バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

そろそろ限界ですかね。

マレーシア航空が2020年 4月10日までになされた予約の有効期限を2021年 6月30日まで延長します。これはフライトのキャンセルが甚だしいこと、入国が著しくかつ幅広く困難になったことに対する処置。

f:id:PECHEDENFER:20200413181525j:plain

以前記事にした時は、予約はオープンになり旅行期限が2020年12月31日になるという内容でした。その期限がさらに半年間延長されました。有効期限が1年以上ある航空券なんてちょっと見ませんね。

 

3月20-22日の三連休に国民の気が緩み、行楽地が混雑したとか、帰国した駐在員が集中したとか、卒業旅行の学生が帰って来たとか、いろいろ想像されていますが、4月に入って日本の感染者が爆発的に増えているのは皆さんご存じのとおり。

 そして首都圏の一都三県と大阪、兵庫、福岡が緊急事態宣言の対象となり、それを受けて航空会社が国内線を大幅減便しました。JALの羽田―伊丹線で、三分の二がしばらく欠航になるという前代未聞の事態になりました。国際線の方は GW でも 90%減便と伝えらます。

 

仕事があろうがなかろうが、家に留まることが善という段階に突入しました。フライトどころではなくなってきたので、このブログも更新は稀になります。

 

当ブログはお勧めしませんが、こんな状況でもしっかり修行をして、PP、FOPの2倍キャンペーンを最大限利用する方もいらっしゃることでしょう。人と接触が無ければ問題ないのです。つまり物理的距離を保ち、一切口をきかず、全ての操作をスマホ経由、全てにわたり無接触、自分も分泌物を残さないなら問題ありません。この実践は簡単ではありませんが、旅行者を自動的に非難対象にするのは少し粗雑です。

 何だかんだと言って、ダイヤモンド会員も 6月頃には続々と誕生するのではないでしょうか。感染拡大の状況にもよりますが、解脱の際には是非こちらでお祝いを。修行僧らしく空港内で。

f:id:PECHEDENFER:20200413183115j:plain

ラウンジビーフカレーが伝説上の存在になってしまった JGC 会員の方は、早期の復活を祈念することもお忘れなきよう。

 

「平ダイヤといっしょにカレーが食えるか」なんてわがままな*メタル会員の方には、こういうモノも大阪にあります。

*:感染防止には良い発想です。一緒にいるのが誰であれ、テーブルを囲むのは感染リスクを上げます。

f:id:PECHEDENFER:20200413183424j:plain

http://www.daido-foods.com/sho.html

伊丹空港の所在地である豊中市に存在したメタル食品が製造販売していましたが、この会社は守口市内の食品会社に買収され、商品名は生き残っています。メタル会員の方に手料理を披露する機会があれば、話のネタにどうぞ。笑いが取れるかどうかは、提供の仕方次第。うまいかどうかは料理の腕次第。

 ちなみに写真の商品は、かつてのメタル食品の所在地近くのスーパーで扱っているはずです。