バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

航空会社の破綻と破綻回避 (2)

数多くの主要国境が閉鎖された現在、世界中で航空会社が困難に陥っていますが、社会として救済することが既定路線になっている会社とそうでない会社があります。コロナウイルスの前に崩れ去るのは、経済の自由化だとかグローバル化だとかいうポストベルリンの壁の価値観ですが、そもそも行政の保護、本音と建て前の区別を温存してきた業界ですから、世界史の転換点が現前しつつあるなんて、興奮してはいけません。

 

Alitalia

ヨーロッパなんてどうしようもないのですね。開かれた市場のふり、自由競争のふりをして、結局は国のさじ加減で会社の存続も利益も決まります。

f:id:PECHEDENFER:20200426145053j:plain

その結果、永遠に漂流し続ける難破船のようになったアリタリア。世界的な危機が訪れたら、興味深いことに深刻さが霧散しました。

 もちろん手のつけようのない経営状態が、パンデミックで良くなるはずありません。国が引導を渡しました。再国有化です。イタリア政府は先週末、6月にアリタリアを国有化すると発表。

https://www.lefigaro.fr/societes/l-italie-va-nationaliser-la-compagnie-aerienne-alitalia-en-juin-20200423

結局パンデミックのような非常事態にならない限り、再国有化なんて世論が許しません。多くの死をもたらす現代のペストは、一方で経営陣や政府には天祐になったようです。

 売り上げが87.5%落ちているというのは、まあそんなものかという所。今わかっていることは、新会社は機材が90機以上になるということぐらい。(現在は113機)大西洋ジョイントベンチャー独禁法適用除外が5月21日に失効することから、スカイチームを去るのではないかという噂も出ているようです。

Alitalia Will Re-Evaluate SkyTeam Membership - Simple Flying

 

ここからは想像なのですが、国有化されても筋肉質に生まれ変わるということは考えにくく、負債が一度帳消しになるだけでしょう。疫病が去れば、アリタリアは新たな漂流に向けて再出発するはずですので、心配するには及ばない(or 期待できない)と思います。The story ends. The saga lives forever...

 

Virgin Atlantic

稀代のビジネスマン Sir Richard Branson が1984年、航空業界に殴り込みをかけ、イギリス第2の会社と目されるまで育て上げてから多くの月日が経ちました。日本にも就航、渋谷橋交差点にオフィスがあったのですが、儲からなくなったようで2014年に撤退。アジアは、香港以外には上海があれば良いようです。

 もう年なのか、Branson といえども、パンデミックを迎撃するには至りませんでした。彼の分身のような会社は売りに出されました。先週末のことです。

https://www.lalibre.be/dernieres-depeches/belga/richard-branson-cherche-un-acheteur-pour-virgin-atlantic-5ea4e5a69978e21833db1f86

イギリス政府に要請した 5億7000万EUR(663億円ぐらい)は拒否されたとのこと。民間会社としての身分がはっきりしたようです。

 

Lufthansa

スターアライアンス結成以来、堅実に頑張っている感があった Lufthansa。しかしパンデミックの前には、蛇に睨まれた蛙のようなものです。その場、その場でやれることは遂行しても、根本の部分ではどうしようもありません。最初からあきらめているようでもあります。

 この会社は、先週木曜日に政府の助けが必要だと発表しました。面白いことに土曜日には、連邦政府が救済策を来週検討すると発表。どうみても裏で話を合わせています。

Allemagne: un plan de sauvetage de Lufthansa en discussion la semaine prochaine - Le Soir

こんなことまで、「関係筋と十分な調整」が行われています。根回しは日本以上に大切なドイツ。

f:id:PECHEDENFER:20200426154451j:plain

”... Angela Merkel prévoit donc de rencontrer la semaine prochaine le ministre allemand des Finances Olaf Scholz, celui de l'Economie Peter Altmaier et celui des Transport Andreas Scheuer, ainsi que le patron de Lufthansa, Carsten Spohr, afin de discuter de la situation inquiétante de la compagnie."

ということで、首相、財務相、経済相と社長が現状について話し合うようです。豪華キャスト出演で、Lufthansaがドイツにとっていかに大切かを演出します。

 

政府の救済は、90 ~ 100億EUR(1兆~1兆2千億円ぐらい)になるようです。ANAといい、Lufthansaといい、スターアライアンスは随分大金を欲しがるものです。

 

Air France-KLM

金せびりは少し進んでいます。この会社は先週の金曜日、フランス政府から70億EUR、オランダ政府から 20~40 億EUR 出させたと発表しました。土曜日には、社長の Ben Smith が「自律的な出発」の計画を進めると宣言しました。

Air France va lancer un plan de départs volontaires

f:id:PECHEDENFER:20200426155823j:plain

その他に明らかになっていることは、A380 の運航停止を予定していた 2022 年より早める可能性があることぐらい。パンデミックぐらいでは、何も進まない、何も変わらないのがこの会社らしいところ。ある意味で最強の集団です。