでも1個120 ~ 130 kcal ありますからね。恐ろしい話です。

 

搭乗と運動をセットにすれば、問題は解消します。修行なんて

・現地で特に行うことがないのに、飛行機で出かける

ことが必要条件です。他人に理解されにくいのは当然。健康のため運動に出かけるというなら、無駄遣いの後ろめたさからも解放され、他人にも説明しやすくなるというものです。

 

そこで国内空港の近くで、ランニングができそうな場所を調べてみました。ランニングだと必要な荷物が少なく、セキュリティ通過で問題になりそうな器具も必要ありません。修行ついでの運動にピッタリなのでした。

 

長崎空港

趣味の人には、ジョギングコースをあれこれ考えるのが楽しいらしく、いろいろなコースを提案するサイトが存在します。その中で空港を含むコースがありました。修行ついでに運動という本記事のテーマにピッタリです。

見所いっぱいの大村公園〜長崎空港往復コース ランニングコース丨ラントリップ/Runtrip

このサイトの提案は大村駅に寄るコースですが、道に迷わないためには、下の地図のように大村公園の単純往復でもよい気がします。

f:id:PECHEDENFER:20200401195921j:plain

 

ご存じ長崎空港は、大村湾の島を均して(ならして)造成されました。「本土」とは橋でつながっていますが、歩道が完備しています。

 容易に想像できますが、連絡橋は海上になるため、一般に風が強くなります。天候には多少注意する必要があります。

f:id:PECHEDENFER:20200401185015j:plain

 

「本土」に着くと公園と人工の浜が整備されています。こんなところでへたばっていては体重は落ちません。先に進みましょう。

f:id:PECHEDENFER:20200401185152j:plain

 

海辺に沿っては、市が遊歩道を整備しているらしく、ジョギング向けです。人口が少ないこと、運動がそれほど一般的でないこと、わざわざ観光に訪れるほど有名ではないことから、道行く人もほとんどおらず、気持ちよく走れると思います。

f:id:PECHEDENFER:20200401185350j:plain

 

大村湾は海水のはずですが、外洋との接続部が狭く、波も穏やか。渡り鳥が羽を休めていたりします。

f:id:PECHEDENFER:20200401185549j:plain

遠景は長崎空港

 

残念ながら、この海沿いの道は十分な脂肪燃焼をもたらすほどの距離がありません。さらに諫早方面に向かうため、街道に出る必要があります。

 

詳しくは見ていませんが、漁協の直売所があるようです。のぼりは一般人を対象にしているとしか思えません。

f:id:PECHEDENFER:20200401185814j:plain

大村湾のカキは首都圏ではあまり見ないのですが、品質はいかがなものでしょう。などということは、この際考えてはいけません。食べ物に向かいがちな邪念を払い、さらに大村公園を目指します。

 

せっかく大村に来たのだったら、玖島城址(大村公園内)を逃すのはどうかと。

f:id:PECHEDENFER:20200401190042j:plain

規模はそれほどでもないのですが、潜在植生を回復した「自然林」もあり、散策することもできます。

 

以前紹介した長崎空港の逸品、大村寿司をつくって、納めている料亭。玖島城址内にあります。ここはお店、空港に納品する寿司は工場で調理しているかもしれませんが、その辺のことは調べていません。邪念は払わないと。

f:id:PECHEDENFER:20200401190305j:plain

 

長崎空港を出発、長崎空港に戻るコースの優れた点は、空港近くに風呂があることです。天然温泉ゆの華サンスパおおむらという施設。

天然温泉 ゆの華 | サンスパおおむら

長崎県営バスのバス停「サンスパおおむら」下車すぐですが、10番バスはこのバス停の次が終点の長崎空港になります。つまりひと走りして、ひと風呂浴びて、バスで空港到着が可能。遠出してジョギングを行う場合、理想的な条件です。

f:id:PECHEDENFER:20200401191517j:plain

この記事では空港から城址までのお話しにとどめますが、大村市内にはレトロなバスターミナル、それに付随する謎のホテル、そして地域を潤しているはずのボートレースなど、興味深い観光資源が数多くあります。もちろん長崎空港自体もいろいろとエピソードを持ちそうです。しかしそれらについて書くのは、Pechedenferには荷が重すぎます。幸い長崎についての総合ブログ(?)

https://dynamic-nagasaki.hatenablog.com/

が最近始まったので、そちらでいずれ紹介されることと思います。勝手に期待して待っていましょう。

 

大阪国際空港

伊丹空港。国際と言いつつ、国際線フライトはほとんど使わない空港。

 この空港は街中になるので、空港の周りを一周するだけでもいろいろと楽しめます。ウォーキングコースとして紹介する地図が簡単に手に入ります。

 

実は伊丹空港では、毎年3月にウォーキングイベントを開催しています。

【ITAMI】ITAMI エアポートウォーキング2020 | KIX-ITAMI-KOBE イベントカレンダー

このコースに沿って走るのがお手軽。2018年実施のコースですが、毎年ほとんど変わりません。

f:id:PECHEDENFER:20200401193801j:plain

 

同様の地図は、印刷されたものがモノレールの駅にもあります。空港が作成したのか、モノレールが作成したのかの違いがあるようです。前者が反時計回り、後者が時計回りである理由はわかりません。

f:id:PECHEDENFER:20200401195321j:plain

もちろんこれを歩くのではなく、走るのです。

 

飛行機の離陸を間近に見られるスポットなど、どちらかというとマニア向きです。街中なので銭湯も遠くないところにあります。google map で調べれば出てきます。この空港は国内の拠点なのですが、シャワー施設がないようです。あえて言うなら空港ホテル内にありますが、シャワーのために宿泊料金を払う人も少ないでしょう。

 

キャッチフレーズをつくるなら、「皇居を2周するなら、伊丹を1周」。